ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古

展示会へ行ったよ

安藤忠雄展 国立新美術館

本日、振替休日のため国立新美術館の安藤忠雄展に行ってきました。

今年の夏に直島を訪れたのだが、その時の安藤先生の建築美に
圧倒されて、今回の展覧会は見逃すわけにはいかないと思いました。

もともと、安藤先生の建築物には、興味があり、
またとても好きだったので、インタビュー記事や、
特集番組などがあると、そのたびに見ていた。

安藤先生の人柄にも惹かれ、その受け答えの面白さが好き。
今回の展示会の音声ガイドには、説明と
本人コメントが聞けることもあり、大変楽しみにしておりました。

建築のドローイングや、模型、実際の建築物の映像がセットになっており、
ひとつ、ひとつ丁寧に見ていくと、時間がかかる。
あまり混雑はしていなかったので、ゆっくり見ていけたが、
順序など気にせず、空いているところを見ていけるので
混雑していたとしても、さほど気にならないのではないだろうか。

建築物の映像を見ていると、無機質なコンクリート素材や
鉄骨でも、光と影などと合わさると、荘厳さが出るのが
面白いところだった。

教会シリーズや、寺院や頭大仏など、信仰を対象としている
建築物がとても興味深かった。
一切の装飾的なものが排除されているにも関わらず、
見た瞬間に劇的な場面に遭遇したような気持になる。

P1120988

今回の展示会の目玉は、光の教会の原寸大の展示だろう。
屋外に建ててしまったのだ。

今回、こちらは写真撮影が可能だったので、
午前中の人がまばらな時間帯だったので、
運よく、人が入らず撮ることができた。

実物は、ガラスがはめ込まれていて、室内になっているが、
本人はガラスをはめこまないプランを提案したそうだ。
信者側から「寒いでしょう」という反対にあい、
仕方なく、ガラスをはめ込んだらしいが、本人、いまだに
「いつかとってやろうと思っています」とコメント(笑)

「寒ければ、身を寄せ合って祈ればいいんですよ」的な
ことを言っていました。

不便さを、住む人が考えながら工夫して住む。
住む人も体力勝負で住む。

住吉の長屋では、中庭があり、
部屋への動線で、外に出なければいけない。
以前見た、インタビューで、
「雨が降ったら、どうするんですか?」という施主の質問に
「傘をさせばいいじゃないですか。中庭の切り取られた
この空が、あなたの物になるんですよ」という答えに
感激してしまった。

直島のベネッセハウスに行ったとき、
同じように、中庭があり、
そこに磨かれた巨石がおいてあり、
寝そべりながら空を眺めたのだ。
あの何とも言えない感覚。
私だけの空になっていたのか。
不便さと引き換えに、空を手に入れるのだ。

P1120978

コンクリートの隙間から、風が吹いてきた。
確かに寒い・・・が
自然が信仰だった時代もある。
十字架から神の息吹を感じるのも素敵だなと思う。
が、確かに寒い。

移り行く光を一日楽しみたい。
夜はどんな風景が見られるのだろうか。

P1130010

直島プロジェクトの展示も、写真撮影OKだった。
直島では黄色いカボチャを撮れなかったので、ここで撮りました。
直島全体の模型。


P1130003

地中美術館の全容です。
一度建てて、再び埋めなおしたそうです。

P1130017

光の教会のクリアファイル。
十字架のところがシースルー構造。

『光と影とコンクリート』

運慶展 東京国立博物館

奈良の快慶展に続き、東京の運慶展を見てきました。

DSCF3001
春の奈良からのスタンプラリー、完成しました!!

平日の開館1時間後に行ったのですが、30分待ちの札が出ていました。
さすが、東博の特別展示です。

最近ではネットでチケットを買って、スマホで表示させ入場できるので、
並ぶ手間がなくて、大変助かります。
また入場の際に、半券を貰えるので、記念にとっておけるので
ありがたいです。

今回の展示は、親子三世代の展示と申しましょうか、
最初の展示室では、運慶のデビュー作から始まります。

一度は訪れたいと思っていた、円成寺の大日如来坐像。
普段はガラス張りの堂内に居られるのですが、
今回はほぼ、360度で見られ、
しかもガラスなしで、感動です。

若々しい大日如来で、足のひらのふくよかさに
驚かされました。土踏まずがある!
結った髪の毛の生え際が、特に美しく、
この技術力でデビュー作とは。

この技術を教えた、父、康慶とは、どんな人物なんだろうか・・・
デビュー作を抜けると父、康慶の作品が始まります。

なんだ、この興味を持たせるような演出は。

父の作品は、平安時代までの仏像とは全く違う、
いきなり、なんでこんな風に写実的に作ろうと思ったのか、
不思議な気持ちになりました。

この父にして、この子ありですね。

康慶の作品を見た後に、一際異彩を放つ仏像が見えました。
いや、あれはオーラというのでしょうか、
ただならぬ気配を感じました。
気配ですよ、気配。

DSCF3005

こちら、チラシの毘沙門天立像。
すごい、目力です。玉眼と目の彫りによるものだと思いますが、
バッァ、バン!という交換音を背負ってそうな、
一瞬「梅宮辰夫か!」と突っ込みたくなるのをお抑えての鑑賞。
フィギュアの世界ですよ。このポージングは。
これで、カッコいい~と言わずして、なんという。

スポットライトを浴びているので、必要以上に興奮度が増します。
離れがたい。
その先には、今回楽しみにしていた、八大童子立像が
それぞれ、ガラスケースに入って点在しています。

今回、仏像のお立ち台(?)が高いので、
人込みでも、十分見ることがかないます。

八大といっても、今回は運慶が作ったものとされる、
六体が展示されています。
自分が中心にいて、一斉に囲まれたいという妄想が止まりません。
実は、目を離した瞬間、動いているのではと思うほど。

時間がいくらあっても足りない。
その場を離れがたいのですが、ちらちらと見えている、
私が一番お会いしたかった、無著・世親様が。

こめかみのへこみ具合や、血管の浮き具合。
遠くを見つめる目。お背中に当たっては、
縋りつきたくなるような、広い背中。
無著様が好き。

こんなにすごい第一会場。
第二会場はどんなことに!と思うのですが、
第二会場は、息子たち後継者へと引き継がれていく
様子がわかるような展示になっています。

そして最後には、あの天燈鬼、龍燈鬼が登場。
ギャーっとなるわけです。
360度ぐるっと見られて、幸せです。
龍燈鬼の筋肉美は、力士のものと言われますが、
本当に素敵なお尻。そして、愛嬌のあるお顔。

もぉ、お腹いっぱいです。素晴らしい展示をありがとう。

そして、日美で言っていた、みうらじゅんさんの、
最後の締めのお言葉「スゲェー、運慶」十分堪能させていただきました。
まさに、「スゲェー、運慶」これにつきます。

DSCF3006
(三井記念美術館でもらってきた、運慶展のチラシは
見開きでした)

早く始めればよかったのですが、各美術館でもらってくるチラシ。
ファイルして、行ったときは、半券もファイルすることにしました。

もっと早くやっていたら、もっと集まってたろうに。
なんで気が付かなかったのか。

さて、芸術の秋はまだ続きそうです。

『クリアファイル持参』

奈良・西大寺展へ

先日行った、奈良の百毫寺。
閻魔様は、おられたのですが、その側近たちが
日本橋の三井美術館の展覧会へ出張中だというので、
奈良から帰って一週間後、西大寺展へ行ってきました。

土曜日の昼過ぎに行きましたが、とても空いておりました。
外の暑さや喧騒から離れて、しばし至福の時間。

法具の展示を見て、次の展示室へ行くと、
お目当ての仏像系へとつながる。
残念ながら愛染明王像の展示は終わってしまっていたが、
パンフレットの表紙にもなっていた、文殊菩薩像の前には、
やはり人垣が出来ていた。
鎌倉時代の仏像は、やはりとても美しい。

安倍文殊院の文殊菩薩像がとても好きなのだが、
こちらの文殊院様も、なかなかどうして。
立って見ていると、目線が丁度、自分の目線にあうのだ。

こちらの文殊様のちょっと前におられた、
興正菩薩像が二体あったのだが、
百毫寺の興正菩薩像の方は、玉眼が入っており、
観ていると、目が動いているような気になる。
吸い込まれそうな不思議な目をしていた。

出口近くに、側近様たちがおられ、
迫力と体のデカさに・・・なんか、ガラスケースにみっちり入っているような。

閻魔様の両隣におられたら、もっと怖かっただろうな。
そうか、これはまた百毫寺に行かねばなるまい。

と、友人にメールすると、近々展示会に行くので、
楽しみだと返信があり、そして、ならば百毫寺に行かねばなるまいと
同じことが書かれていた。

そうそう、奈良で買ったNAOTさんの初サボ。

s-DSCF3739

写真でみると、真っ赤に見えるが、
実際はこげ茶色に近い赤。
長時間歩いても、ちっとも足が疲れず、
噂は本当だったんだと驚きました。

旅行に行くときは、長時間歩くときは「サボ」を選ぶ。
本当に疲れなかったよ。

『次は9月の運慶展だ』


 

17'年 春の奈良旅行 快慶展へ

去年の正倉院展で「来年は春に快慶展へ観に行くぞ」と決めました。

連休翌週ということもあり、かなり空いている奈良。
本来は、これくらいが丁度いい。

奈良に着くなり、本日も腹ごしらえから。

DSCF3548

11時の開店10分前に着くも、待っているのは1組のみ。
「今日は休みだろうか?」と心配になるくらい。
いつもはもっと人であふれているのに。

おかげで、今回はいつもと違う席で食事をすることが出来た。
この景色は初めて~。

s-DSCF3555

ほっこりするメニューを堪能しつつ、
混んでいるかもしれない快慶展へ。

DSCF3564

 しかしながら、こちらも空いていた。
正倉院展の人混みしか知らないので、
この空き具合に驚きながら、場内へ。

なかもとてもゆったり見ることができて、本来美術館とは
このくらいの収容人数で見るべきではないか?と思うのである。

入口すぐの京都・醍醐寺の弥勒菩薩像に見惚れてしまい、
なかなか進むことが出来ない。
このままでは何時間必要なんだと、先が思いやられる始末。

残念ながら、大好きな孔雀明王坐像の展示期間が終わっていたので、
パネルのみの鑑賞となったが、パネルだけでも呆けるほど観ていた。

最初は、運慶・快慶展をやるのだと思っていたが、
この作品数を見る限り、やはり分けてやるのが正解だと思う。
また、快慶の作品ばかりみるので、特徴がよくわかってくる。

9月から東博で、運慶展をやるのだが、
この数倍の人数が押し寄せるんだろうな。また何時間待ちとかになるのか。

久しぶりにストレスなく見られた展示会でありました。

2日目は百毫寺へ。

DSCF3615

閻魔様で有名な百毫寺。
しかしながら、今、日本橋の三井美術館で開催している、
西大寺に展へ出張されている閻魔様の側近さん達がおられ、
ちょっと堂内が空きすきな状態。

閻魔様はおられたので、ご挨拶とばかり
正座して前に座ると、頭の上からお叱りの言葉が降ってくるよう。

「わかりませんが、取りあえず謝っておきます。すみません」と口に出すと、
友人がケラケラと笑っております。

こちらの閻魔様、いままで見た閻魔様の中で、
一番お顔立ちがイケメンなのでは?

DSCF3618

山の上にあるので、眺めのよい境内でした。

ここから新薬師寺へ向かいました。
その途中で、カフェを発見。というか、懐かしの場所です。

DSCF3677

」さんです。

以前訪れたときは、違うお名前でしたが、
今回も、ランチを堪能させていただきました。

DSCF3651

塩麹など、身体にやさしいメニューになっています。

DSCF3662

食後に、デザートプレートを頼みました。
可愛らしい、目にもうれしいものでした。

お腹が満たされて、てくてくと歩きながら新薬師寺へ。
以前は、堂内が蛍光灯の照明でしたが、
LDSライトに変わっており、十二神将がそれぞれスポットライトを浴び、
益々劇画タッチに。やっぱりここも大好きなお寺です。

そろそろお茶の時間。
高畑町にある「空気ケーキ」さんへ。
カフェも併設されているので、ちょっとした休憩にうってつけ。

DSCF4994

DSCF3703

さっき、スイーツプレート食べたばかりなのに。

このあと、この近所で再オープンする、大好きなお洋服屋さん
の場所を下見してきました。
春頃オープンとお聞きし、この旅行の時期ならオープンしてるだろうと
予想してきたのですが、残念ながら旅行後のオープン。
一週間違いで、行くことは叶いませんでした。

これはもう、10月の正倉院展の時に来るしかありません。
それまで、またコツコツと軍資金を貯めますよ。

そのまま、奈良まち周辺まであるき、
NAOTO」さんへ。今回はやっとサボを迎えに来ることができました。

当日着ていた洋服にも左右されますが、その時は「赤いサボ」がとても似合いました。
何とか、三色のサボを選び最終的に、やはり赤い色に決めました。

「この私が、赤い靴を選ぶなんて」

店員さん曰く、渋い赤なので、案外どんな色の洋服を合わせても
靴が浮かないのだとか。

凄い悩んでたような気がしたのだが、実際は20分程度で購入。
「10月になったら、また誰か迎えに来ます」と宣言して、
三足目の子をお持ち帰り。

NAOTOさん以外の靴が履けなくなってきた。

三日目は、あいにくの雨。
興福寺の阿修羅像たちが、仮金堂へ一時保存されていて、
公開されているというので、行ってきました。
堂内におられる姿を初めてみて、やはり堂内展示がいいなと思いました。

奈良まちを巡り、パン屋さんでランチ。
DSCF3714

DSCF4999

ミアズブレッドさん

お土産用にパンも購入して、今回の旅行も終わりました。
行きたかった場所や、行きたかったお店も、全部回れました。

何回来ても飽きない奈良。
また秋に来られるといいな。

『買付旅行とも言う』










 

東京都美術館 「若冲展」に行ってきました

東京都美術館で開催中の「若冲展」に行ってきました。
約一ヶ月という短期間の上、連日美術関連のTV放送のおかげで、
大変な混みようとは聞いていたのですが。
チケットを事前に買ってしまったので、東京に居ながら
清水の舞台へ行く気持ちでむかいました。

CARWF229

平日の振休といえども、出勤日通りに起きて、7時過ぎに家を出て、
東京都美術館に着いたのは、7時45分ごろでした。
既に200人近い人が並んでいました。

チケットを持っていない人は、開館時間に買い求めて、
また最後尾に並びなおさないといけないので大変です。

開館時間より少し早目に開きました。
すぐさま1階に向かい「釈迦三尊像」と「動植綵絵」のメイン会場へ。
やった!少ない!
焦る気持ちを抑えつつ、一点一点丁寧に見ることが出来ました。
本物を見るのは初めての、大好きな群鶏図。
酉年の時に、これを年賀状にしたくらい。
羽の一枚一枚が、浮き上がって見え、触ったら感触が伝わりそうな気配。
一匹くらい、動いてるのでは?と思うほど。
白い羽を持つものは、自から発光しているのでは?と思うくらいの白さ。

絵は円形に配置されているので、空いているところから
見て行くのがベスト。
皆空いているせいか、余裕を持ってゆずってくれたりして、
30幅全部一番前で、自分の時間で見ることが出来ました。

一通り見て回ると、さらに奥に絵が・・・
あぁ、混んできたな、まだあるのかと思ってみると、
最初に見た紅葉の絵。

やった!全部見ることができた!!
その後さらに2階にあがり、プライスコレクションを見に行きました。
「鳥獣花木図屏風」の白象がやっぱり可愛い。

2階も堪能して、いよいよショップへ。
しかしながら、お目当てのものは大半が入荷待ちか、売切れ。
入荷待ちは、もう来ないでしょう?という半信半疑。
ポストカードのセットと見開きのクリアファイルを購入。
ガッカリしながら、すぐに会計。

そのままくるりと向きを変え、エレベータにて地下に戻り、
最初の会場へ向かいました。
この頃には、身動きが取れない状態。
それでも、空いてそうなところから、点々と鑑賞。

楽しみにしていた、百犬図は、8日で終わったとのこと。
その代り、野菜たちの涅槃図がありました。
これも好きな題材だったので、嬉しかった。

「乗興舟」こちらも大変楽しみにしておりました。
「美の巨人たち」で見てから、一度は見たいと思っていました。
まるで、写真のネガのような絵。ケースの前には人が溢れており、
ガラスケースにも寄ることができません。
なんとなくできているであろう、列に並んでもちっと動きません。

仕方なく、人垣を分けるように、片目で見ていたところ、
前に居たおば様が「あんた、見なさいよ」と場所を譲ってくれた。
「ありがとうござます!!」途中から参加したのだが、
やっぱり、凄かった。最後の方まで見て、
再び前の方に戻り、隙間から覗き込んでおりました。

段々身動きが取れなくなった頃、地下一階が終わり、
再び一階の「動植綵絵」を観に行きました。

入館してから2時間くらいは経っていたと思います。
ラッシュ並で、絵に近づくことすらできません。
群鶏図の前は、将棋倒しになるのではと思うほどの
押し合いへし合い。危険すら感じたのですが、
それでもなんとか、再び見ることが叶いました。

流し見しながら、気になったところを再度見て、
ショップを通ったところ、今度はお会計の列が、尋常じゃなく。

混んでいると聞いていたので、諦めようかと思っていたのですが、
やっぱり行ってよかったです。
本当に感動し、心の琴線どころか「ざわざわ」とざわつくほどの
感動がありました。

なので、これから行かれる方に。
早目に行って並んで、
1階、2階、買い物して、地下1階のルートを行くのがおすすめです。
朝の1時間くらいなら、まだましです。

12時ちょっと前だったので、レストランで食事をして、
出てきたら、これまたレストランの長蛇の列。

下の美術館のミュージアムショップに行くと、
思いがけず、若冲さんグッズが。
若冲展用に作ったものではないようです。
A4のクリアファイルを4枚ほど購入しました。

美術館の外に出ると、180分待ちの札を見て、卒倒。
いえいえ、ほんの数十分前は、200分待ちだったそうで。

『本日は平日なり』

プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ