今年の5月にも快慶展で奈良に行ったので、
今回はコンパクトに1泊2日の日程で行ってきました。

正倉院展は会期が短く、また博物館周辺も大変混み合うので、
いつも15時過ぎから入ることにしています。

奈良に着くなり腹ごしらえ。
今回は「鹿の舟」へ行きました。
食べるところは「かまど」「さえずり」の二か所ありますが、
今回は「さえずり」にしました。
DSCF3031

DSCF3012

レモンとジンジャーのスープが美味しかった。
また、スープカップが渋くて大きさもちょうどよく惚れました。

DSCF3016
私は長芋を使ったふっくらハンバーグ。

DSCF3020

友人は男前な原木椎茸ソーセージスープ。
パンもすごく美味しかったとのこと。
パン皿も素敵。

「かまど」は定食屋さんで、「さえずり」はカフェですね。
ちなみに、竈、囀と書きます。

案内所の「まゆ」繭では・・・

DSCF3038

そう、BSのTBS「奈良ふしぎ旅図鑑」のオープニングで
出てくる、あの図書館があります。

食べた後は、またまた「ならまち」を散策。
地図なしでも歩けるようになりましたが、
毎回「あれ?」となる時があります。

靴屋さんのNAOTで、またもやお買い物。
このところ毎回奈良で靴を買うのが義務化されているようです。

今回は黒のショートブーツを買いました。
奈良の旅は買い付けの旅でもあります。
この時のために普段から節約して、奈良で大放出 (高笑)

道すがら、買い付けをするものだから、
二人して、手荷物が増える一方。

お気に入りのお洋服屋さんが、店じまいになっており、
「いや、悲しい・・・ある意味、いい店だったのに」と
ある意味心配していた店でもあり、ある意味やっぱりねと思う店。

さんざん歩き回って「カナカナ」さんへ。

DSCF3046

去年食べて「生きててよかった」と言ってしまった、
あのモンブランを食べに来ました。
モンブランの中に、焼いたメレンゲとわらび餅が入っています。

さて、そろそろ行きましょうかと、のんきに奈良国立博物館へ。
しかし、周辺が恐ろしいくらい混みあっています。
なんだ、なんだ。なんか毎年、年を重ねるたびに、
すごい人になっているような。

DSCF3054

そして、欧米系の方が多いのも驚き。
とうとう来たか、奈良ブーム。って言ってるのは私たちだけか。

今回は見た品々ですが、今回「かご」が多く出品されていました。
おそらく、もしかしたら、家のコタツにミカン籠・・・
的な、子供の頃からあるよね、この籠って言いうくらい、
変わらぬ籠のデザインと編み方に、本当に関心しました。

技術は受け継がれているんだな。そうそう変わらないというところが
本当に驚きました。

超絶技巧な物たちを見るにつけ、昔の技術力の高さに関心します。
エメラルドグリーンの箱がありました。
縁取りが茶色で、鳥の絵が描かれています。
「チョコレート入れたら菓子箱になるよね」と話していたそれは、
初めて正倉院展に行ったときに見た箱だと、のちにわかりました。

表に出ると、すっかり日が落ち、暗がりの奈良公園をとぼとぼと歩き、
これまた新しくできた、レストラン、
カフェ・エトランジェ・ナラッドに行きました。
奈良市観光センター「ナラニクル」の中にあります。
今までは素通りしておりました。

DSCF3064

DSCF5517


DSCF3068

クッキーの鹿が乗っているパフェのはずですが、
今晩はどうやら逃げ出してしまったようで、
鹿さんはいませんでした。なので、50円引きだそうです。

夜風が冷たくなってきました。

ホテルへ帰りましょう。

『正倉院展がお目当てです』