ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古 洋裁作品をUPしています。 他に旅行記や闘病記なども。

2014年04月

雨の日

通勤途中。 

玄関先にスーツ姿の外人さんパパ。
日本人ママの横に、ご機嫌斜めの小さなレディ。 
ぐずって、パパが出勤出来ない様子。

玄関先を過ぎた直後、聞こえて笑ってしまった。

「ウゥーン、アイアム、レインボー」

「雨の日の通勤も悪くない」

image

根津神社と三井記念美術館

本日は、三井記念美術館の特別展「明治工芸の粋」と
根津神社のつつじ祭りに行ってきました。

P1090800

最初に向かったのは、根津神社へ。
200円を払って、園内に入ったのですが、
早咲きのつつじ は既に枯れてきておりました。

P1090798

P1090801

近所をぶらりと歩いて、すぐに次への目的地に移動。
日本橋にある、三井記念美術館へ。

P1090810

「超絶技巧!明治工芸の粋」
7月13日までの期間では、ありますが、
今の時期は穴場的なのではないでしょうか。
こんなに空いていて、ゆっくりとみられるのは、奇跡的です。

5月に入れば、日曜美術館で紹介されるらしいので、それを過ぎたら
相当、混むのではないでしょうか。
日本人の手仕事は世界的に有名ではありますが、
日本人の私ですら、こんな日本観たことがない!(笑)というくらい
繊細かつ、うるさくない、作品が多数あるのです。
わかります?うるさくないっていう感覚。

わざと余白を楽しむ、さらりと凄さをかもしだす。作品たち。
場内は、関心とため息と、唸り声とともに、
「ぐぅわぉーん」という音が、頻繁に響きわたります。
たまに、驚くほどの「ごぉんっ」という鈍い音もします。

そうです、みなさん真剣に見過ぎて、我を忘れて
ガラスに頭を強打しているのです。
ただぶつけるだけならまだしも、強打です、強打。

恥ずかしいやら、痛いやら、いたたまれずの
可哀そうな人達。頻繁に楽しいです。

牙彫のタケノコやナス、パセリなどの作品は、
本物と見まごうばかりで、ミカンにいたっては、
本物を置いてあるとしか見えず、頭をひねるばかり。

七宝焼きの細かさと優美さ、金工の緻密さと渋さ、
自在細工の動きの面白さ。
初めて、単眼鏡とやらが欲しいと思ったほど、
目を丸くして、目を凝らしてみてきました。

これは、是非見ていただきたいと思う、展覧会です。

CAVXH453

ミュージアムカフェで食べた御うどん。
上品なお味で、大変美味しゅうございました。

向かいにある、コレド室町2・3を冷やかし、
ゴールデンウィーク幕開けのようでございます。

『面白い展示会目白押し』

亀戸天神と松屋銀座「ムーミン展」

本日、振替休日のため、朝からお出かけしてきました。

P1090725

まずは、亀戸天神に藤のお花を見にきました。
梅の季節におとずれましたが、藤の季節も格別ですね。

P1090716

最近、何処へいっても、スカイツリーと〇〇 なんて風に写真を撮ることが多いです。

P1090740

紫色と朱色の橋の色が、見事にあっています。
人が居なければなぁ。

船橋屋さんで、くず餅と白玉あんみつ を食べて、銀座へ移動。
今日こそ、松屋銀座の「ムーミン展」を見るのです。

会場に着けば「空いているじゃない!!」と驚きの声を上げるほど。
それは、土曜日のあの殺人的な混み具合を見ているからね。

チケット買って、さっそく会場へ。
原画の小さいこと、細かいこと。そして、薄暗い。
なので、老眼なんて方は、相当苦労して見ておられました。
途中から、愚痴をきかされましたわ(笑)
なのでこれを、あの混み具合で観ようとしたら・・・恐ろしい。 
自分のペースで見られることができてよかった。

会場の出口付近では、カメラ撮影がOKな場所がありましたので、
バシバシと撮らせていただきましたが、場内がすこし暗いので
手振れしてしまい残念。

P1090750

こんなお手紙をもらったら、卒倒しますよね。
この絵が欲しいな。

P1090756

P1090758

P1090772

ジオラマでムーミン谷が表現されていました。
楽しかっただろうな、これを作っているとき。

P1090775

君は本当に妖精なんだね。

またもや、ムーミンワールドのグッズに埋もれてきました。
前回の土曜日の時には見なかったものなどがあり、
とりあえず、思いつくままに手に取り、離し、冷静になって、また手に取り
「きぃー」となりながら、グルグルと廻って(笑)

P1090779

今回は、地味ぃーに買ってきました。
自分の時は、最後だった、革製のパスケース。
これは無条件に、最後だからに押されて購入。

P1090780

絵が布製で裏が紙の絵葉書。
カバン作ったら、アップリケとして、縫っちゃおうかな。
なんて思ってとりあえず買ってみました。

P1090782

で、上の蕎麦ちょこ と 豆皿は、有田焼のムーミン食器。
これは土曜日に買ってきたもの。

P1090635

こちらのお皿は、前に違うお店でかった有田焼。
ムーミンとスナフキンの釣りのシーンが、
今回の原画展にもあり、思わず「あぁーあぁー、皿・皿」って言ってしまいました。

また、コレクションが増えてうれしいなぁー。

『ムーミン貧乏です』

特別展「栄西と建仁寺」に行って来ました

東京国立博物館で開催中の特別展「栄西と建仁寺」に行って来ました。

CA8DMMI7


開門を待っての入館となりました。
昨日のテレビ「ぶらぶら美術・博物館」 で紹介されていたので、
混むかと思っていましたが、やはり朝一だったので、
さほどの混雑もなくゆっくり見られました。

第一会場は、さらりと見ておわりましたが、
第二会場は障壁画などがたくさんあり、倍の時間をかけて
見て回っておりました。

恥ずかしながら「海北友松」という方の事は全然知らず、
今回の数々の障壁画を見て、衝撃を受けてしまいました。

とくに「雲龍図」が迫力があり、左4幅の阿吽で言うところの
「吽」の龍を見ることができました。
ソファーに座りながらゆっくりと堪能し、しばし静けさとともに楽しむことができました。
グッズが売っているはずなので、入手決定です。
4月22日から、全8幅が公開されるそうで、うーん残念。
観に来れたらいいけど・・・たぶん観に来れないだろうな。

大好きな伊藤若冲も発見。
水墨画が多い中、雪景色にも関わらず、色彩が爆発しています。

そして不思議というか、面白いと思ったのが、
長谷川等伯の「竹林七賢図屏風」でした。

竹の描きかたが秀逸で、何処までも真っ直ぐな竹、竹の節の自然な感じの描き方、
本当に見入ってしまいました。
ふっと、屏風絵を右手のほうから、ほぼ真横、
ガラスに近づいてみると、屏風の凸凹面が効果になって
立体的に、竹が配されているように見え、
自分がその絵のなかに入ってみているような、竹林に入ったように見えたのです。
実際、描かれている子供が、こちらを覗き込むように目が合い、
「ひゃぁっ」と思ってしまったほどです。

最後の出口近くに今回のメイン「風神雷神図屏風」がありました。
比較的空いていたので、こちらもゆっくりみられました。

建仁寺には実際行ったことがありましたが、レプリカを観たので、
本物が見られて嬉しかったのです。
胡粉のところが、かなり剥がれ落ち、こうして、展示されているだけで、
大丈夫だろうかと心配になるほど。

グッズ売り場でしばし物色後、
再び会場に戻り、雲龍図を観に行きましたが、そのころには
人混みでゆったり見るという雰囲気ではありませんでしたし、
ソファーにすわれば、人を見るだけとういう雰囲気でした。

この小一時間違うだけで、雲泥の差。

このあと本館に移動し、尾形光琳の風神雷神図屏風も合わせてみました。
こちらは、きちんと屏風に全体像がおさまって描かれています。
俵屋宗達の見切れした描き方の方が、躍動感があって、私は好きです。

CAJ681UV

時間があったので、銀座に移動し、ムーミン展に行きました。
が、あまりの混みように諦めて、グッズ販売に行けば、
それ以上の混み具合に、会計待ちの列が蛇のよう。
それでも、どうしても欲しかった商品が残り2個になっていたので、
意を決して購入。並ぶこと数十分。

日を改めてお伺いしたいと思います。
平日でも相当、混んでいるそうですが(笑)

『海北友松さん、こんにちは』

パタレさんのスマートトート

パタレさんのスマートトートが完成しました。
クリスマス時期に買った布地を、今頃になって完成しましたが、
夏向きに見えるんですよね。色合い的に。

P1090682

なんと生地は、IKEAで買ったキッチンクロスです。
クリスマス仕様で売っていたもので、大きなキッチンクロス2枚セット。
お値段699円。2枚を使用しても、まだ生地が余るほど。

P1090689

天口がファスナーで閉められるのです。
冬場のコートを着て、肩に掛けるには短い肩紐なので、
次回作るときは、もう少し長めにしようと思います。
スマホを入れるポケットがあったのですが、蓋付きカバーをしている
私のスマホでは、小さくて入らなかったので、ポケットつけませんでした。
その代り、表胴側と背胴側の両方にポケットつけました。

P1090684

キッチンクロス2枚使用したので、中ポケットもトナカイ柄を使用。
冬用とおもっていたので、中袋は雪の結晶柄。
でも夏場に持ちますけど。

薄い生地なので、キルト接着芯を貼りました。
初めて作った割には、大きな失敗もなく、さくさくと縫えました。
別付の底板がとてもいいですね。

今度は、Sサイズを作ってみようかと思います。
で、すでにIKEAで梅柄のテーブルクロスを入手済みです。
さて、いつ作れるかな。

『テーブルバックですかね』

プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ