ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古

2013年03月

今年も千鳥ヶ淵へ

今年の桜は早かった。
慌てて仕事帰りに、千鳥ヶ淵へ夜桜見物。

毎年、ととさん を千鳥ヶ淵の桜を見せに行く、という
暗黙の了解が、母娘の間で決まっているようで、
満開を告げた23日、仕事帰りに「行くか?」と電話をすれば、
九段下ですぐに待ち合わせが出来た。

朝からちゃんと、カバンに ととさん を忍ばせてきた。
P1070617
おぉ、ととさん、西に向かっておりますよ。
「西の方角へ行く」と言って逝ったととさん。
相変わらず見守っていてくれてますか?

P1070618

しかし、人間生きている限り、腹が減るもので、
まずは毎年恒例のサツマイモスティックを買い込んで、腹を満たす。
しかし・・・今年はあの絶妙な『甘じょっぱさ』がなく、
ただ揚げてあります的な味しかせず、残念な結果に。
いつも味付けしてくれる、お姉さまじゃなかったので、嫌な予感はしたんですが。

腹を満たして、参拝へ。
千鳥ヶ淵には、戦死した爺ちゃんがおるので、
サクラはここなのである。

P1070627
標準木もなぜか痛々しくみえるが、
立派に咲いております。

P1070633
月と桜。杯に月を写して、一杯・・・なんて風流も
イケる口でもないので、写真を撮る。

P1070649

満開の千鳥ヶ淵はいつ来ても、感動しますね。
ボートから見る桜はどんなふうに見えるんでしょうね。
乗ったら最後、帰ってこれないようなきがするので、
毎年眺めるだけなんですが。
船頭付のボートってないですかね。

P1070660
桜と紅木蓮

P1070688
月と桜
夜の桜は妖艶、狂気を感じます。

P1070691
ライトアップすると、ますます艶やか。

P1070693

昼間の暖かさとは打って変わって、
この時期の夜は結構冷えます。
冷え切って、腹っぺらしになったので、
私の大好きな、靖国神社売店のラーメンを食べに行きました。

P1070701

昔ながらのラーメンというか、海の家のラーメン。
屋台のラーメン?とにかく美味いです。

久しぶりに味噌田楽も食べましたが、
味噌が薄くなっていて・・・夜で味噌が薄まってしまったのか、
それとも、この不景気で味噌が薄まったのか。
昔のコッテリ味噌田楽が食べたかった・・・。

P1070704
九段下から飯田橋を抜けて、神楽坂へ。
ブラブラ歩いて、帰りに不二家へ寄って、ペコちゃん焼を購入。

家について、さっそく食べたけど・・・・
苺ミルクは、風船ガムを溶かしたような味がして、ちょっとね。
ご自慢の小豆のようだが、なんかうん。
冷えても美味しい人形焼は、すごいなって思った。

ごめんなさい。

P1070707
そうそう、お守り付の桜みくじを・・・
桜と小鳥の種類が入っており、メタル系の材質かと思ったら
プラスチックで、えぇーとガッカリしておりまして、
結果を見ずにいましたら、

P1070708
なんか、大吉でしたよ。ビックリ。
持って帰ってきてよかった。財布に入れてお守り、お守り。
でも・・・満月って次の日には欠けるよね。
謙虚、謙虚。

『運気が長続きしますように』

一周忌

今日は、ととさんの一周忌でした。

今日はととさんの命日で、一周忌法要でした。
さすが晴れ男の ととさん です。
穏やかな春の日差しのもと、無事に法要ができました。

あれから一年、あっという間でした。
手続きに追われ、納骨を済ませ、遺品整理や、
仏壇の手配・・・

不思議なことに、亡くなった日より、
母は、ととさんを最後に病院に入院させた日が悲しく、
私は、ととさんから最後に携帯に連絡してきた日、同日余命を聞かされた
2月14日の日が悲しくて仕方がありませんでした。

今日は天気も良かったので、悲しい気持ちにはならず、
「ととさん、お疲れ様でしたね」という気持ちで一杯でした。

やっと肩の荷が下りたような気がします。


法要に際して、こんなものを作ってみました。

P1070596
サンプル用で作ったのですが、黒の綿レースを粗裁ちし、
布地にうまく乗せられたので、一気に縫い上げ

P1070600
ブラックフォーマル用にバックを作ってみました。

P1070602
レースの重ね付をして、ちょっとゴージャス感をだしつつのぉ・・・ボロ隠し。

P1070604
背面にポケットを付けて、定期や携帯を出し入れしやすいように、
いつもの形、いつものバックです。
大きさはサブバックの大きさです。

P1070608
内袋には、ポケットを付けて、ファスナー付のポケットには、
直にお数珠を入れてもいいかな?と思いつけました。

余っている生地で、しかも黒地は、
バックの内袋用として買ったものなので、キルト芯を貼って縫い
綿レースをはったので、かなり厚みが出てしまい
目飛びしてしまい、縫い直しの連続で
生地がボロボロに・・・。
もう少し、厚手の生地を探して、口回りをしっかりさせて
再チャレンジしてみたいと思います。

叔母様がたの評判は非常によろしかったです。
本葬などの時にはどうかと思いますが、
法事関連なら、このようなバックでも大丈夫でしょうね。

『桜便り、花便り』

歯が砕けた

突然、歯が砕けた。
ガリッと音がなり、砕けた・・・・。

お金がない時に限って、何故、メガネが壊れたり、
歯が砕けたりするのだろうか。
何故か、いつもこの切羽詰まった状態の時に、緊急事態が起こる。

仕方がないので、速攻歯科医院に連絡すると、
翌日の朝一に予約が取れた。しかも日曜日・・・。
いや、確かにありがたいんだが。年末年始以外の年中無休の歯科医院。

「いい機会なので、悪いところを全部直したい」と言うと
「つか、いいところは一つもない」とでも、言いたげな担当医。

根を治療しなくてはいけない個所まで発見され、
しばらくは歯科医院通いが始まる。

「半年あれば、直せますかね?」と聞くも、
「半年あれば、十分直せますよ」と言ってくれたが、

「次回のご予約は・・・」って、込み合っていて2週間後ってさ。
半年じゃ終わんないんじゃないの?って。

いまどきの歯医者は、治療過程の歯の画像を見せてくれる。
はぁ、ビックリ。
っていうか、歯が汚くてお恥ずかしい限りです。

午前中に、やっつけ仕事の様に歯科医院に行ったので、
午後は頼まれていた、通学用バックを制作して、完成させました。

4月から通学されるので、間に合ってよかったです。

P1070580
       大きい方が、依頼されたバック

自分用に作った、小さなサブバックを見て、
「この柄がいいわ、可愛いし明るくなれそう」とのお言葉。
丁度布地も余っていたので、いつものデザインで作ってみました。


P1070584
前面にもポケットを付けたので、本来ならば、柄合わせをしたかったのですが、
余っている布地でギリギリ作れたので、その辺は勘弁してもらいました。
中央に、木の柄があったので、なんとなく合わせた感じに。

P1070585
このぐらい、マチがあれば教材もたくさん入るかと思います。
中袋のデザインは、いつもと同じで、
盗難防止用の、大きなポケットと、小さなポケット、
ペットボトルが入るようにサイドポケットも付けました。

底にバイリーンを貼って、プラ芯の玉縁を付けているので、
ある程度重いものを入れても、底が「たわむ」ことは少ないと思います。

さて、娘さんが気に入ってくれる事と、無事に資格を取れることを願っています。
頑張ってくださいね!!

『私も頑張る』

プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ