ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古 洋裁作品をUPしています。 他に旅行記や闘病記なども。

出来ましたよ(手作り)

アウターブラウス

最近作った、ギャザーのスクエアワンピースと、
サイドギャザーワンピの生地が少しずつ残ったので、
アウターブラウスを作ることにしました。

DSCF4363

パーツが多い、型紙だったので、
端切れで作ることが出来ました。
配色はどうしようかと迷ったのですが、
オニキス色(黒)のほうが、残り少なかったので、
このような配色になりました。

1001

こんな感じで着たいかな?と思って。

DSCF4442

肩のヨークは、黒の方がよかったかな・・・
どうしようかな?と迷っていたのですが、
袖山とのつながりがいいかな?なんて思ったのですが、
実際出来上がってみると、この場合、黒じゃね?
(*´Д`) またセンスのなさがでてしまいました。

1002

燕尾服のようなカットがいいと思って、
パターンを買ったのですが、
お尻が出るんですね。

1003

これもまた、失敗したかな?のリボンです。
ここも黒だったかな・・・。
途中で、なんかあれ?と思っているのに、
なんか縫い進めてしまうんですよね。

トルソーが着ていると、ちょうどヒップラインの
ところに裾がくるのですが、自分がきると、
お尻が半分出てしまいます。
胴長なのね。やっぱり。

『端切れも捨てられない』

SAH ギャザーのスクエアワンピース

メニードロップス さんのSAHギャザーのスクエアワンピースを作りました。

DSCF4336

典型的なジャンパースカートです。
襟ぐりがスクエアになっているので、
エプロンワンピースのように見えます。

DSCF4341

後身頃です。
袖繰りが、かなり開いていますが、
中が見えるほどではなく、中に着たブラウスや
カットソーで遊べるデザインかと思います。

DSCF4347

脇はギャザーをたっぷり寄せていますが、
膨らみすぎることもなく、
可愛らしいデザインとなっています。

DSCF4349

スクエアの襟ぐりが、大人可愛い感じになりました。

以前作った、サイドギャザーワンピ と同じような感じですね。
生地は、オニキス色だそうです。
ポランカさんの生地で作りました。
今年の夏は、黒地のリネンワンピースが流行っていましたが、
やはり、ちょっと暑苦しそうだったので、
ジャンパースカートにしてみました。

羽織もので、これからの季節も、
もう少し楽しめそうですかね。

メニードロップスさんの仕様書は、
手書き1枚なので、
少し自分の経験が必要な時があります。

あぁ、ここは、この縫い方を足したほうが、
ちょっと補強になるかな?とか、
ここはもう少し落ち着くかな?とか。

それがいい感じに縫えた時は、
あぁ、少しは上達してきたのかな?と思えます。
たとえそれが、自己満足の出来だとしても。

『今度は長そでのワンピースを』




サイドギャザーワンピ作ってみました

メニードロップスさんの中から、
サイドギャザーワンピを作ってみました。

DSCF3459

ハリのあるリネンを使ったので、
すこし裾回りが落ち着かない感じに広がっていますが、
着てみると案外平気でした。

DSCF3461

立体的なパターンなので、
難しいかな?と思いましたが、
案外スムーズにできました。
また、苦手なギャザーですが、
ミチミチにギャザーを寄せていくので、
適度にあるギャザーのふぞろいさが出なくて、
かえって助かりました。

DSCF3465

ポケットのつくり方は「あっ、そうか」という作り方で、
少し浮き気味になった、立体的なポケットになります。
歩いて帰ってきたら、うっかり何かが入り込んでいそうなポケット。
ギャザーで膨らみすぎているという感じもなく。
腰履きぎみな感じに見えるワンピース。


DSCF3471

ネック回りのパイピングも上手にできました。

腰回りの可愛らしいデザインが、可愛すぎるかしら?と
思いました、この深めのVネックのおかげで、
大人すぎる私にも、なんとか着こなせる洋服になりました。

とろみのある生地や、もう少し厚手の生地でも作ってみたいと
思います。
下にカットソーなどきれば、
冬場も行けるのでは?と思っています。

メニードロップスさんのパターンも、こちらで2着目。
少し変わった形が好きな私には、うれしいパターン屋さんです。

すでに、三着目のノースリーブワンピースも
裁断済なので、また縫い始めたいと思います。

『ポケットの中身は・・・』

スクエアヘムMFNSワンピ 作りました

メニードロップスさんのスクエアヘムワンピを作ってみました。

DSCF3401

正面から見ると、なんの変哲もない形の
ノースリーブワンピースですが、

DSCF3405

脇にマチが入っており、脇下にはタックが入っています。

DSCF3408

マチの両サイドを縫い残し、スリットが入るデザインです。
歩くと、この四角切れているところが、
ヒラヒラとするデザインになっています。

DSCF3409

こんな感じで、四方にスリットが入ります。

DSCF3413

身長が155㎝の私では、くるぶし丈になってしまい、
あまりにも長いので、丈は出来上がり線で切り、
1.5㎝で三つ折りにしました。

着た感じでは、裾にずいぶんボリュームが出てしまい
身長の低い私では、アンバランスに見えてしまうのでは?
と心配しましたが、母曰く、身長が高く見えるそうです。

襟ぐりが、かなり狭いので、
脱ぎ着が、ちょっと大変です。
脇のくりは、いい感じなので、このおかげで
なんとか、脱ぎ着ができる感じですね。

私の頭がデカいのか。
脱ぐときに、襟ぐりが、鼻のあたりをかする感じ。

薄手のリネンですが、色的には透けて見えませんが、
日の光により、足のシルエットが出てしまうので、
下に、ペチパンツ代わりに、リネンで作った
ホソテコをはこうかと思っています。

ノースリーブワンピースの下に、
ノースリーブのカットソーを着て、
ノースリーブだけでは歩けませんが、
(世間様のご迷惑になるので)
普通のTシャツやら、カットソーなどを着て、
ノースリーブワンピースを着ると、
似合わなくなってきました。

ブラウスというか、シャツ系の
体にピッタリと沿わない感じを下に着ると
いい感じに見えます。

お年頃ですわね・・・と思います。

紫外線を浴びると、日光湿疹が出来てしまうので、
夏でも、ほぼ七分袖を愛用しておりますが、
久しぶりに、曇り空にフレンチスリーブを着て、
出かけたところ、パウダールームの鏡に映った、
肘のあたりの肉がシワになって垂れ下がっている光景目にしました。

ひ、肘も老化するのね・・・。

『似合うように着るためには』


ハンドメイドで、300円で出来ました。

紳士物のお店で売っていた、シャツの端切れの山から、
ワンピースを作ってみました。

DSCF3312

一束300円で買ってきた、生地の山。
mionさんのパターンから、廃盤になってしまった、
スタンドカラーのチュニックを作りました。

DSCF3338

今回は、大幅に丈を伸ばしてワンピース丈にしました。
生地は、黒糸と白糸の細かいストライプ。
よくある、紳士物のシャツ生地です。

DSCF3341

パターンの特徴は、
胸元の切り替えが、緩やかな台形になっており、
後身頃の切り替え線とは、位置が違くなっており、
とてもおしゃれな感じになっています。

DSCF3343

下にサルエルパンツをはくので、
サイドにスリットを入れました。

紫外線が強かったり、長時間外に居ると、
日光湿が出来てしまう体質なので、
夏場でも七分丈を愛用しているのです。

見た目に暑そうですが、いや、正直暑いですが、
クーラーの効いた室内でも、カーディガンを
着なくてもいいので、案外楽です。

また、首回りも、日光湿でやられてしまうので、
あえて、スタンドカラーを選んでみました。

ただ・・・
思ったより、前空きが短く、アームホールも小さいので
脱ぐのが、ちょっと大変なんですよね。
胸はないが、胸板は厚い体系なので。
前空きを短冊風にして長くし、ボタンホールを付けてみようか?
と思っているのですが、パターンをアレンジできるのか?

また、挑戦したいパターンになりました。

ちなみに、ワンピースの下にサルエルパンツをはくと、
スカート部分が股に巻き込まれず快適だと、
最近知りました。最近はもっぱらこのスタイルになりました。

レギンスや、細身のパンツだと、巻き込まれて
ストレスになっていたんですよね。

『300円の洋服出来ました』
プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ