ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古 洋裁作品をUPしています。 他に旅行記や闘病記なども。

2015年02月

パタレのスクエアリュック

正月休みからコツコツ作っていた、パタレさんのリュックが出来ました。

P1110953P1110951

「トートバックとしても使える」
と言うことで、取っ手がついています。
Lサイズをつくりましたが、少々大きかったですね。
普通のデイバック並の大きさでした。
その割には、肩紐が細かったので、サイズ分の荷物を入れたら、
痛いかもしれませんね。

ちょっとしたお出かけにはMサイズくらいがいいのでは?と
おもいましたので、2個目を作るときには、Mサイズにしてみます。

P1110960

マチ付の外ポケットは、ちょっと難しかったですね。
マチを帆布で作ったので、厚みが出たのが原因ですかね。

P1110962

外ポケットの中には、小さなポケットと大きなポケットが
あります。最初に中ポケットを表地に縫い付けて、
あとから、外ポケットをかぶせるように付けるというのは
「おぉ、そうか!!」関心してしまいました。

P1110970

サイドポケットもついています。
縫っているときは、それほど使い勝手がいいとは
思いませんでしたが、スマホケースがピッタリ
入ったときは「このサイズ感がすごい!!」とまたもや関心。

以前、パタレさんのバックを作った時の、
スマホを入れられるサイズのポケットがありましたが、
ケースを入れると入らなかったので、嬉しかったですね。

P1110965

後ろは、帆布でつくりました。
もしかしたら、マチ全体も、帆布で作ったほうが、
少し大人っぽくなったんじゃないでしょうか。
パンダ柄で、大人っぽくって言うのもなんなんですが。

P1110972

パンダ柄(笑)
この布2mも買ったので、まだまだ沢山残っています。

パタレさんの特徴でもある、中袋の処理。どんでん返し。
このリュックは内巻テープの処理でした。
しかし、これが結構やっかいでした。
帆布でつくったので、かなり厚みが出てしまい、
底の部分の角などミシンで縫えず、
結局、全体的に手でまつり、再度ミシンで縫える範囲を縫いました。

工夫して、また色々作りたいです。

『パンダ馬鹿ですが、何か?』

「ぐはっ」のバレンタイン

最近のバレンタインは、友チョコとか、
はたまた自分用に大量買い付けとか、なんてことを聞きますが。

私も友チョコを頂きました。

P1110940

「パンダ好きなら買っておかないとって、店の人が言うから!!」と、
買ってきてくれました。

いやぁ、バカみたいにパンダグッズを持っていると、
バカみたいに、パンダ柄ばかり持っていると、
こんな良いことがあるんですねぇ。

パッケージで悶絶。

P1110944

中身を見てさらに悶絶。
「くぅーう、さらに食えねぇーって!!」

ジタバタしている私を見て、大笑いしてました。

『パッケージ保存決定』

ノロってました

先週末の明け方、胃が痛いのか、お腹が痛いのか、
とにかく痛みで起きてトイレに行くと、静かにお腹が下りました。

いつもの下り方とは様子が違いますが、
確実に下っており、起きるまでにはまだ数時間ありましたので、
再び寝ることに。
もう一度起きてトイレに行くと、これまた静かに下り気味。

「これは困った。冷えたかね」と思いながら
朝の御白湯を飲むと、突然、嘔吐しました。

結論から申しますと。ノロウィルスに感染しておりました。

熱がまったく出ずに、とにかく下るのと、嘔吐の連続。
一日目は全く動けず、食べる飲むもできず、とうとう脱水症状が
出始めたようなので、「とにかく病院へ」と這うように向かうと、
点滴処置されました。

いやぁー、ビックリしました。
ノロなんて、初めて感染したので、わけわからず。
吐くものが無くて、胃液を吐いてましたので、
3日目に全身筋肉痛になりました。
吐くの得意じゃないんですよね(笑)

明日から社会復帰しますが、2~3週間は、保菌者の状態なので、
職場でイジメられ、違う、違う、巻き散らかさないように、
大人しく働きたいと思います。

CAUJ5VH0

先月から、作り始めた押絵です。
キットで買ったので、あと一羽で完成です。
早く元気になって、色々作りたいです。

『それでも痩せない』

目黒雅叙園のひな祭


目黒雅叙園の百段階段で開催中のひな祭を見てきました。

P1110917

ロビーには華やかな吊るし雛と可愛いお雛様が飾られていました。
P1110920

キューピーさんのデンデン太鼓が可愛い。

P1110930

やっぱりウサギはかわいいね。

ロビーだけで散々時間を費やして観てしまったので、
会場内はどれだけ時間がかかるのか。

百段階段では、文化財保護のため、暖房が入っておらず、
室内の気温が10℃前後しかなく、外気の中で見ているようで
とにかく早く温かいロビーに戻りたかった。

室内の装飾は、前回の展示の時に十分多能したので、
今回は、ゆっくりと展示品を見ることができた。

それにしても、古いお雛様や、抱き人形たちは、
何とも言えない、不気味さを漂わせており、
抱き人形たちが向かい合わせに膳を囲んで
ひな祭りをしている様子など、演出されていたが、
その笑みをたたえた顔が、余計不気味さを誘っており、
「ひぃー」と何度言ったことだろう。

最上階の部屋で、やっとちりめん細工の吊るし雛を見ることができて、
時間をかけて観ることができた。
是非、自分も一つでも多くの、きちんとした、綺麗な、可愛いと思える
作品を作りたいものだと・・・。

今のは「もどき」だからね。

羊のつもりが、顔が何故か、ネズミだとか・・・

頑張ろう。

『見るのも勉強』

プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ