ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古

2013年07月

夏旅行の準備

今年の夏休みは9月に取得。
友人の希望で、九州方面に行くことにした。

今年は九州横断を予定しており、公共の交通機関をつかって
周遊しようと思って、計画をたて、一覧にして旅行代理店へ。

がしかし、連休が絡んでおり、どうしても宿が取れないところがあり
ルート変更を余儀なくされた。
しかし、担当してくれた方が、偉い詳しく
現地にも行ったことがあるらしく、上手にルートを組んでくれ、
しかも安いパックになるように手配してくれた。

もちろん、こちらもネットで調べたルートや、時刻表を提示し
「ならば、こちらを利用するのは?では、この観光はあきらめましょう」とか
色々提案して、実に楽しかった。

一瞬、「またルートを検討しなければ」と思ったが
ことのほかいい感じで決まった。

帰り際、安堵した顔と、達成感の顔を見せた店員さん。
ぐっじょぶ!でしたわ。
初めて、旅行代理店の店員の凄さを感じた。真面目に感動さえ覚えたわ。

これで、ニンジンをぶら下げてもらったので、頑張って働こう。


オーダーを頂いたバックが完成。
お誕生日も近く、いくつもオーダーを頂いた方なので、
プレゼントすることに。

上手くできました。
民謡の唄の御稽古の時に持っていきたいそうで。
和柄にしてみました。
P1070872

前面、柄になってしまうとウルサイ感じになるので、
黒地で本体を作り、裏面は、兎柄の一枚で仕上げました。
サイドポケットの柄は、波と兎の顔を持ってきました。

P1070881

P1070874
中袋のポケット

しかし柄物は、廃棄率が高いなぁ。

『お陰様で楽しい旅行になりそう』

ナポリタン食べたでしょう?

気にいっていた口紅が廃盤になってしまい、
筆を使ってホジホジしていたら、半年以上使えてビックリした。

とうとう無くなってしまったので、久しぶりに「オーブクチュール」の口紅を購入。

「油っぽいものを食べても・・・」という
うたい文句の新色を購入。エクセレントステイルージュ。

気にいっていた口紅の色に近いものを購入したので、
家に帰って、さっそくつけるも、
最初から、ケチケチと筆を使ったら、相当持つのでは?という
スケベ根性をだして、紅筆で付けてみると・・・

確かにベージュ系だが、オレンジ系に近い。
すんごい失敗。
HPを見ると『落ち着いた色』と書いてあった。
落ち着いているというより、ババ臭いのである。

ババァの私が、ババ臭いというのもなんだが。

まぁ、見慣れないせいもある なんて言い訳がましく
付けてみるが、食事をした後の唇を見て絶句。

ナポリタン食ってないのに、何故ナポリタン色?
幼児がナポリタンを食い散らかしたような唇の色。

「発色が良くて、色ツヤもいい?間違いじゃないの?」

明らかにツヤっぽさも、発色もなく、ひたすら乾いた、
人生に疲れ切った、タテ皺よろしく、砂漠化した唇。

とりあえず、軽くティッシュオフ・・・&グロスでツヤチャージ。
いやーん・・・・。ナポリタン食べたて唇。

慌ててふき取るも、色素だけが残ってしまい
明太子唇が出来上がった。

そこへ、落ち着いたババ色をのせるものだから、
赤味 オレンジ系 の何とも言えない色になった。

あぁ、もっと慎重に色を選べばよかった。
いや、買わない方がよかったかも。

夜になって、クレンジングしたら、赤味が浮いて
泡が染まった。
ある意味、確かに持ちはいい。しかし・・・
3日目、化粧を落としても唇の色だけが変な感じに見えて、
自分の色なのか、口紅が残っているのかわからない色に。

もともとの自分の色が悪いのか。

『仕方がないので、目が慣れるまで使う』

歯止めがきかない


歯が砕けてから、あちらこちらのメンテナンスをしておりますが、
やっと砕けた歯の治療が終わり、見栄え良く、歯の延命を考え、
自費治療を施しました。

一本、73,500円也・・・
これから夏に向かって、旅費の工面をと考えておりましたのに。
しかも、もう片側が根の治療をする個所があり、
そちらは根元から土台を作るらしく、被せを施せば
120,000円の見積書が。

思わず、診察台の上で高笑いしてしまいました。

旅行で豪遊できるぜ!なのに
いまは、旅行すら危ういではないか。

まぁ、でも行くんだけど9月に。

そんなこんなで、わき目も振らずまっすぐ家に帰ってきて、
せっせとオーダー品のバックを制作。

プレゼントするんだけど、このバックが他のオーダーに繋がれば・・・と
一縷の望みをかけて、必死に汗をかきながらの制作。

P1070851
Joli Pomme 悪戯うさぎと天使の子猫 という生地を購入

P1070855
かなり怪しい感じで、不気味ささえ感じるのだが、
結構人気があるらしく、結構可愛いと言われたバック。

P1070835


P1070847
なかは、水玉模様の生地で作りました。

こちらのバックも歯止めが効かず、いまだに作り続けております。
本当に、そろそろ他のものも作りたい。
嬉しい悲鳴。

そんな、梅雨明けの翌日の夏空。
夕立の後に虹が出た。

P1070863

電線が邪魔。

『コツコツと』

プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ