ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古 洋裁作品をUPしています。 他に旅行記や闘病記なども。

2014年12月

お正月の準備ができました

11月頃から、クリスマス装飾を見るので、
クリスマス前に、すでに飽きているという・・・

と言うことで、本日休みを利用して、正月準備をいたしました。

P1110866

ちりめん細工のお教室で、材料を買いました。
キットになっており、裁断も済んでいたので縫うだけ。

がしかし、偉そうなことは言えません。
肝心のエビさんは、先生が作ってくれました。
なので他の出来が多少、いえ、だいぶ酷くても
立派に見えるのです。

家は鏡餅を飾る習慣が無いので、
今年からは、こちらのお細工物を飾って、お正月気分を盛り上げるのです。

来年の干支の羊さんも、正月休みに作る予定です。

P1110868

鏡餅が、迷惑そうに斜めってエビを支えております。
出来が悪くて、姿勢が悪い。

P1110869

だいだいも可愛くできました。

『餅というより出来損ないの雪だるま』

パタレさんのワンショルダーバック

久しぶりにワンショルダーバックを作りました。
どんでん返しで作るワンショルダー。
見た目は良くできていますが、きっと中を見たら
ツギハギだらけの、フランケンバックなのよ。

P1110865

100%ハギレで作りました。(笑)
今までの使ったバックの残り布で作ることができたほど、
パーツの数も半端なく、小さい物なので作ることが出来ました。

これは兄にプレゼントします。
以前遊びに来た時に、このバックを見せたら
「いいかも」とのお言葉を頂きましたので。

通常のパタレさんのパターンを反転させて作りました。
どうも肩掛けする紐が、いつもと違う方に掛けるので、
しっくりこなかったのですが、兄にも確認とると、
反転させた方が使いやすいことが判明。

母は左利きで、兄も小さい頃は左利きでした。
苦労した母は、兄を右利きにすべく、
やかましく仕付けたそうですが、
多分、私も左利きが潜在しているようですな。

P1110854

中袋は、アウトドア用の防水生地を使いました。
伸びないので、どんでん返しの時に大変苦労しました。

P1110857

かなり怪しいところもありますが、
なんとか、正月休みに間に合いました。
中のファスナーポケットも反転して作っています。

今年の正月休みは、31日に出勤日になってしまい、
只でさえ少ない休みが、さらに少なくなってしまいました。
でもつぎは、スクエアリュックを挑戦してみたいと思っています。

『ほんのきもちです』

ティム・バートンの世界展

遅まきながら、ティム・バートンの世界展へ行ってきました。
只今のお時間、比較的スムーズにご覧になれます・・・・と、
オフィシャルサイトに表示されていたので、さすがに
空いてきたのかと思ったら。

P1110817


「入口から動かないじゃねぇーか!!」というくらいの混雑ぶり。
最初の紙ナプキンシリーズからして、見られない。
人がまったく動かない。
それくらい、展示物が多くて興味深いものばかりってことか。

なんとか、空いているところから見るが、やはり順番にみたい。
中には、明らかにクシャクシャにした後が見られる紙ナプキンもあり、
きっと同行者が拾って取っておいた物もあるんだろう。

隣の席で、こんな絵を描き始めてしまう輩を
異常者だと思うのは、世の常で、
ジワジワとくる、この奇妙な執着心はなんだろう。
目を離せなくなるのだ。
決して手放しに、可愛いとは言えないのだが、
キモ可愛いは絶対に存在すると思う。

作品数がとんでもなくあり、また、映像作品も多いので
鑑賞するのに、とんでもなく時間がかかる。
しかし、熱心に見てしまうので倍の時間がかかる。
係員もしきりに、観賞時間についての説明をしている。

3、4時間かけて観る人もザラということだ。

やっとのことで最後まで観終わると、すっかり頭が混乱していた。

楽しみにしていたグッズ売り場だが、
銀座松屋などの展示会になれているせいか、
ひどく小さな展開に見えた。実際、品切れ状態なのであろう、
買うものがほとんどなく、クリアファイルばかり買ってきてしまった。

P1110844

やっぱり、ジャック関連が3枚(笑)
あとは、赤ずきんちゃんが骸骨になっているものがツボになってしまい
お買い上げ。

うーん。なんか、不完全燃焼な買い物になってしまった。

P1110818

ティム監修のクリスマスツリーを見て、
表に出ると、すっかり日が暮れて、外はキレイなイルミネーション。

P1110829

やっぱり、東京タワーは綺麗だわ。
P1110833

見る見る紅葉していく(笑)
白から、赤に変わる瞬間、道行く人が歓声を上げた。
笑っちゃうんだけど、こんな場面が好き。

ふっと周りを見ると、目の前にマンションが。
「おぉ、生活しているのか、こんなところで。窓際にクリスマスツリー」
不思議とカーテンなんかしていないのね。
見せびらかし?

なんて、悪態をつきつつ、美味しそうな餃子屋さんを見つけて
一般庶民の気楽なディナーは始まるのでした。

『不気味な可愛さ』







芸術の秋と言うことで

この1週間ほどで、2つの美術館を訪れました。
両日とも、午前中のみ働いて、午後から半休をもらい、
行ってきました。

先週に行ったのは、サントリー美術館の「高野山の名宝」
来年は高野山開創1200年だそうで。
高野山には、一度旅行でおとずれましたが、
名宝・・・あったかな?と思いだせば、
たしか、高野山霊宝館に入った時にあった
数々の素晴らしい仏像を鑑賞する隙をあたえて貰えなかったほど、
館内のカビ臭さが酷くて、喘息の発作を起こす寸前で、
慌てて飛び出したのを思い出した。
今となっては、丸っきり覚えていない。
生命の危機すら感じたカビ臭さの空間だったから。

それはさておき「高野山の名宝」は仏像群の素晴らしさが際立っていた。
運慶と快慶の作品が目白押しだったのだ。
特に、快慶作の「執金剛神立像」などは「骨格が見えるような像だ」と思いました。
どうやら私は、筋肉美が見える像が好きだと見える。
「いやぁ、この脚の筋肉と言い、骨格がうかがえるこの彫というかこぅ・・・」
何度ウロウロしただろう。

サントリー美術館は、メゾネット式になっており、
1階下に降りて行く階段の下に、孔雀明王坐像が鎮座していた。
階段からのアプローチ。この場の雰囲気の良さ。
階段をゆっくりおりながら、上から中間から、下からと
色々な角度から見ることができた。
まさに対面を果たす思い。
こちらも快慶作だという。どうやら、私は、運慶より快慶の方が好きらしい。

一番の目玉でもある、運慶作の八大童子像。
こちらもずらりと並んでお出迎えされまして、ガラスケースなしで
見られるあたり、ありがたいやら、恐れ入るやら。
玉眼のうるんだ瞳で睨まれたり、慈悲深い目で見られたり。
ライティングの角度で一瞬きらりと光ったりすれば、
まるで、目が動いたよう。
一番可愛らしいのは、ポスターにもなっている、制多伽童子像でしょうね。

小規模ながらが、運慶、快慶作品が目白押しだったので、
本当に充実した内容の展覧会でした。

CAB67CCO

そして本日、本当にギリギリの日程ではありましたが、
東京国立博物館で開催中の国宝展に行ってきました。
こちらも、午後半休をして、13時前に行ったのですが、
30分待ちでした。それほど待たずに入れたのですが、
係員の方から「是非楽しんで行って欲しいのですが、
上の混雑ぶりを想像するに、頑張ってきてくださいと・・・」とのお言葉いただきまして。

正倉院展なみの混雑ぶり、というか、正倉院展より混んでるじゃないか!
まず、作品を観られない。これは、順番を無視して
見えるところから攻めるしかない!とばかり余計に動き回りました。

幾つか見逃したところもありますが、絶対に見たかったものを
見ることはできました。

まずは土偶。国宝に指定されている5体の土偶を見られるのは
非常に珍しいとの事。一体は、座って両手を体の前に組んで
祈りをささげているようなポーズを取っており、
何かを願う時に、自然と手を組むということが、
このころからDNAとして流れているのかと思うと、それは不思議な気持ちになりました。
世界各地で祈りは自然と手を組みますからね。

やはり目玉は、最後の展示室の仏像群ではないかと思います。
元興寺の五重塔も実際、現地でみたものですし、
三千院の両菩薩像や、阿倍文殊院の善財童子と仏陀波利の像も、
現地で観ました。
三千院の両菩薩様は、もっと大きいとおもっていましたが、
きっと、堂内で座ってお参りさせていただいていたからなんでしょうね。

阿部文殊院もきっとこの後、混む場所になってしまうのでしょうね。
興福寺の国宝館のように。
ぜひ、文殊様も見ていただきたいです。
高さ7メートルの文殊様。たいそうキレイなお顔をしております。
イケメンです。そして作者はもちろん、快慶です。
やっぱり、私好みの顔なんだわ。

CAXCVTEV

上野の公園内も見事な紅葉を見られます。
CALJESH6

こちらも、観方によっては、一種の仏像群なんです、なんて。

さて、今年は後残すは、ティムバートン展だけだな。

『仕事のストレスを忘れて』

'14年秋の奈良旅行 ならまち

あぁ、どうしましょう。
最終日の奈良で撮った写真があまりにも少なくて、
そして、最終日には雨が降ってしまったので、なし崩し的に旅行を終えてしまったので、
書くことがありません。

最終日は雨が降ってしまったので、
久しぶりに「ならまち」散策をして帰りましょうという事になりました。

奈良に行ったら、必ず買うものがあるのですが、その一つは、
梅乃宿さんの「あらごしみかん」のお酒です。
リキュール系なのですが、ツブツブみかんジュースの味そのもの。
毎年楽しみしして、買います。
今年は、「クールあらごしもも」も出たようで、すでに売り切れてしまい
買いそびれてしまいました。

「ならまち」を歩くと、人がワラワラといます。
前は休日でも、そんなに人とすれ違わなかったのですが。
オシャレなカフェや、雑貨屋さんが増えたので、人も増えたんでしょうね。

久しぶりに訪れたカフェは、軒並み順番待ちの列までできていて、
お茶をすることも、お昼を食べることもできませんでした。

P1110710

庚申さんの鬼瓦?ですかね。
人様の玄関先のものを、手を伸ばして撮りました。

数店の店でお買い物をして、いよいよお腹が減ったのですが、
お昼を食べられる場所が、何処も満席で諦めました。
「をかし東城」さんでお土産の(自分用)クッキーとパウンドケーキを買おうと
やってきました。こちらのクッキーとケーキが大好き。
ショーケースには、無花果のケーキが!!

DSCF3475

丁度イートインできる場所が空いていたので、
ご厚意で、店内にて頂きました。
あくまでも、ご厚意ですよ。

時間をかけて土産を選んで、ケーキを食べて大満足。

生活雑貨の「カウリ」 さん。以前来た時に一目ぼれして買った
作家さんの物があったら、購入したかったのですが、
今回は無かったので、残念ながら、店の雰囲気だけ楽しませていただきました。

久しぶりに行った「ならまち紅屋」さん。前は和雑貨ものを
扱っていた店でしたが、大幅に模様替えしたようで、洋品店に
なっていました。それでも、健在なココナラちゃん。
今回も、連れて帰ろうかと試みましたが、捕獲ならず。
気にいった柄がなかったんです。

3812ae56

家にいる、歴代のココナラちゃんです。
もぉ、いいだろうって感じですが・・・
洋品店になっていた、紅屋さんですが、
私好みの洋服が多かったので、ニット類を購入させていただきました。

中川政七茶房は、休業していました。
毎回お食事を楽しみにしていたのですが、
とうとう、お昼ご飯を食べることなく、
お弁当を買って、新幹線の中で食べることに。

来年の秋旅行は、久しぶりに「奈良ホテル」に泊まることに決めました。
もちろん、怖くない新館へ。
来年もいけるといいな。

『秋の奈良はいいね』



プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ