ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古

2014年08月

綿ローンの生地でブラウス

余ったリネン生地でフレンチスリーブを作った時、
どうしても生地が足りなくて、とりあえず50センチ単位で買った
生地のほかに、色違いでブラウス用の生地も買った。

P1100248

画像が暗いですが、mimosa という名前の綿ローンです。
ソーイングブロガーさん達が、夏はやっぱり綿ローン!と
書かれているので、興味はあったのですが、
どうやら薄手のご様子。
「薄物は苦手・・・」と思って敬遠しておりましたが、
この生地を見た途端に「可愛い~」と思ってしまい、購入に至りました。

生地が可愛くても、洋服にしたらどうなのよ、
生地が可愛くて、洋服も可愛くても、アタシ的にどうなのよ。
まぁ、正直申しますと、子供服の素材として紹介されていましたが(笑)

P1100240

Mailleさんのロングスリーブを縫いました。
この夏3着目です。
着丈を89センチにして、七分袖にしたバージョンです。
薄手なので、針と糸、布押さえを新調して
縫ったおかげで、糸目がつれることもなく縫えました。

P1100252

枝の色と同じグリーンのTシャツを着れば、
いい感じのお色味になりました。

旅行時に着て行くこと決定!!
綿ローン、なかなかいい素材でした。来年はこの素材で色々作りたいな。

今年の旅行は5泊6日です。
この夏作った洋服たちを持って行くつもりです。

『ひねもすミシンコレクション』

リックラックのアノラック完成

リックラックさんの、アノラックが完成いたしました。
例の如く、出来はともかく。

P1100219

ざっと作り方の手順を見たときに、
「やばっ、作れるかな」と思いましたが、なんとかできました。

P1100227

別売りのボタンやらは、あまりパッとしなかったのだが、
やっぱり一番白いボタンが合うような気がしたので、
一緒に購入した。
白いボタンに、赤のボタン糸で X印で縫い留めたかった。
なので、必然的に、赤糸でステッチをしたのだが(笑)
下手さが滲み出ている。


P1100210

後ろのフードが立体的で、かぶりやすい形でした。
ステッチを二重にしてみたら、野球のボールのよう。

P1100206

ポケットは便利な2重式。
上からも横からも使えるタイプ。
ポケットの作り方が一番の難関だったかな。

P1100212

脱ぎ着は、被りなので、ちょっと面倒だけど、
後ろのタックのおかげで、かなりゆとりがあるので
窮屈な感じはしない。

裾は5センチほど長めに裁断したので、
丁度お尻が隠れる丈になった。

P1100225

本当は、タグをつけると、もっとアウトドア風にみえるんだけど、
手持ちになかったので、アップリケを縫って見た。

一昨年、奈良旅行で買った物。
ジュエンヌさんの子鹿ワッペン。やっと使うことができた。
子鹿の後姿。

リュックを背負って、肩紐で隠れない位置を確認して
付けました。

旅行まで、もう少し時間があるので、綿ローンの生地で
ロングスリーブをもう一着作る予定。

まぁ、トレッキングシューズに似合えば、持っていくんだけど。

『コツコツやろう』

防寒着として

リックラックさんのアノラックを制作中。
9月に行く旅行で、標高の高いお山のホテルに泊まるので、
その周辺を散策するとき、防寒着として、持っていこうと・・・制作中。

P1100201

アウトドア用の防水生地を一緒に購入。
ステッチを赤糸で縫うという暴挙にでた。
案の定、ステッチが安定しない個所が多数(笑)

フードのステッチを2本にしてみたり、
説明書には、左前立てにボタンホールを開けるようになっていたが、
どうしても、右がよいので、変更した。

着丈も5センチほど長くして、お尻が隠れるように。
また、重めのリュックも背負うので、肩回り強化のため
ステッチも入れてみた。

裾と袖口を縫って、ボタン(白)を付けたら完成です。
あともうちょっと。ボタン糸も赤にして、X印に糸を付けようかと。

『色々カスタマイズできて面白い』

リックラックのボートネックブラウス&ワンピース完成

リックラックさんの、ボートネックブラウス&ワンピースが
完成いたしました!!

が、はっきり言って、型紙がそうなのか、選んだ生地が悪いのか、
はたまた、私の体系や年齢が痛いのか、
割烹着に見えるんです。

P1100170

これまた、背景がいつもの襖前ってのが、
生活臭ぷんぷんで、三角巾かぶりたくなる雰囲気。

布地は、同じくリックラックさんで、
2mのお得な布地をセールで買った物です。

八分袖を七分に修正したから、ますます割烹着サイズに見える。

P1100173

小さいポケットが可愛いはずなのに、ますます「おしゃれ割烹着」みたいですわ。

そうそう、この型紙、後ろ見頃の見返しが、大きくて、
別布で作ると可愛い・・・となっていましたが、
そのステッチの出方が、赤ちゃんのよだれかけ、
いやいや、最近では『スタイ』って言うんですか、
あれに見えてしまって、嫌だったので、前身頃の見返し幅で縫いました。
結局、吊るした時に、可愛いのであって、別に着たら見えないから
幅が無くてもいいのです。

襟元のデザインを変えて作りたかったので、この型紙を
取り寄せたのですが、為にし安い生地で作って、あげくの割烹着。

凹むはぁ。
生地の柄のせいなのか、私の雰囲気がそうさせるのか。
これは再度、生地を変えて作ってみるしかない。

それでも、割烹着に見えるなら、
私に原因ありで、私の修正が必要なんだわ。

『鬼気迫るもの』

毬が出来ました

今回もちりめん細工のお教室に行ってきました。
先月出された宿題を持って、組み立てて行く作業です。

P1100176

完成品を見たときは、どうやって組み立てているのか、
全然わからなくて、難しそうだと思いましたが、
思いのほか簡単に、組み立てる事が出来て、
パーツの切りだし、縫いなどの下準備のほうが、
圧倒的に大変でした。

形が悪いですが、それなりに可愛く見える子供らです。

P1100178

P1100182

見えませんが、化粧のチークをポンポンとしてあげました。

P1100186

これも猿の一種だそうで、名前を忘れましたが、
泣きそうになりながら作って、最後の仕上げは
先生が手伝ってくれました。

ワークショップではなく、本格的にお教室に通うことにしました。
いつまで続くかな・・・。

『材料費で散財』
プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ