ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古 洋裁作品をUPしています。 他に旅行記や闘病記なども。

2016年04月

地味にできあがりました

前回作った、ショールコートの余り切れで、地味~な巾着を作りました。


DSCF1792

これ、数珠袋というらしいです。
本当は色とりどりの4枚の長方形の布を組み合わせてつくるのですが、
どうも、その配色が嫌だったので、一枚の布で作って、
形の面白さを前面に出せたらシックな感じでよいのでは?と思ったのですが、
なしろ、半蔵門線カラーの布地になので、地味地味に出来上がってしまいました。
私的にはありなのですが、母にしてみれば、面白みが無いとのこと。
いやいや、ガラガラしているより、よっぽどいいと思うのですが。

DSCF1797
 
中袋もリネンです。

DSCF1799

本当はすべて手縫いでやるのですが、そんな面倒な。
すべてミシンで縫いました。結構縫えるもんです。
DSCF1803

底の部分は手縫いで仕上げましたけど。
面白い形ですよね。

DSCF1813

もちろん、数珠を入れる気はありませんが、面白そうなので作っただけで、
何を入れるか全く考えておらず(笑)

さて、何入れましょうか。

『作る楽しさを追求』

工夫して作ってみました 「ショールコート」

今頃の季節にバサッと着れる簡単なコートが欲しくて作ってみました。

DSCF1775

ポランカさんのピウロ・ピンストライプ。薄手のリネンと言う事でしたが、
なかなかしっかりしています。
パターンはmionさんのショールコートなんですが・・・

腰回りすべてがギャザーだったので、年齢的に痛いなと。
何よりもギャザーが不得意でして。

DSCF1779
 
上半身のパターンを裾まで引き延ばしてフラットにして、
後ろ見頃は、同じくmionさんのフレンチタックワンピースの
タック部分のパターンを利用して、作ってみました。

両脇にタックがあり、真ん中はフラット。

DSCF1781

なかなかどうして、いい感じになりました。
多分・・・。

DSCF1785

ショールのつなぎ目は、折りふせ縫いにして、
捲れていても、おかしくないようにしました。

DSCF1787
 
まず、吊るしで売っていても買わないと思いますね(笑)
自分で作ったから責任を持って着ますが、
まぁ、この時期としてはいい感じの色合いというか、春らしいというか。
うーん・・・ありかなぁ・・・
と散々悩んで昨日、これを着て出勤したのですが、
通勤途中で、地下鉄の半蔵門線カラーだなぁ~と気が付きまして。
フフフっと笑ってしまいました。

『技量がなくて、すみません』

満開の桜

先週出かけたお花見は、2分咲きだったので、
今年はもう、満開の桜は見られないと思った。

本日は振替休日。
今日は晴れる予報だったので、地元の桜並木が綺麗な公園へ出かけた。

DSCF1737

アスファルトの道の両側に桜のトンネルが出来るのだけれど、
私は緑道の方が好きだ。

間近に見える枝ぶりを大切にしているのか、
数年に一度しか剪定しないので、地面に着きそうなくらい
枝を一杯に広げて咲く、ここの桜が大好きだ。

DSCF1756

近くのコンビニでお弁当と桜餅を買って、
母と二人でお花見をした。
久しぶりのお天気と外で食べるお弁当は格別。

ととさん の形見をテーブルに置いて、お花見を開始。
やっぱり話は、ととさん の思い出話。
最後に撮った ととさんの桜の写真。
この場所で撮ったんだよ、と母に説明。
「同じ場所で撮る?」と聞くと、
「連れて行かれると困るから、撮ぉーらない」と母。
「ごめんねぇー」って笑ってる。

DSCF1743

梅の時期に、わざわざ亀戸まで行ったのに、全然咲いてなくて、
地元の公園寄って帰ったら、満開だった。
そして今回も、わざわざ行った千鳥ヶ淵より、
地元で見た方が人も少なくて、満開で綺麗だった。

チルチルミチル現象。

そうか、これが青い鳥なのか。

DSCF1767

『桜には青空が良く似合う』
プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ