ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古

出来ましたよ(手作り)

端切れでバイカラーシャツ

前回、自分の作ったバイカラーのオーバーシャツを見て、
母が「お母さんも欲しい・・・」と言われました。
全く同じにはできませんし、母の体系に合う
型紙もあまりないのですが。

DSCF3321

こんな感じで作りました。
前回、作った白地の残りが、ギリギリ裁てたのと、
ブルーのグレンチェックも残りが少なく、
柄合わせが微妙だったので、前立てを白生地で裁ち、
なんとなく柄があっている風にしたので、
ギリギリ1着分作ることが出来ました。

DSCF3329

少々、可愛らしくなりすぎの気がしますが、

DSCF3331

しかも、丸襟(笑)
一番上のボタンをしてしまうと、
本当にスクールブラウスのようになってしまうので、
一番上のボタンホールは省略しました。
画像では、裏から待ち針でとめていますが、
着るときは第一ボタンは開けて着ます。
青のボタンは、捨てたパジャマのボタンを再利用です。

「あまりものブラウス」が完成です。

これで、一度は失敗した、
ブルーのグレンチェックの生地と
買い足した、白のリネン生地を、
完全に使い切ることが出来ました。

「母ぁ~、出来たよぉ~」と手渡すと。
「あら、可愛いぃ過ぎない?これ平気?」
「知らんがなぁ」

で、物陰から見ていたら、いそいそと着だして、
クルクルと半円を書きながら、鏡の前で、
ニヤニヤ笑っとるがな。

DSCF3312

とある紳士物のYシャツ屋さんのセールで、
ワゴンで端切れが300円で売っていました。
端切れといっても、ダブル幅で2メートル以上もあり、
物も、とてもよかったので、
両手に抱えてレジに行き、1本おまけしてもらい、
肩が抜ける思いで、買って帰ってきました。
さて、これで何を縫いましょうかね。


『今年中のノルマ』

Seriaで作ってみました

100均で作れる可愛い雑貨が流行っているが、
自分も長年機会を狙っていた装飾品を作ってみた。

DSCF3296

購入したのは、以上2点。
フェルト生地とフォトフレーム。

理想的なフォトフレームを発見して、
「やっと実現できるわぁー」と店先で大喜び。
着想から何年たってんだ。

DSCF3298

飾ったのはこちら。

作家さんの真鍮のブローチ。
一目ぼれして購入したのは、かれこれ10年以上前。
ブローチの留め金部分が、あまくなってきて、
(ブローチというには、かなり大きいので)
落ちてしまっては大変なので、装飾品として
飾っておきたかったのだが、なかなかいい感じにならず。

額に入れたいなぁーと考えていたのだが、
小さめなのは、フォトフレームくらい。
しかも100均では、あまりデコラティブ的なものがなかった。

しかし、さすがセリア。
一目見て「これは、絶対合うに違いない」と確信。

DSCF3302

これで、やっと飾ることができる。
うれしいな。
ついでにローズマリーで、小さなリースを作りました。

窓辺に吊るすと、風が吹いていい匂い。

DSCF3305

『本日も、手作り日和なのでした。』

オーバーシャツ

「今いちばん作って着たいトップス」というパターン本から、
オーバーシャツをバイカラーで作ってみました。

1001

DSCF3286

グレンチェックの青で作った洋服が、
あまりにも似合わなかったので、綺麗にほどいて、
再度素材として使用しました。
ハンドメイドで洋服を作ると、このように無駄がなくて
いいですよね。
というか、作る段階で、どうして似合わないと気が付かなかったのか。
そうすれば、もっと無駄なくよかったのに。
気の迷いよね。なんでも合うと思うのは。

せっかく作ったのに、似合わなかったりすると、
結構ストレスになります。

布高かったのに。時間かかったのに。
出来たのに、ハンガーにかけっぱなしだし・・・。
となります。

そして、またやらかしました。
こちらのオーバーシャツ。
本当にデカくて、シャツの中で体が泳ぎます。
見頃は、ほぼほぼ真四角な印象に。

パターン本の着画を見ると、大きいですが、
すっきりとしています。
素材の違いでしょうか?
リネンで作ったら広がるし、膨らむし。

せっかく作り直しても、またもやストレスが。

そこで、以前作った、FLWのパターン本から、
サルエルパンツと合わせてみたところ、
パンツにも、適度な大きさがあり、
上下を組み合わせてみると、まぁ、まぁ、
大丈夫な感じに見えました。

しかしながら、外出先でトイレの鏡を見たとき
持っている荷物のせいもあるのですが、
なんかシャツが落ち着かないで、泳いでいる。

DSCF3283
背中の広さが物語る・・・

背中のタックは、左右にあるのですが、
袖がドロップショルダーで、しかも太いので、
脇に布があまり、そのあまりが、タック部分とかさなり、
背中がもたついて、すっきり見えない。

ゆるい雰囲気が今っぽくて素敵・・・

いや、素敵というより、ダボダボなんですが。
ドロップショルダーなんですが、下がりすぎていて、
これまた、袖丈が中途半端な位置になります。
そして、太い・・・。
写真、摘まんでいるのでは?

やらかしました。
せっかく、作り直したのに、またもや、モヤモヤとストレスが。

DSCF3281

仕方がないので、真ん中でタックを寄せてみました。
フンワリとパフスリーブっぽくなりました。

唯一、襟の小ささとゆとりが気に入りました。

『今いちばんとは・・・』

スタンドカラーVネックワンピース mionさんから

mionさんから、スタンドカラーVネックワンピースを作ってみました。


DSCF3261

前後の裾が、段違いになっており、
155センチの私が着ると、後ろ見ごろの裾は
ふくらはぎの中間より若干下になり、かなり長い感じに見えます。
ローブコートなどと一緒に羽織っても、裾は出なかったので、
ワンピース丈と同じですね。
前身ごろは、ひざ下になりますので、全体的に見ても
ズルズルした印象はありません。

DSCF3265

前身ごろのVネックのところは、タックを片側に折りたたむように
縫いつけ、フンワリと立体的になるので、いい感じです。

DSCF3269

後ろ見ごろのヨーク下は、タックとギャザーの
2種類から選べました。
ギャザーは見幅増量の型紙が付いていました。
かなりの分量になると思ったので、
布地の分量を考え、今回は後ろタックのすっきりタイプにしました。

DSCF3270

ドロップショルダーで肩が落ちるので、
かなり身幅が余ってしまい、脇にかなりのタプタプ感があります。
なので、これでギャザー分を増やしたら、
どれだけタプタプになってしまうのかと・・・
後ろ身頃の裾が、前側に巻き込むようになったりしないのかな?
身長が低い私には、多分ダメなような気がする・・・・。
身幅を少し削ってギャザーバージョンを作るか、
検討したいと思っていたのですが、
出来上がったものを着てみたら、
あまり似合わないことが判明。

やはり、身長がある人が着ると似合うんだろうな。
と、言い訳。
ただ、着こなせてないだけなのに。すみません。

今回使用した生地は、千鳥柄の、メンズ用のシャツ生地でした。
某ファミリーセールの、紳士服売り場を徘徊していたところ、
一着分、300円で売っていました。
ほかにも色々あって、女性が着ても大丈夫そうな、
チェック柄を買ってきました。そちらは母にシャツを作ってあげました。

紳士服のスーツ物を売っていた店だったので、物はよかったです。
また、行ったら買ってこよう。

『着こなしもセンス』


ポルカドロップスさんのあおりトート

ポルカドロップスさんのあおりトートを作りました。

生地は、ハリーツイードの端切れと帆布で作りました。

DSCF3203

もう、春になろうかというのに、
冬物の生地でごめんなさい・・・なのですが、
義理姉にプレゼントしようかと思います。

DSCF3206

今回で、2個目なのですが、
出来るたびに、縫いの技術を上回る完成度(に見える)がすごい。
前日に布を裁って、一日で完成しました。
気軽に縫ってプレゼントできるので、
重宝するパターンです。


DSCF3214

中は、グレンチェックの生地で、
これまた端切れです。

端切れ消費ができるので、小さなバックやポーチはいいですね。
そういえば、日本ヴォーグ社から出ている
「すぐれものポーチ」という、洋裁本。
なかなかよい物が出ていたので、買ってみました。

ボチボチ作っていけたらと思います。

『喜んでくれるかな』



プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ