ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古 洋裁作品をUPしています。 他に旅行記や闘病記なども。

奈良旅行

奈良のもう一つのお目当ては

翌日は遅めに起きました。
なぜなら、お目当てのお店が11時からの開店だから。


月曜日、火曜日のお休みが多い、奈良のお店。
なので、できるだけ日曜日に帰ってくるのですが、
今回はどうしても日曜日、月曜日の日程になってしまいました。

土日月で空いている、そのお目当てのお店は「tomoshiki」さんです。
DSCF3075

以前は東大寺の裏あたりでお店を構えておられましたが、
こちら、高畑に新しいお店を3年ぶりにオープンされました。

新しいお店にお伺いすると、
新しいお家にきて、あたりを嗅ぎまわる、
お犬様や、猫様のように、クルクルと回りながら
落ち着かない様子になってしまいました。
だって店内が素敵なんですもの。

DSCF3071

東京で個展を開かれたときに買った、カシュクールワンピースが
とても良かったので、生地違いのお色違いで
作ってもらうことに。
そして、4枚目のプルオーバーワンピースを作ってもらうことに。
どれだけ、この形が好きなのか熱弁をふるってからのご注文。

生地見本を見つつ、友人を置き去りにして、
話し声も途切れ途切れに聞こえてくるくらい、
真剣に選びました。

散々騒ぎまくって、嵐のように去りましたが、
出来上がるのを楽しみに待っています。

お昼を食べて、お茶してから帰りましょう。
なんて思っていたら、いつの間にやら時間泥棒が。

仕方がないので、お昼をあきらめて、
新しくできた、堀内果実園さんのショップへ行きました。

サンドイッチがテイクアウトできるので、頼んでいる間に、
スムージーを飲むことに。

DSCF3076

わかりにくいですが、イチゴと柿の二層になっています。
美味しかったよ。

近鉄特急に乗っている間も、サンドイッチが気になって、気になって。

新幹線に乗るなり、開けました。

DSCF5535

幸せの黒パンサンド。
二種類買って、友人と半分ずつに。

DSCF5537

ダイナミックなフルーツサンド。
ミカンが丸ごと入っているなんて。
季節柄のミカンですが、可愛いのか?
(私ごときが、かわいらしいフルーツサンドを頼むなんて
ミカン丸ごとがお似合いだわ・・・なんてなったのか?)
いや、斜め向かいの席で、これを食べているの見たら、
私なら、突っ込みたくなります。
「デカッ、みかんデカ!」

DSCF5538

柿とアボカド、クリームチーズに生ハム入りの
サンドイッチです。美味しかったぁ。

もしかしたら「たりなひ・・・?」になるかと思ったら
結構おなか一杯に。

これはよい。毎回これで締めようということになりました。

新幹線のお供に「堀内果実園のサンドイッチ」
腹いっぱいになって、眠って帰ったとさ。

『凝縮の奈良でした』




第69回正倉院展に行ってきました

今年の5月にも快慶展で奈良に行ったので、
今回はコンパクトに1泊2日の日程で行ってきました。

正倉院展は会期が短く、また博物館周辺も大変混み合うので、
いつも15時過ぎから入ることにしています。

奈良に着くなり腹ごしらえ。
今回は「鹿の舟」へ行きました。
食べるところは「かまど」「さえずり」の二か所ありますが、
今回は「さえずり」にしました。
DSCF3031

DSCF3012

レモンとジンジャーのスープが美味しかった。
また、スープカップが渋くて大きさもちょうどよく惚れました。

DSCF3016
私は長芋を使ったふっくらハンバーグ。

DSCF3020

友人は男前な原木椎茸ソーセージスープ。
パンもすごく美味しかったとのこと。
パン皿も素敵。

「かまど」は定食屋さんで、「さえずり」はカフェですね。
ちなみに、竈、囀と書きます。

案内所の「まゆ」繭では・・・

DSCF3038

そう、BSのTBS「奈良ふしぎ旅図鑑」のオープニングで
出てくる、あの図書館があります。

食べた後は、またまた「ならまち」を散策。
地図なしでも歩けるようになりましたが、
毎回「あれ?」となる時があります。

靴屋さんのNAOTで、またもやお買い物。
このところ毎回奈良で靴を買うのが義務化されているようです。

今回は黒のショートブーツを買いました。
奈良の旅は買い付けの旅でもあります。
この時のために普段から節約して、奈良で大放出 (高笑)

道すがら、買い付けをするものだから、
二人して、手荷物が増える一方。

お気に入りのお洋服屋さんが、店じまいになっており、
「いや、悲しい・・・ある意味、いい店だったのに」と
ある意味心配していた店でもあり、ある意味やっぱりねと思う店。

さんざん歩き回って「カナカナ」さんへ。

DSCF3046

去年食べて「生きててよかった」と言ってしまった、
あのモンブランを食べに来ました。
モンブランの中に、焼いたメレンゲとわらび餅が入っています。

さて、そろそろ行きましょうかと、のんきに奈良国立博物館へ。
しかし、周辺が恐ろしいくらい混みあっています。
なんだ、なんだ。なんか毎年、年を重ねるたびに、
すごい人になっているような。

DSCF3054

そして、欧米系の方が多いのも驚き。
とうとう来たか、奈良ブーム。って言ってるのは私たちだけか。

今回は見た品々ですが、今回「かご」が多く出品されていました。
おそらく、もしかしたら、家のコタツにミカン籠・・・
的な、子供の頃からあるよね、この籠って言いうくらい、
変わらぬ籠のデザインと編み方に、本当に関心しました。

技術は受け継がれているんだな。そうそう変わらないというところが
本当に驚きました。

超絶技巧な物たちを見るにつけ、昔の技術力の高さに関心します。
エメラルドグリーンの箱がありました。
縁取りが茶色で、鳥の絵が描かれています。
「チョコレート入れたら菓子箱になるよね」と話していたそれは、
初めて正倉院展に行ったときに見た箱だと、のちにわかりました。

表に出ると、すっかり日が落ち、暗がりの奈良公園をとぼとぼと歩き、
これまた新しくできた、レストラン、
カフェ・エトランジェ・ナラッドに行きました。
奈良市観光センター「ナラニクル」の中にあります。
今までは素通りしておりました。

DSCF3064

DSCF5517


DSCF3068

クッキーの鹿が乗っているパフェのはずですが、
今晩はどうやら逃げ出してしまったようで、
鹿さんはいませんでした。なので、50円引きだそうです。

夜風が冷たくなってきました。

ホテルへ帰りましょう。

『正倉院展がお目当てです』

17'年 春の奈良旅行 快慶展へ

去年の正倉院展で「来年は春に快慶展へ観に行くぞ」と決めました。

連休翌週ということもあり、かなり空いている奈良。
本来は、これくらいが丁度いい。

奈良に着くなり、本日も腹ごしらえから。

DSCF3548

11時の開店10分前に着くも、待っているのは1組のみ。
「今日は休みだろうか?」と心配になるくらい。
いつもはもっと人であふれているのに。

おかげで、今回はいつもと違う席で食事をすることが出来た。
この景色は初めて~。

s-DSCF3555

ほっこりするメニューを堪能しつつ、
混んでいるかもしれない快慶展へ。

DSCF3564

 しかしながら、こちらも空いていた。
正倉院展の人混みしか知らないので、
この空き具合に驚きながら、場内へ。

なかもとてもゆったり見ることができて、本来美術館とは
このくらいの収容人数で見るべきではないか?と思うのである。

入口すぐの京都・醍醐寺の弥勒菩薩像に見惚れてしまい、
なかなか進むことが出来ない。
このままでは何時間必要なんだと、先が思いやられる始末。

残念ながら、大好きな孔雀明王坐像の展示期間が終わっていたので、
パネルのみの鑑賞となったが、パネルだけでも呆けるほど観ていた。

最初は、運慶・快慶展をやるのだと思っていたが、
この作品数を見る限り、やはり分けてやるのが正解だと思う。
また、快慶の作品ばかりみるので、特徴がよくわかってくる。

9月から東博で、運慶展をやるのだが、
この数倍の人数が押し寄せるんだろうな。また何時間待ちとかになるのか。

久しぶりにストレスなく見られた展示会でありました。

2日目は百毫寺へ。

DSCF3615

閻魔様で有名な百毫寺。
しかしながら、今、日本橋の三井美術館で開催している、
西大寺に展へ出張されている閻魔様の側近さん達がおられ、
ちょっと堂内が空きすきな状態。

閻魔様はおられたので、ご挨拶とばかり
正座して前に座ると、頭の上からお叱りの言葉が降ってくるよう。

「わかりませんが、取りあえず謝っておきます。すみません」と口に出すと、
友人がケラケラと笑っております。

こちらの閻魔様、いままで見た閻魔様の中で、
一番お顔立ちがイケメンなのでは?

DSCF3618

山の上にあるので、眺めのよい境内でした。

ここから新薬師寺へ向かいました。
その途中で、カフェを発見。というか、懐かしの場所です。

DSCF3677

」さんです。

以前訪れたときは、違うお名前でしたが、
今回も、ランチを堪能させていただきました。

DSCF3651

塩麹など、身体にやさしいメニューになっています。

DSCF3662

食後に、デザートプレートを頼みました。
可愛らしい、目にもうれしいものでした。

お腹が満たされて、てくてくと歩きながら新薬師寺へ。
以前は、堂内が蛍光灯の照明でしたが、
LDSライトに変わっており、十二神将がそれぞれスポットライトを浴び、
益々劇画タッチに。やっぱりここも大好きなお寺です。

そろそろお茶の時間。
高畑町にある「空気ケーキ」さんへ。
カフェも併設されているので、ちょっとした休憩にうってつけ。

DSCF4994

DSCF3703

さっき、スイーツプレート食べたばかりなのに。

このあと、この近所で再オープンする、大好きなお洋服屋さん
の場所を下見してきました。
春頃オープンとお聞きし、この旅行の時期ならオープンしてるだろうと
予想してきたのですが、残念ながら旅行後のオープン。
一週間違いで、行くことは叶いませんでした。

これはもう、10月の正倉院展の時に来るしかありません。
それまで、またコツコツと軍資金を貯めますよ。

そのまま、奈良まち周辺まであるき、
NAOTO」さんへ。今回はやっとサボを迎えに来ることができました。

当日着ていた洋服にも左右されますが、その時は「赤いサボ」がとても似合いました。
何とか、三色のサボを選び最終的に、やはり赤い色に決めました。

「この私が、赤い靴を選ぶなんて」

店員さん曰く、渋い赤なので、案外どんな色の洋服を合わせても
靴が浮かないのだとか。

凄い悩んでたような気がしたのだが、実際は20分程度で購入。
「10月になったら、また誰か迎えに来ます」と宣言して、
三足目の子をお持ち帰り。

NAOTOさん以外の靴が履けなくなってきた。

三日目は、あいにくの雨。
興福寺の阿修羅像たちが、仮金堂へ一時保存されていて、
公開されているというので、行ってきました。
堂内におられる姿を初めてみて、やはり堂内展示がいいなと思いました。

奈良まちを巡り、パン屋さんでランチ。
DSCF3714

DSCF4999

ミアズブレッドさん

お土産用にパンも購入して、今回の旅行も終わりました。
行きたかった場所や、行きたかったお店も、全部回れました。

何回来ても飽きない奈良。
また秋に来られるといいな。

『買付旅行とも言う』










 

10月30日(日) 春日大社

本日は最終日。
ゆっくりめの朝を迎えました。

DSCF4898

ゆるキャラに見えてくる目玉焼き。

DSCF3298

肉肉しい、ハムとパセリのオムレツ。
私はオムレツが好き。たぶんケチャップが好きなんだな。

DSCF3295

そして、カリカリのシナモントースト。
美味しかったぁ。

時間をかけてゆっくり食べたのに、
チェックアウトして向かった先は、カナカナさん。
そう、あのモンブランを食べに。

DSCF3308

人通りがまだ無い「ならまち」それほど早くに店先で並んでしまった。
「早すぎたかな?」と思っていると、わんさと人が並び始めた。

一番最初に入って、頼んだのが

DSCF3320

モンブラン。さっき食べたばかりなのに。
今回は一人一個。
メレンゲと蕨もちと、クリームの絶妙な配分を考えながら
無言で食べている二人。

さて、この後はどうしましょうか?
そうそう、新しくなった春日大社に行くんでした。

横道から春日大社へアプローチ。
途中、天神様にお参りして、石灯籠の道へ。
すると、モデル並みの佇まいの鹿さんに遭遇。

DSCF3340

このまましばらく動かない。
シャッターチャンスとばかり人垣ができ始めた。

写真館で子供の写真を撮るように、
鹿が注目してくれるように、ワシャワシャと手を振り
「こっち見てー、こっち目線くれませんかー」と声をかけた。

DSCF3336

『馬鹿か、コイツ』と思ったのか、視線もらいました!!

DSCF3343

 久しぶりに来た春日大社は、初詣か?と思うほどの人ごみ。

DSCF3347
さぁ、結果発表です。という、せんとくんに促されて。
 
白鹿ちゃんのおみくじは、大吉でした。
病は、軽けれど、長引くでした。
はぁ、前回も出ましたよアタシ。
おみくじを畳んで、財布に入れました。
どうぞ私を守ってくださいねと。

DSCF3350

神様のお引越し前で入れないところもありましたが、
久しぶりに来ると、やっぱり春日大社はいいなと。
春日の原始林も散策してみたいなと、
まだまだ奈良熱は冷めそうにありません。

さて、来年の春に行くことはできるのでしょうか。
快慶展を観に。
その前に、軍資金を貯めなければ。

『今年もありがとう』 

10月29日(土) 秋篠寺

奈良の朝は、至福な朝。

DSCF4858
 
ほわっ、ほわっのオムレツに、粉っ、粉っの粉砂糖のフレンチトースト。

DSCF4861
 
さらにメイプルシロップまでかけちゃう高カロリー朝食の始まりです。
ここまで脳に糖分をあたえておけば、今日も元気に動けるというもの。

行ってそうで、行ってなかった「秋篠寺」今日はそこに行くことに決めた。
近鉄大和西大寺から、バスで6分。
あれほど大和西大寺に行っていたのに、この寺に行ってなかったとは。

バスで降りると、住宅街の中にあるような寺。
 DSCF3187

ひっそりと静かな佇まいと、緑が綺麗だなという印象。
入ると一面の苔むしたお庭。
フカフカの絨毯のようです。

DSCF3196

触りたい衝動と戦いながら、無心で眺めておりました。

DSCF3205

なかなか先に進めない。小さなどんぐりが可愛い。
中トトロが集めていた、どんぐりの袋から、こぼれてしまったようです。

DSCF3201

 あそこで寝たら、気持ちよさそう。

DSCF3210
 やっとのことで、本堂へ。土間だ。
しかも、お目当ての仏像群に、かぶりつきで観られるような配置になっている。

「えぇ、こんな近くで見ていいんですか?」
内陣だったところに入って見れる。

ここのお目当ては、みなさん「技芸天」だと思います。
腰をひねって、顔を傾げて、今にも踊りだしそうな、
動きだしそうな、そんな感じです。
見惚れるとは、まさにこのこと。
実際、小一時間座ったまま動かない方が多いと聞く。
東洋のミューズと言われているそうだが、
よくわかる気がする。

薬師如来様の脇には、日光、月光菩薩、そして十二神将もいるが、
すみません、伎芸天様に釘付けですわ。

こちらには、6月6日にしか拝観できない
全身に蛇を巻き付けた「大元師明王」もおられるそうだが、
写真で見ることができた。
凄い迫力です。この日には大変混雑するそうですが、
静かな気持ちで、伎芸天様を見ることが出来て、本当に良かった。
そして、何故もっと早く来なかったのかと。あぁ、これてよかった。

DSCF3224

 さてさて、帰りましょうかと道を歩いていたら、
先ほどは気が付かなかった、トトロの巣を発見。
違うか?なにかの鳥の巣に、参拝者がどんぐりを入れて行ったのか。
心がほっこりしました。

と、遊んでいたらバスが行ってしまったようで、
大和西大寺まで歩いて帰りました。
20分くらいでしょうか。そこからまたバスに乗って
朱雀門へ行きました。

DSCF3226
 
初めて行ったときは、門が閉まっていたのですが、
今回は、催し物をしていて、入ることが出来ました。

DSCF3228
 
そして、こちらも前回休館日に来てしまった、大極殿。
やっと入ることが叶いました。
遷都1200年の年には「空いたら行くは・・・」なんて言ってましたが。 

DSCF3239
 
高御座から見える景色を、ボランティアガイドの人が説明してくれました。

DSCF3248
 
上級貴族が手前で、下級貴族が門の外。
手前に置かれた旗の支えになった三本の穴が
発掘調査にて、わかったということで、記録には残っていたが、
実際のところはわかっていなかったのが、実査に発掘されたて
証明されたと説明を受けた。

そうか、昨日観た正倉院展の大幡残欠は、このように使われていたのかと納得。

そして、お腹がぐぅーと。
またしても昼抜きになるところだった。
周遊バスにて、奈良県庁まで戻ってきた。

時間にして14時過ぎ。
幡・INOUEにて、お昼ご飯を食べた。

DSCF3258

沢山歩いたので、美味しかった。

DSCF4889

DSCF3275

ほどなくお茶の時間。そのままティータイムへ突入。

またまた「ならまち」をブラブラしながら、たまたま入った雑貨屋さんの入口に

DSCF3278

にゃんこが二匹。
鍋猫状態。
いちよう、看板猫らしく、入って行ったら起きてくれたけど、
すぐに

DSCF3276

ぐぅー・・・
でも、でもと眠い目をこじ開けてくれた、そのクロネコちゃんの目は
ビー玉が入っているのかと言うくらい、綺麗なブルーなおめめ。
かわぇー。
撫でさせてもらって、癒されたぁ。

お昼が遅かったので、簡単に食べて帰ろうということになり、
ピザを食べに行きました。

DSCF3282

石窯ピザ~、

DSCF4893

エビマヨ~

mellow cafe
カクテルもたくさんの種類があって、楽しい晩餐になりました。

同じ通りの並びにあるパン屋さんのシャトードールさん。
こちらのシフォンケーキが美味しいというので、お土産に買って帰りました。

DSCF3361

一切れ160円。
しっとりしていて、程よい甘み。
翌日もお家土産として、買って帰りました。
潰さないように帰りましたが、ものの見事に潰れて。
しかし、お皿に乗せてしばらく経つと復活。
ふっかふか。
そういえば、シフォンケーキは潰して型から抜く方法もあるそうですね。
パンのほかには、とんでもなく大きなクッキーがありました。
今度言ったら、クッキーも買ってみようかな。

『食べてばっかり』

プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ