ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古

支離滅裂

家においでよ

年も明けたので、ととさん のお墓参りに行って来ました。
帰りに、東京駅で降りてブラブラと駅構内を探検して、
最終的に大江戸骨董市にたどり着いてしまいました。

母が骨董市が大好きなので、これまたブラブラと歩いていると、
ガチンっと目が合ってしまったのです。

DSCF3107

招き猫です。
可愛いぃ・・・。
どこを見ているか分からないところが、またいいのです。

白い猫の額に1000円の値札。

一匹だけ買うと、もう一匹が可哀そうでしょ。
でもね、二匹で2000円は、連れて帰れないの・・・

へっ?とご店主。

だから、二匹で2000円では、連れて帰れないのね。
どっちも可愛いし・・・

あぁ、1500円でいいよ。

マジで?買う、買う、買う。

ということで、わが家へおいでと連れて帰ってきました。

古いものじゃないよ?とご店主。

うん、いいの、いいの。

DSCF3108

昨日、無印良品の500円クーポンを使わずして失効してしまって、
静かに落ち込んでいたら、今日、500円得してしまった。
やはり金は天下の回り物であります。

多分ね、捨て猫を拾った感覚に似ていますね。
この子らがじっと見つめてきたんです。
どこ見ているか分からない目をしているけど。

『よろしくね』

今年達成できたこと

今年も残りわずかとなりました。

8月ごろより、仕事の担当が変わり、
引き継ぎもままならない状態で始め、
かなり苦戦しましたが、今はなんとか一人現場の場所で
一連の作業を終えることができるようになりました。

まぁ、客先から見たら、まだまだでしょうがね。
派遣社員の辛いところです。

今年の目標は、一人現場で仕事がこなせるようになること。
これは、出来不出来はあるものの、なんとか達成できたかと。

そして、もう一つは、1月1日から始めた
365日貯金です。
本日、少々早いですが、すべて達成することができました。

365日貯金とはマス目の中に1から365の数字が書いてあり、
毎日どこかしら、同じ数字の金額を貯金すると、
1年間で、66,795円貯まっているというもの。

1なら、1円。365なら、365円という感じに、
ひとつづつ、マス目を塗りつぶしていくもの。
最高金額でも365円を1回貯金箱に入れれば、それ以上
払わなくてもいいのだ。

毎日続けられたのは、

貯まったら何に使おうか、目的を決めていたこと。
ある程度5千円くらい小銭がたまったら、
一気にお札に変え、その両替した小銭を
専用の小銭入れに入れて、そこから毎日貯金箱に入れていたこと。
そして、決まった時間に貯金する癖をつけたら、
コツコツと貯まり、本日達成できました。

6万5千円貯まった時点で、目的のものを買ったので、
実質、その残りの数千円を来年の夏旅行の軍資金に回した。

すでに、目的を達成した時から、
新たなる365日貯金を始めた。
そして、今日達成したので、また2つ目の365日貯金に挑戦。

同時進行で、2つの365日貯金をやることにした。

そうです、自分のへのご褒美を1年かけて貯めるのです。
ふふふ。

セミオーダーで洋服を2着作ってもらいました。

『ご褒美、ご褒美』

パタレさんのコイン&パスケース

小さなハギレで出来る、パタレさんのコイン&パスケースを作ってみました。

s-DSCF3733

顔が見切れてしまっているのは、リトルミィーです。
三種類の大きさのポーチセットを買ったのですが、
買ってそうそうファスナーが壊れるという事態になりまして
余りにも悔しいので、ミシン目をほどいて、リメイクした次第でございます。


s-DSCF3736

二つ折りの小さなポーチだったので、
前胴、後胴のポケット部分に使用しました。
柄で分断すると、前胴のポケット寸法が取れず、
ハギレを継ぎ足してサイズ調整しました。

表面のポケットには鍵を入れ、裏面のポケットには定期券が入ります。

二つ付いているファスナーには、小銭など。
裏面のファスナーの中には、もう一つ小さなポケットがあります。

s-DSCF3737

ただ、ビックリしたのは、チャックが、表と裏で、
上下逆さまに付くので、出来上がって、表に返した時に
「ひぃー!!柄を逆さまに作ってしまった」と頭を抱えてしまったこと。

HPで、出来上がり画像を見て、ショックを受けていたら、
仕様書のイラストを見て安心。
「なんだ、よかった・・・間違ってなかった」
いやぁー、ほんとあせりました。

柄が少し見切れてしまった状態で出来上がりましたが、
リメイク出来てよかったなぁ。

『今度は落ち着いて作ろう』

墓仕舞いに

DSCF3483

桜の時期になりました。今年は開花が少し遅く、まだまだ3分咲きと言うところでしょうか。

母方の祖父母が眠る墓地を、墓仕舞いすることになりました。
母は長女ですが、長男、次男ともに先に逝ってしまい、
母が墓守をしておりましたが、この先動けなくなってからの、
墓仕舞いは、大変だからと、今のうちにやることになりました。

ととさん が居る霊園に、納骨堂があるので、そちらでお世話になることに。
家のお墓に入ってもらってもいいと思うのですが、
家もどうやら、兄か私の代で終わるので、その時に大変だろうという、
母の決断です。

墓の引っ越しは、どうやるの?から始まりました。
どうやら、改葬許可を取らなければいけないようです。

改葬許可を取るのは大変で、
祖父母の墓がある役所のHPにて、改葬許可書をダウンロード。
家があった住所や、埋葬した日にち等を書き込みます。

受入先の霊園と契約を結び、受入許可書を発行してもらいます。

それを持って、祖父母の墓がある寺に、改葬許可書にサインしてもらいます。

合わせて、離檀証明書が発行されました。(離断証明書は改葬許可には必要なし)
閉眼供養の日にちの確認をし、行政センターに出向き、
霊園の受入許可書、寺のサインが入った改葬許可書を提出、
やっと改葬許可が出ました。(役所にもサインしてもらう)

お骨を出すにあたって、再度火葬して、骨の量を少なくします。
二人分の骨を粉砕して、ひとつにして、納骨堂に1つで納めるためです。
骨壺の数で契約を結ぶので、霊園側には1つにする許可を得ることができました。

改葬許可が出たので、次に再火葬をするために、
火葬場に予約を入れました。

次に墓地を更地にして返納ということになっているので、
石材店に行き、閉眼供養の日にちを伝え、後日更地にしてもらう事に。

閉眼供養後、再火葬して、一週間は家に居てもらい、
その後、納骨式になります。

納骨する時は、改葬許可書が必要なので、
寺のサイン、役所のサインが入った改葬許可書を、
霊園へ納めます。

とこんな具合・・・。
今はネットがあるので、色々調べて見よう見まねで出来ましたが、
えらい大変でしたわ。

墓は地方にあるので、墓仕舞いの料金的には
安いのではないでしょうか。
一番高かったのは、やはり霊園にお支払する永代供養代でした。
ぶっちゃけ100万はかかりませんでしたが、それに近い額でしたね。

4月の中旬ころに、祖父母を迎えに行き、
4月末には再度納骨します。

死んでからも、また火葬されるとは思っていなかったでしょうね。
ごめんね、爺ちゃん、婆ちゃん。
でも、前より頻繁に墓参りできるし、近くには ととさん も居るからね。

『母の気持ちが落ち着くなら、もう少し頑張りますよ』

本日のおやつ 菓子工房ルスルス

本日のおやつ。

DSCF1157

菓子工房ルスルスさんのモンブラン と ちどりクッキー。
中にも、ゴロッと和栗が入っていました。
土台はサクッとしたメレンゲ。

実店舗には行ったことが無いのですが、松屋銀座に
ブースがありまして、ショーケースが昔の和菓子屋さんぽい、
木材で出来ていて、ほっこりした気分になります。
また、店員さんの制服がかわいいのです。

以前、お世話になった方に、焼き菓子の詰め合わせを贈り、
それ以来、お気に入りになりました。

実店舗も行ってみたいですね。

お気に入りのムーミンの食器で、家カフェしてみました。

DSCF1161

あ、この子もいます。

そうそう、今年もユニクロで、ムーミンフリースブランケットを買いました。
あの温かさ「人を堕落させる温かさ」と言われて(?)おりますが、
本当に、堕落します(笑)

『寒くなってきましたね』
プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ