ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古

2016年09月

soleil blouse Claire 「ソレイユさんのクレアを作りました」

生地屋さんのネットショップ、ソレイユ さんで生地を購入しました。
生地を買うと貰えるフリーパターンのブラウスがとっても気に入ったので、
早速作ってみました。


DSCF3005

フレンチリネンツイルのマスタード色。
画像だと、パキッとした黄色だけど、
実際はちょっとグリーン系のマスタード。

母が「いい色。お母さん好きな色なのよね。何か作ってよ」と
また言われてしまいました。
何か・・・
何かを作ろうとすると、やれ襟がどうの、半袖の丈が短いだの長いだの。
長袖が長いだの、前がしまらない等・・・
仕舞いには、デザインがイマイチ。

何かって、何?

毎回ケンカ腰ですわ。

DSCF3010

既存のパターンより5センチほど、丈を伸ばしました。
ギリギリ、ヒップラインが隠れる丈になりました。

DSCF3011

剥ぎ合わせがデザインになっているので、
縫い代を折り伏せ縫いにして、ステッチを入れてみました。
いい感じになりました。

これからの季節、中にハイネック等も着て重ね着できそう。
ワンピースも出来るらしいので、また挑戦してみたいと思います。

ただ・・・パターンをまた引き直さないと。
時間かかりそうだ。

『マスタード色が好きらしい』

’16年 岩手・秋田旅行 9月3日(土) 盛岡観光

本日は、龍泉洞に行く予定になっていたが、台風の被害にあってしまい、
沿岸方面は行けなくなってしまったので、急遽丸1日盛岡観光になった。

宿の送迎バスを利用して、盛岡駅へ。
どうしても行きたかったところ以外は調べてなかったので、
とりあえず、行きたかった「光原社」へ向かった。

DSCF2524

宮沢賢治が生前に刊行した童話集「注文の多い料理店」を出版した光原社。
現在は民芸品屋さんと喫茶店がある。

庭に入るととてもよい雰囲気が流れている。

DSCF2511

観光客で、もっとガヤガヤしているかと思えば、ひっそりしている。
こちらの喫茶店で、まずはコーヒーブレイク。

DSCF2504

店内はレトロな感じで、珈琲のいい香りが漂っている。
普段は紅茶派なのだが、ここは珈琲が売り。
カフェラテのアイスを頼んだが、ラテはホットしか作っていないとのこと。
そうか・・・なんかこだわりがあるのね。

DSCF2493

小さな店内だったが、居心地は抜群に良かった。

DSCF2495

DSCF2497

ほどなくして運ばれてきた、くるみクッキー。
とてつもなく美味しかった。これを買いに来たと言っても過言ではない。

DSCF2498

店員さんのカフェラテを淹れる姿に見惚れながら、
楽しみに待っていると、いい香りととも運ばれてきました。

DSCF2505

お茶をした後は、ぶらりと散策。
資料館があったので入ると、なんと「注文の多い料理店」の初版本が。
以前、花巻の羅須地人協会に行き、

下ノ畑ニ居リマス

の黒板を見たときくらいに、感動した。
初版本ですかぁー。

雨ニモマケズ
しろみ家兄妹にとって、忘れられない詩である。
ととさん を思い出す。

民芸品のお店を巡り、2階に上がれば洋服なども売っている。
運命的な出会いを果たし、友人がお買い上げ。
しかたないって(笑)出合っちゃったんだから。

DSCF2514

次に真向いにあるモーリオへ。
生活雑貨のお店です。ここで「くるみクッキー」が買えるので、
お土産用に購入。

同じ通りにある「カシ・フレンドリー」へ。
オーガニックコットンやリネンの素材を使った洋服や、雑貨が売っている
可愛いお店。ここも是非来たかった
店内に入ると、小さなお客様がいた。
ちょこまかと店内を歩き回り「おじいちゃんは?」と母親に聞く?
「えぇ?おじいちゃんって何?」

ひぃぃー。あんた何が見えてるの?
あんた、ここに爺ちゃんがいるの?

「怖いんですけどぉ」(半笑)
すると友人も
「同じく」

ちょこまか歩くたびに

「怖いから、こっちこないでねぇー」「あっち行ってねー」と
友人と小声でボソボソ(笑)

好きな感じが沢山あったのだけれど、好きな色が品切れらしく、
お買い上げになれず。大変残念。

次に行きたい雑貨屋さん方面に歩きだし、本日は雑貨屋さん巡りになってしまった。

途中、東京駅に似た感じの建物が見えてきた。
旧盛岡銀行
DSCF2533

DSCF2534

館内無料ゾーンと有料ゾーンに分かれている。
説明書を読むと、辰野金吾設計と書かれていた。
あぁ、だから似ているんだねぇーと話していると、
近くにいた、お爺さんが「私ね、ここで働いていたの」と話しかけられた。

懐かしくてたまに訪れるのだとか。ここで働いていたのが誇りなんだね。
色々説明が聞けて楽しかったです。

DSCF2536

ますます外が暑くなってきた。

DSCF2550

街の荒物屋さん ござ九・森九商店さん。
カゴ物が多く揃っていて、うっかりしていると幾つも手に持っていそうな、
カゴ好きにはたまらないお店です。

この先、カゴを持って旅行するわけにもいかず、断念。

この裏手にある「ひめくり」さんへ。
川沿いの小さなお店ですが、雑貨がスッキリと配置され、
お店の雰囲気もたまらなく好きでした。

残念ながら、あまりの暑さとお腹が減った・・・に気を取られ
写真を撮るのを忘れてしまいました。

旅行に行くと、雑貨屋さん巡りをしますが、
最近、店主セレクトの雑貨屋さんが多くなってきました。
ともすれば、売っている商品はどれもこれも似たり寄ったり。
この雰囲気、どこかで見たな。ここで買わなくても地元で買えるかも。
と思ってしまうことがあります。

旅行先などでは、
ここで買わないと、もぉ買えないかもしれない、と思うはずが、
最近はそう思わなくなってきました。
どこかで見た、雰囲気の商品。どこかで見た店の雰囲気。

その中で個性を出していくことは、本当に難しいのだと思いました。

そしてまたもや、センス談議に花が咲く。

結局駅前まで戻ってきて、冷麺に落ち着きました。

DSCF2552

余り期待してなかったのですが、めちゃくちゃ美味しかったです。

宿の送迎バスが16時最終だったので、あっという間の盛岡観光。
観光というより、雑貨屋巡りだった。

露天風呂に行くと、おばあ様がお一人で入っておられました。
カメラ片手に、外の景色を取っております。

いやいやいや、そんなに立ち上がったら外から丸見えですって(笑)
品の良いおばあ様で「ごめんなさいねぇ、嬉しくって」と微笑まれた。

なんでも、誕生日プレゼントで、息子さんが旅行に連れてきてくれて、
昨日は嬉しくて、嬉しくて眠れなかったんだとか。

なんだか、こちらまで嬉しくなってしまいました。

今日の二日目なので、特選料理を頼んでいました。
品数が増えただけで・・・最後まで食べられず、またもや拷問。

はぁ、またやってしまった。

『お宿も選ばなければ』

術後2か月目

そろそろ術後2か月目を迎えます。
あの時、大丈夫かな?私・・・
と思ったことが案外大丈夫になってきました。

術後すぐの、ワキの火傷のような痛みですが、
あれはすっかりなくなりました。
雑誌を一冊ワキに挟んでいるような感覚も無くなりました。

下着も、ユニクロのブラトップや、ワコールの乳癌ブラ、
オーガニックコットンを売りにしているソフトブラなど、
色々試しましたが、今はスロギーに落ち着いています。

綿混のスロギーを主に使っておりますが、
たまにユニクロのブラトップも使用できるようになりました。
最初は痛くてできなかったのに。

今は、また新しい店を見つけたので、その商品を試そうかと思っています。
しばらくは、下着難民ですね。

重い荷物も持てるようになり、アウトドア用のリュックなら
背負えるようになりました。
仕事時は10kg位の段ボールを上げ下げするのですが、
下すことは出来ても、持ち上げるのは少々苦戦しております。
持ち上げた後はしばらく、地味に痛いです。

飲み始めたノルバデックス20mgですが、ホットフラッシュが辛いです。
特に、寝ているとき、寝返りしたりすると起こります。
夜中に3回くらいは起きてしまいます。
あまりに辛いので、枕元に、保冷剤を置いて寝ています。
暑くなったら、首元や脇に抱えます。
今月末の受診時には、先生に相談して、漢方でも処方してもらおうかと思っています。

ホットフラッシュってどんな感じ?と聞かれたので、
密かに、ガーゼを1枚ずつかけられて、10枚目あたりで突然、
ドライヤーを一気にあてられる感じ?と答えました。
ゲラゲラ笑われましたが、そんな感じです。

健保組合の給付金を頂こうと、6月分の診療請求書をコピーし、
明細を書いていたところ、傷病名で、

虫歯
乳癌の疑い
乳癌
大腸ポリープ切除

等の文字が並び、我ながら、凄まじい1ヶ月を過ごしていたものだと思いました。

『なんとかやっています』

’16年 岩手・秋田旅行 9月2日(金) 猊鼻渓

本日も晴天なり。
本日は、バスにて猊鼻渓の舟下り観光へ向かいます。

昨晩は、風呂に入る前に、バスタブの掃除で格闘したり、
近くのコンビニの道筋を聞いて、あまりの遠さと、
「ずっと行った・・・」ではない、角を曲がることへの驚きと。
それはそれは忘れられないホテルになりました。
これを人が珍道中と言うのであれば、何故毎回
「どうして?」という事を引き寄せてしまうのだろうか(笑)

ホテルの朝食は、洋食か和食かの2択のみ。
それでも、クロワッサンは美味しくて、ホテルの朝食ね、という感じ。

DSCF2372

タクシーで駅まで行き、キャリーバックをコインロッカーに預けて、
バスにて、猊鼻渓を目指しました。
猊鼻渓のバス停から、少し歩いて川沿いへ。

DSCF2443


DSCF2438

台風の影響で、かなり増水している模様です。
事前にWebにて運行しているか確認をしていたのですが、
増水のため、途中折り返し運転で、料金も半額とのこと。
それでも、結構な人が来ており、ほどなく出航。

女性の船頭さんが、竿一本にて、船を操ります。
しかも増水している川を逆流して登って行くので、一苦労です。
はぁ、はぁ、言いながらも、見どころを色々と説明してくれます。

DSCF2386

餌欲しさに、カモが着いてきます。
普段ならもっと清流なんだとか。よく見ると川魚もうじゃうじゃいます。

DSCF2399

本来なら、上流の岸に上がって運試しできる、
運玉投げなどできるのですが、本日は途中の毘沙門洞にて、運試し。
船上より賽銭を投げると、賽銭箱に上手く入れば鐘がなるのだとか。
必死に投げましたが、賽銭の額が少ないので重さが足りないのか、
ちっとも届きません。お一方、上手く投げられ、チーンという涼やかな
鐘がなり、拍手喝采。楽しかった。

DSCF2404

DSCF2419

厳美渓は景観を見るだけでしたが、猊鼻渓は景色を体感できる分、
こちらの方が楽しかったですね。
そしてなにより、船頭さんの唄が素晴らしかった。
「げいび追分」まさに聞き惚れました。
唄声が、崖に反響して、静けさに歌声が染みわたります。
あぁ、この人が船頭さんでよかった。
目頭が熱くなるような歌声でした。

近くのレストハウスにて、昼食を取り、帰りは厳美渓駅から
電車で一ノ関駅へ戻ります。

DSCF2375

出来る事なら、この鉄橋を渡りたかったのですが、
渡った先にあるのが、猊鼻渓駅。残念でした。

DSCF2458

一ノ関から、新幹線で盛岡へ向かいます。
本来なら、ここで盛岡駅周辺のホテルに宿泊する予定でしたが、
国体があるらしく、何処の御宿も満杯。
予約時は「ジャニーズ系のコンサートでもあるんでしょうか?」と
旅行代理店の方が言われるほど、何処も満杯。
「嵐がコンサートをすると、それこそホテルは全滅ですね」とのお言葉。

唯一予約が取れたのは、盛岡駅から車で20分、バスで40分の
つなぎ温泉 「ホテル紫苑」でした。

盛岡駅のスタバにて時間を潰し、御宿の送迎バスを待っていました。
直通ならわずか20分ほど。

DSCF2461

御宿は御所湖の前に建っていますので、風景が良かったです。

DSCF2463

しかし夕方、それは恐ろしい光景を目にするのでした。
それは、空を覆いつくすほどのカラスの群れが、
対岸から帰ってくるのです。
ヒッチコックの「鳥」以上です。

DSCF2564

これは序の口、この後空が真っ黒になるほどのカラスが飛んできた。

余りの大群のため、天変地異でも起こるのかと心配したほど。
仲居さんによれば「いつものことですよ」と涼しい顔。

いやいやいや、子供じゃなくても、トラウマになるくらいの大群ですよ、あれ。

さっそく2階にある大浴場に行けば、
露天風呂に入ろうと、そろそろと歩いていると、
先に入っていた友人が、「伏せて、伏せて」と血相変えている。
「はぁーん?なぁーにー」と呑気にしていたら、
なんと、駐車場や道路から丸見えでした。

「ぎゃぁ、下で歩いている人と目が合った」
「だから、だから」

「まっぱで仁王立ち♪」とゲラゲラと笑う。

そういえば、傷跡のテープの張り替え日だったので、
テープを剥がしたまま湯船に入った。
術後久しぶりに湯船につかる。
傷跡が気になったが、それほど目立たずに良かった。

源泉かけ流しは3階になるとのこと。明日は朝に行ってみよう。


DSCF2465

食事は、よくある温泉宿の食事。

DSCF2467

品数ばかり多くて、食材の厳選感が無い。
美味し物は、最後まで美味しく食べたい。
残しては申し訳ないと、またもや最後は拷問の如く。

DSCF2477

最後に出てきたデザートを見て、大笑い。
デザートでさえ、これでもか!ってか!

ほどなくして、お布団引きの方がいらしており、
私は洗面所にて、洗濯物と格闘。

今回荷物をすくなくしようと、洗濯する覚悟で荷物を詰めました。
使わないバスマットに、洗濯物を挟んで、足で踏み踏み。
いい感じに脱水して、ハンガーにかけまくり。

「すみません、所帯じみた部屋になって」
友人笑っております。

『心の洗濯』













’16年 岩手・秋田旅行 9月1日(木) 平泉観光

7月に乳癌の摘出手術をしたというのに、しっかり9月の夏休みを頂き、
楽しんでまいりました。

出発前に、台風10号が岩手県地方を襲い、龍泉洞に行こうと計画しておりましたが、
台風被害が酷く、行かれませんでした。今回は沿岸部が被害にあい、
内陸部はほとんど被害が無かったということでした。

一ノ関で新幹線を降り、平泉観光へ行きました。
バス案内所にて、ワンデーパスポート(¥1000)を購入して、
まず向かったのは、厳美渓です。

DSCF2248

バス移動20分で、着きました。
台風の影響で、水が濁っており、また水量も多いようですが、
それでも景観が素晴らしかったです。
川のそばまで行けることもできますが、ほぼ上から見る形になります。
川の上に庵があり、そこはあの有名な「空飛ぶ団子」があるところでした。

DSCF2262

籠にお金を入れて、小槌で板を叩いて合図を送ると、
対岸に居る御団子屋さんが、籠を引っ張ります。
しばらくすると、団子とお茶を入れて、すごいスピードで、
こちらに籠を渡してくれます。

1箱¥400で3本ほど入っています。

DSCF2266

籠に目玉クリップがあり、そこに千円札を入れて合図しました。
ほどなくすると、店主が札を上げています。
「2」です。1箱?2箱?と聞きたいようです。
「二つぅー下さぁーい」と声をだしVサイン。

すると、紙コップ4つにお茶、その上に団子の箱を乗せて、
つぃーっと籠が飛んできました。
何故、茶がこぼれない?人垣が出来始めたので、
手早く団子を受け取り、ベンチへ。

一人で3本食べて、お腹いっぱい。美味しい。
多分これがお昼ご飯になると思います。
そして、一人にお茶2杯は妥当です。
すばらしい、店主様。
冷たいお茶も美味しかったです。

天工橋を中心に左右に周遊コースがあります。
右手に行くと御覧場橋という吊り橋があります。

DSCF2276

結構揺れます。こちらから見た景色も大変綺麗でした。

DSCF2281

左手に歩いて随分行くと、また橋がありますが、
そちらまで歩いて行くには、時間がかかり、
そして、不安になります。
「えっ、こっちでいいのか?このまま真っ直ぐでいいのか?」

1時間間隔で出ているバスに乗り遅れてしまい、
近くのガラスショップにて時間を潰しました。

次に向かったのは、達谷巌。
平泉観光で、ここが一番素晴らしかったように思います。

DSCF2329


DSCF2324

あっ、ちなみに中尊寺は今回行っていません。
数年前に一度行ったことがあるので、今回は外しました。
世界遺産になったのに(笑)

DSCF2312

毘沙門堂が岩にめり込んでいます。
中は、撮影禁止ですが、外気と違い中は涼しく、
天井は岩がむき出しになっており、天井が無い作りになっていました。
御堂の中の静けさが染み、本当に良い所に来たと思いました。

また、金堂におられました薬師如来様が美しかった。
格子越しなのですが、優しいお顔をされておられ、しばらく見惚れておりました。
薬師如来様なので、この度の無事に手術を終えられたことのお礼も忘れずに
お参りしました。

こちらも1時間後に、次のバスが来るので、
それに乗って、次は毛越寺へ。

DSCF2331

毛越寺は広いお寺で、庭園がきれいでした。
ぐるりと巡り、お茶屋さんで、休憩。

DSCF2341

こんな暑いときは、宇治金時。
友人は蕎麦プリンを食べており、少し貰ったら美味しかった。

休憩後、宝物館により、狭いながら
七夕の設えを展示されていて、大変興味深く見ることが出来ました。

本日の観光はここまで。
一ノ関に戻り、タクシーにて、本日のホテル
ベリーノホテル一関に行きました。

ビジネスホテルでは無いところ、と希望を出したところ、
こちらを紹介されましたが、駅からはかなりあります。
タクシーでないと、きついですね。
ディナー付のプランでしたが、洋食はとても美味しかったです。
多分、結婚式場がメインらしいホテルなので、美味しいのではないでしょうか。

DSCF2363

鍋一杯食べたかったくらい、美味しかった。

DSCF2366

魚料理はあまり好きではないのですが、ペロリと食べましたね。

DSCF2367

肉料理は勝ってに「前沢牛」でしょう?って思っていたら、
鶏が出てきました(笑)

「鶏、とりって・・・ここまできて、鶏」と笑いながら食べましたが
これまた、外はカリカリ、中はジューシーで美味しかったです。

DSCF2370

小さなロールケーキが美味しかったので、
きっと他のケーキも美味しかったはず。

フロントマンに追われてウェルカムケーキセットの券を
後から頂いたので、食べるタイミングを逃し、
そのまま使わずにチェックアウト。
なんとも残念。

そして、このホテル・・・忘れられなことがおきました。
多分、今後の私の旅行時における、ホテルにチェックインして
部屋に入ったら、まずチェックすること・・・という項目が増えたこと。


『巌谷にはもう一度行きたい』

プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ