ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古

2012年01月

久しぶりのひねもすミシン

この形のバックを作って4個目ですね。
私にとって、本当に使いやすいバックです。
なんといっても、忙しい時に『何でもぶち込める』のであります。

お弁当は入るし、水筒も入る、
仕事のユニフォームも入る・・・でも形が崩れないで
コロンとするだけで、それなりに形になる。

カバンキットを購入してから、毎回作るたびに
自分なりに改良を加えて、人にあげたりしながら、今回で4個目。

ついに、自分の納得いく完成系となりました。
まぁ、大幅に変わってないんですが、

持ち手を長くして、斜め掛けにしたり、
中ポケットを増やしたり、肩当をつくったり。

今回は盗難防止用に、お財布が入るよう中袋に大きなポケットをつけました。
見えないところの処理などにも工夫し、見えないけれど細部まで綺麗に縫えるし、
見た目も良い・・・なんて工夫も。

しかし、時間がないので、毎週日曜日を利用して作り始めて
約一ヶ月かかってしまいました。

いやぁ、しかしモノづくりは無心になれて、よいですな。
P1060108
 
偶然手に入れた、エドウィンのデニム生地の反物。
あとは、家にあった余り布でつくりました。

P1060115
玉縁もちゃんとつけているので、形が崩れません。
玉縁はめんどくさいけど、大好き
縞生地部分は、ポケットです。もちろんサイドもポケット。

P1060110
うさぎのアップリケ。これは本当可愛いわ。

P1060111

中袋の生地は、日暮里の問屋さんで買った
格安な生地です。
ポケットをデカくとって、財布を入れます。
反対側にも、小さなファスナーポケットがついて、
サイドには、水筒が入れられるようにポケットを付けました。

ポケットだけで、六ヶ所(笑)
でも、何処に何を入れたか、すぐに分からなくなるんだな。

『よし!』

タイミングマン

寝ていたら、母親が私の名前を呼び怒鳴っていた。

「まだ3時じゃないか・・・」
ボケボケで起きてみると、ととさん がトイレでぶっ倒れていた。
母が起こしたくても、足腰に力がなく立てないようだ。

話しかけると、ハッキリと返答するので、脳関係ではなそう。
胸を押さえるようなこともないので、心臓関係でもなさそう。
こうなると、また睡眠薬の過剰服用と見た。

なんとか ととさん を おぶってベットに運び寝かした。
抗がん剤治療のために入院する日だったので、とりあえず朝まで様子を見よう。
仕事も休んでいたので良かった。

9時を過ぎたので、ゆっくりと支度をさせ、
タクシーを呼んで、車椅子を借りて入院センターへ。

病棟に着くなり、ととさん がグッタリして車椅子で来たので
手術中の主治医のところまで、連絡が行ってしまったようだ。

翌日の昼、病院から呼び出しの電話。
主治医が ととさん 抜きで話したいとのこと。
いささか緊張した。

これが効かなかったら、もう使う抗がん剤が無いと言われた
「ベクティビックス」
9回目の投与で、ととさん  の体はボロボロになっていた。
皮膚関係に副作用が出るのだが、体は黒ずんで、皮がポロポロとはがれ、
皮膚も固い。

そのうえ、グッタリで車椅子来院。

「今後、投与を続けますか?」との意思確認だったようだ。

ととさん は運悪く、最初の手術時に肝臓に転移していることが分かった。
しかし長年の治療期間、何故か運よく、新規採用になった抗がん剤や
新しく輸入された薬などで、タイミングよく抗がん剤治療を色々試すことができた。

主治医が言うには「本当にタイミングマンと申しましょうか、
使っている抗がん剤がダメになると、新しい薬が試せたりしたので、
それが無かったら、本当は今頃は・・・亡くなっていた可能性が高かったんです」と。

今使用している、ベクティビックスも効かないわけではないが、
なんとか騙し騙し使っているわけで、
ハッキリ言えば「今使用をやめて、体を楽にさせて死を待つ」か
「劇的に効かないまでも、使用を続けて時を稼ぐか」的なことを聞かれました。

使用を止めたら、半年くらいで病状が悪化してくるそうです。
それでも、使用し続けても、何かの拍子に悪化する可能性もある。
 
中止するか、継続するか。

「ととさん に聞いてください。誰かが止めようと言ってくれるのを待っているかもしれない。
ととさん の人生、最後の幕引きを家族が決めるのは、まだ早い。
どんなになっても、ととさん が決めたなら、ついて行けるし、サポートする自身もある」と
主治医に訴えた。

意識がなくなったら、それはこちらが判断するが、
出来る出来ないは、本人が一番わかっているのだから。

私たちが帰った後、
ととさんに様子を聞いてから、3週間間隔の投与から、4週間間隔投与になった。
継続決定である。

ととさん、うれしくて電話をかけてきた。
主治医と私たちが、そんなやり取りをしていたことも知らずに。

『止めなくてよかったのか?』とはとても聞けずに。
でも、主治医に「止めましょう」と言われたら、それだけで生きる力を失う人だから。

母は、なんとか桜が見せてやりたいらしい。
辛いけど喜んでいた。

『生存率を超えて行く ととさん 』

いいのかな?

明けましたが、寝てました。

恐ろしいほどの寝正月です。
何があったのか?ここ数年長時間寝続けることができなかったのですが
今年の正月休みは、平均12時間ぶっ通しで寝ています。
何でしょうか・・・・
通常なら母親が叩き起こしに来るのですが、
今年はその眠りっぷりに「起こせなかった」とのこと。

おかげであれもやりたい、これもやりたいが・・・
ことごとく崩れました。

しかしながら、今年の目標である、
「短時間でもいいので、ミシンに触れる」
「買った物と交換に捨てる物を選ぶこと」

この2点をすでに実行しました。

P1060099
表柄
P1060101
裏柄

グラウニーバックだそうです。
バックキットを買ってきて作ってみました。
型紙が付いているので、ほかの生地でも作ってみようかと思います。
小さいながら結構入りますね。ただポケットがないので、
あとで型紙いじってつけてみようかと。
数か月ぶりのミシン仕事でした。

そうそう、母がお年玉をくれました。
何故か水筒です。
今使っている水筒を落として、口のカバー部分が大きく欠けているのを
平気で使っている私の財布事情を心配したのか、
はたまた、見栄えが悪くても平気で使っている神経を疑ったのか、
それは知りませんが。


P1060104P1060105

シールを貼ってカスタマイズしてみました。
うんうん。可愛くなったね。

そして、新しく部屋着関係を新調しました。
古くなったものを引き換えにサヨナラ会を開いて別れを告げました。

今流行りのお片付け術「ときめく」のキーワードで
洋服を整理すると、ほとんど捨てる羽目に。
いかにストレス発散だけのために洋服を買っているのか・・・
ということになります。
しかし、最近はちゃんと吟味し始めたので(えぇ、やっと)
数枚は自信を持って残せますね。

『今年もボチボチやりますか』




プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ