ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古

コンサートへ行ったよ

地獄の再審請求「控訴」「上告」 武道館

CAQLYM8D

30周年のミサも、東京や埼玉以外は参拝できなかったが、
運の良いことに、武道館の2Day'sを参拝することができた。 

一日目は2階席。二日目はアリーナの前から4列目という、
贅沢な最終日を迎えることが出来ました。

5年に一度、自分の立ち位置を再確認させられるような気持ちです。
あのNKの今まで過ごしてきた信者歴を集約された3日間。
あの瞬間に感じた事や、決意した気持ちを、再確認させられる、
そんな節目が5年ごとにやってきました。
幸運にも、この3回の節目を体験することが出来ました。

原点回帰。いつもそんな気持ちで参拝させていただいています。

解散してからも信者が増え続けているという話は良く効きますが、
場内の野郎率が高くて、ビックリしました。

舞台装置にプロジェクションマッピングが導入されており、
初めて見た私は大興奮。聖飢魔Ⅱのアミューズメントパークかってくらいの
次は何をやってくれるのだろうかと、興奮は高まるばかり。

曲も新旧入り乱れての選曲。
一日目にやった、怪奇植物や悪魔の讃美歌など垂涎もので、
怪奇植物のプロジェクションマッピングは凄かったな。

最終日、再び地獄の扉が開き、帰って行かれたのですが、
それは真理の扉ですかって突っ込みたくなる節もありました(笑)
しかし、扉が閉まり、紋章が鼓動の如く光り余韻を残すのですが、
その光が段々弱まりだすのを見たとき、寂しさとまた歩き出さなければという、
決意とも不安とも言えない、気持ちになりました。

そして浮かびあがる「判決」の文字。そして「死刑」
控訴、上告、そして判決。湧き上がる場内。
そして、映画のようにエンドロールが流れ出しました。

カッコ良すぎる。なんだよ。ひとつもブレてないじゃん。
あぁ、自分も間違っちゃいなかった。
「唯一無二」 今回は何度この言葉を繰り返しただろうか。

粋なお土産、新曲を楽しみにしています。

『証』


 


聖飢魔II 続・全席死刑ツアー 国際フォーラム 行ってきました。

川口に続き、聖飢魔II 続・全席死刑ツアー 
国際フォーラムに参拝してきました。

今回は2階席。背の低い私にはストレスフリーで
舞台全体を見渡すことができて、大変快適でございましたが・・・。
足元が揺れるのて気持ち悪いので、始終動いておりました(笑)

月曜日だと言うのに、半休して友人とランチを食べ、お茶をして臨みました。

CAZRGVQS
 
銀座ぶどうの木で優雅なティータイム。
塩キャラメルムース、喋る話は聖飢魔Ⅱ。

曲については書けませんが、
ルーク参謀が、貴重品を舞台上にお持ちになっているという話しが
大変面白く、どのタイミングで持ち込み、どのタイミングで持ち帰るのか、
興味深いですね。
マネージャーにも預けられないのなら、
客がはけた後に、こそこそと見計らって取りにくるのか。
うーん。不思議。

今年のイベントはこれでおしまい。
来年の2月の武道館は手配できたので、また馬車馬の如く働こう。

年末の仕事を考えると鬱になるけど。
ご褒美を先に貰ってしまったので、あとは頑張るしかないのか。

友人とささやかな打ち上げをして、家路に着きました。
そして今日はお休み。
お疲れ休みがないと、やっていけない(笑)

『来年の事を言うと悪魔が笑う』

聖飢魔II 続・全席死刑ツアー 川口リリア 行ってきました。

聖飢魔IIのツアー、10月の東京国際フォーラムにも参拝させていただいたのですが、
ブログをUPする前に、次の川口が来てしまいました。

前期、後期で別れている今回のツアー。
続では、後期の曲がメインです。
舞台の演出上、リクエスト曲第一位から発表となり、
あの、名曲が流れましたが、はて?2位と3位は何だったんだろうか?

まぁ、何にしても、レア曲リクエストというので、
私もリクエストさせていただきましたが、あまりにもレア過ぎたんでしょうか、
かすりもしなかったんですね。1曲も当たりませんでした(涙)

11月に入り、仕事面で、どうしても納得のいかない事が続き、
それが、約1名が原因による事が多く、当日も半休して参拝したのですが、
トラブル処理で仕事を終えてきたので、

「殺せ!を 殺す! になっていたら止めてね」と友人に耳打ち。
友人が笑っておりましたが、
それくらい、クサクサしておりました。

面白いもので、あの当時聞いていた曲、再度の再結成に聞いた曲。
節目、節目で聞くと、また違った印象で聞こえてくるのですね。
その時も響いていた言葉も、今では違ったとらえ方が出来るとか、
あぁ、実はそうだったのかも。などと。
今の私の心理状態をも暴きだすのか(笑)

始まったばかりで、曲などについては書けませんが、
「あぁ、私まだジャンプできるじゃん!!」って曲があり、
本当にうれしゅうございました。

ゼノン様の、卵かけご飯の話しも面白く、

「おかぁーさんー。目が回るよー」と
可愛らしく、卵をかき混ぜたときの、卵の気持ちを代弁されておりました。

なんでも、お醤油を先に入れて混ぜたときと、
最初に卵を混ぜてから、お醤油を入れたときでは、
味が違うんだとか。
試してみたいのですが、私は卵かけご飯が食べられません。
たまにアレルギーが出て、蕁麻疹がでるからです。
残念。

しかしながら、これからは卵料理をするときに、ゼノン様の
「おかぁーさんー。目が回るよー」のセリフが聞こえてくるでしょう。

そして、私の元にプレゼントが届きました。

CAAF3B4L

大橋代官が投げた、こちらのピック入りのコインケースを頂きました。
頂いた?というより拾ったんですが。強引に。
て言うか、棚ぼたです。

大きく弧を描くように落ちてきたんですが、
数名の方の手や体にあたって、前席にポテッと落ちたんです。

色からして見失うところでしたが、何故か動体視力が働いて
行方を最後まで追うことが出来ました。
前席に落ちたのに、誰も気が付かず、
後ろから体を伸ばして、拾い上げることが出来ました。

この、異常に身体の固い私が。

それを見た友人が「すげぇー伸びてた。ビックリしたよ。よく取れたね」と。

前席に落ちて席ごしに拾い上げる。
拾えると思った自分にも驚きましたが、
あれが条件反射ってやつですね。餌を撒かれたら拾う!

いやぁ、良く身体が動いたこと。
そりゃそうだ。このために2時間ちょっとウォームアップしてたんですから。
って、いや、いや、いや。
失礼だって。

CAPZF236

で、ピックの端が削れているのを見て、
ひぃーー!!ってなりました。
使っている。使っているのを頂いてしまった。
五体投地。

今年の運はこれで、使い果たしな。よし。出っきた。
次回の国際フォーラムも楽しみにしております。

『運を掴み取りました』

DEMON'S ROCK MYTHOLOGY TOUR 台場

久しぶりに閣下のライブに行きました。
チケット発売時、ととさんの終焉時期と重なっていたので、
とても行ける状態ではないと思っていたのですが、
後日入手し、本日に至りました。

葬式以来、友人と会っておらず
久しぶりにランチを食べながら、ゆっくりと、この数か月を話をしました。
聞き役に徹してくれた、友人に感謝です。
少しずつ、気持ちがほぐれていき、
いい感じでライブ会場に向かう事ができました。

場所は、新しくオープンしたZeep DiverCity。そう、あのガンダムがいるところですわ。
P1060383

かっけー!!とテンション上がりまくりですわ。
前回は見に来られなかったので、本当にうれしい・・・んですが、
思ったよりも大きくなかったわ。
でも、これがノシノシと歩かれたら、
いや、戦われたら迷惑ですわ。

しっかし、設置場所がもう少しなぁ。
てか、興奮しすぎてアングル悪し。
P1060379

で、ライブ会場は

P1060393
ガンダムの横にありました。

FCでチケットが取れなかったので、今回はかなり後方で、
ライブハウスですが、座席指定でしたので、
思いっきりフラットな場所で、朝の大雨の影響で
長靴履いての参戦でした。
もろ撃沈。目の前に広がるのは人の山脈。

こんなに閣下を見られないライブは初めて。

幸運なことに、後方モニターに近かったので
それを見ながら楽しみました。

続々とゲストがでてきましたが、
LIV MOONのAKANEさんがよかった。
ってか、会社関係の人からDVDを借りて観ていたので、
まさか、閣下と共演されるとは、その当時思っておらず。
いいなぁー、生唄はよかったっす。
いや、観客が、女王蜂に群がる働き蜂のような、
教祖様のような・・・ふふふ。

未唯さんもよかった。あの、ピンクレディーですよ。
あんなに遠く離れていても「未唯さんだぁー」とわかるくらい。
顔のパーツがはっきりしているのか・・・・。
うれしかったなぁー。

BEYOND THE BLUEの曲は、すごく好きだったから
「まっ、間違えて・・・」と言って
もう一度、フルで聴けたのも、うれしかった。

ゲスト総出演で唄った、SOLAでは、
NHKの歌謡ショーかと思った演出でありましたが、
本当に見ごたえがありました。
殆ど見えなかったけど(笑)

帰りのロビーで、公演祝いの花かごの花に
群がる人達がおりました。
驚いていると、花を皆で、引っこ抜いて
持っていくではありませんか。

初めて見たかも・・・
あっけにとられて、横を通ると
なんと、ととさんが大好きだったグラジオラスが
ととさんの棺にも入れた、あのグラジオラスが、
見事に咲き誇っているではありませんか。
これも、何かの縁なのか。

「ぶっ、仏壇に飾りたい・・・」と友人を引き留め
躊躇し、しかし「行って来い!」と応援されて、
引っこ抜いて、いや、頂かせもらいました。

そう、翌23日はととさんの百箇日だったんです。
グラジオラスと百合の花を鷲掴みして、
ゆりかもめに乗って帰ってきましたわ。

ところで、グラジオラスの花言葉は
「戦いの準備が出来た」との意味があるそうです。
葉っぱがフェシングの剣に似ているので
ラテン語で剣(グラディウス)から由来しているとか。
送られた方の、花札を見て来ませんでしたが。
送られた方、知っていたんでしょうか。
グットなセンスですわ。

情熱的な恋・忍び逢い・用心 忘却 勝利 との花言葉も。


『ありがとう。お花までいただいて』
また、逢う日まで

P1060400

とうとう国技になりました

11月30日、12月1日と両国国技館で、
聖飢魔II Presents「Tribute to JAPAN」という、東日本大震災の
チャリティーコンサートが開かれました。
月末の月初め、しかも平日!!なんというタイミング。

通常なら、二日間とも行きたかったのですが、
なにせ、仕事を持つ身。なんとか都合をつけて行けたのは、初日のみとなりました。

他にもいろいろ対バンがおられ、楽しみにしていたのは、
「MAN WITH A MISSION」 というバンドで、
頭がオオカミ(被り物?笑)で体は人間という。
このお姿に「心の琴線が触れるのよね」と思う私。
流石、聖飢魔II好きな私(笑)



会場入りして、すぐに閣下のアナウンス。
そして、一番手は「MAN WITH A MISSION」 
YouTubeで散々見まくっておりましたの、ナマで見たときの衝撃。
一人ではしゃぎまくっておりましたが、あっという間に3曲で終了。
なんでぇー、もっと歌ってよぉー!!
しゃがみこまないコザックダンスのようなジャンプを見て、
友人が「若い!あの体力は並半端ない!あれは絶対年齢が若いよ」と
えぇ、そりゃ客層の年齢層は若干高いですが。

NOKKOさんもご参加くださり、最初はレベッカ復活!で動いておりましたが
諸事情があり、ソロで参加とのこと。
「フレンズ」を唄った時は、なんかスイッチが入ってましたね。
さすがに歌姫です。

そしていよいよお待ちかねの聖飢魔II。
聖飢魔IIが国技館でミサ。いよいよ聖飢魔IIが国技となりました。
ってブログに書くようにって、閣下が。

チャリティーということもあり、色々制約があるかな?と思ったら、
それはさすがに、いつも通りの決まり文句に、いつも通りのミサ。

「ARCADIA」の曲の時には、さすがに涙が流れた。
最後のフレーズ
銀河鉄道は走り出す 愛しい人は乗れたか・・・

これにはやられた。

数か月前、近しい人を事故で亡くしたのだ。
行ってきますと、家を出て、それきりだった。
あの日もそうだったはずだ。
行ってきますと普通に家をでて、それきり家族がバラバラになった人達。
その不条理さが、初めて、いや、今更ながらに分かった気がした。

そんな時に、この歌で、
大勢の人が、銀河鉄道に乗って行ったかと思うと、
不意に涙が流れた。あの人も乗れただろうかと。



「普段残酷な勝負の場として使われるところ。今回なぜ国技館なのか? 
この場所から今まで、いったい何人の若者が、血と汗を流し、
夢破れ去っていったことであろう。この場所には沢山の悔恨がくすぶっている。
それを感じ、現実と向き合い、自らを戒めるために、宿命的にわれわれはここにたどり着いた、とも言える」
(記事より抜粋)

と、閣下が言った。

サプライズで、閣下とNOKKOさんのコラボで
「Raspberry Dream」を唄った。聖飢魔IIのバックバンドで。
いやぁー。迫力がありました。
まさにレベッカのNOKKOでした。閣下のシャウトにも負けない歌声。
底力とはこのこと。ほんといいものを見せてもらいました。

短い時間だったが、泣き笑い、吠えた。
ありがとう。

踏ん張るから、みんなも踏ん張れ!

『また会あいましょう』

プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ