ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古 洋裁作品をUPしています。 他に旅行記や闘病記なども。

2011年12月

気力も体力も・・・

今年は、ブログが滞りまして、
ととさんの病状なども、悪くなる一方なので、
辛すぎて、あまり更新が出来なくて。

ここ数カ月、ととさんを風呂に入れる係りになりました。
ベクティビックスの副作用で、全身が痒くなるので、
風呂上りに、レスタミンコーワクリームを塗り、そのあと
ヒルドイドソフト軟膏を重ね塗りするので、全身がクリームでベタベタになります。
次に風呂に入れるときは、柔らかいネットの泡泡で洗い上げないと、
湯船が大変なことになります。

湯船につかる前に、全身洗浄です。
シャワーで流していると、妙な気持が・・・

「なんか、水かけ地蔵だな」と私。
すると、ととさんも「俺も今そう思った」とケケケと笑い出しました。

大晦日に水かけ地蔵。
「ご利益ある?」って。初詣行かなくてもよさそうだね。

今年は日本にとって、大変な一年であり、
価値観が総崩れして、悶々とした日々を過ごしてまいりました。

再スタートするのに丁度いい、元旦がやってきます。
もう一度リセットして、体制整えてやりますか。

『皆で踏ん張ろう!』

何とか元気に

ととさんが、今週末に今年最後の抗がん剤治療のために、入院します。
ベクティビックスを始めてから、実に9回目の入院です。

前々回に、レントゲンとCTを撮ったのですが、
結果「徐々に大きくなっているが、劇的に大きくなっているわけではなく、
大きくなる速度も遅いので、このまま続けさせて欲しい」とのこと。

小さくなることは無いと思っていたので「あぁ、そうですか」
くらいの返事しかできなかったが、それでも上出来じゃないか。

「あぁ、先生。相変わらずの食欲なので、その辺の心配はありません」
すると先生もニコニコ笑って
「それが一番ですよね」と。

抗がん剤投与中も、好きなものを食べて、
母が差し入れてた1.5人前のホワイトシチューをペロリと平らげた。

ととさんは、食欲があるので、これだけ元気でいられるのだと思う。

ここ最近、ととさんには辛いことが2つほどあった。

一番仲の良かった、幼馴染を事故で亡くし、
同じ抗がん剤治療を、同じような期間共にしてきた、病院仲間を亡くした。

お仲間さんに「今度入院してくるまでには、俺居ないかもな」なんて言われたらしいが、
3週間後に入院した、その晩に逝ってしまわれた。

「俺の事待っててくたのかもな」と、ととさんがポツリ。

奥さんがしきりに「旦那さんが、気落ちしていなか心配でね」と
母を気遣ってくれて本当に涙がでた。

「俺、もうちょっと頑張るからね。二人の分までねぇ」と、ととさんが病室で言った。

『年越せそうだね』

また出会いました

奈良に行く理由は様々ある。

神社仏閣を巡ることはもちろん、街の雰囲気、人の雰囲気、
空が高くて広いこと、食べ物は美味しいし、さまざまな演出が、
華美でないことに等。

そんな理由の中に「NATIVE WORKS」さんのお店に行くことも含まれる。

念願かなって、今年の7月と11月に行けたのだが、
12月に東京での展示会があると教えていただき、案内書を持って
土曜日出勤のあと、早速友人と訪れてみた。

場所は代々木上原。
なんと、兄夫婦が住む場所であるが、行ったことがない、薄情な私。
駅から四方八方に伸びる道がなんとも楽しく、
それぞれに小さないい感じの店が、立ち並ぶ。

駅から近いギャラリーはとてもいい雰囲気で迎えてくれた。
重い鉄の扉を開くと、店主さん達が迎えてくれた。

「どうも、来ました」

奈良のお店も素敵ですが、このギャラリーも素敵です。
とっても雰囲気にあっています。

以前の様子

早速物色するも、気に入ったものが、
ことごとく売約済になっており、壁にもたれかかって
唸ってしまいました。

それでも、春夏用の受注もあったので、
前から気に入ってたドレープベストを注文しました。

そして、奈良の店から気に入っていた、
ウールのワンピースをちら見していたら、
「思いの丈をぶつけてごらん!」と友人に言われ、試着。
かなり大きですが、袖口を一折したら、
裏地のコットン生地がいい具合に表地とミックスされて、

「あぁ、かわぃぃー。服が。」とほんのり頬が紅色になりました。

それでも鏡の前を、行ったり来たりして
身体になじませ「ロングワンピースだけど、アタシにありだと思う?」と聞くと
「試着室から出てきたら、やっぱりアンタの雰囲気にあってるって思ったけど」
と友人の力強いお言葉に後押しされて、
「お願いしますと」お買い上げ。

友人曰く、なんでも選ぶものが、いつも「らしい」んだとさ。

友人もジャケットとコートをお買い上げ。

オーダーカードを作ってもらっている間に、
奈良のご近所さんの「まめすず」さんのお菓子とお茶をいただきました。
こちらの「きんつば」の美味しさといったら!!

「なんで早く気が付かなかったかな」

これで、次回の奈良行きの理由ができました。
また、町屋を改装した一棟貸の宿泊施設を教えていただき、
これまた、奈良行きの理由ができました。

春にできるであろう、オーダー品を配送してもらう前に、
自分から取りに伺いそうな気配です。

楽しみにしています。
新しい出会いがありました。
ありがとう。

『どう、着こなすか』

とうとう国技になりました

11月30日、12月1日と両国国技館で、
聖飢魔II Presents「Tribute to JAPAN」という、東日本大震災の
チャリティーコンサートが開かれました。
月末の月初め、しかも平日!!なんというタイミング。

通常なら、二日間とも行きたかったのですが、
なにせ、仕事を持つ身。なんとか都合をつけて行けたのは、初日のみとなりました。

他にもいろいろ対バンがおられ、楽しみにしていたのは、
「MAN WITH A MISSION」 というバンドで、
頭がオオカミ(被り物?笑)で体は人間という。
このお姿に「心の琴線が触れるのよね」と思う私。
流石、聖飢魔II好きな私(笑)



会場入りして、すぐに閣下のアナウンス。
そして、一番手は「MAN WITH A MISSION」 
YouTubeで散々見まくっておりましたの、ナマで見たときの衝撃。
一人ではしゃぎまくっておりましたが、あっという間に3曲で終了。
なんでぇー、もっと歌ってよぉー!!
しゃがみこまないコザックダンスのようなジャンプを見て、
友人が「若い!あの体力は並半端ない!あれは絶対年齢が若いよ」と
えぇ、そりゃ客層の年齢層は若干高いですが。

NOKKOさんもご参加くださり、最初はレベッカ復活!で動いておりましたが
諸事情があり、ソロで参加とのこと。
「フレンズ」を唄った時は、なんかスイッチが入ってましたね。
さすがに歌姫です。

そしていよいよお待ちかねの聖飢魔II。
聖飢魔IIが国技館でミサ。いよいよ聖飢魔IIが国技となりました。
ってブログに書くようにって、閣下が。

チャリティーということもあり、色々制約があるかな?と思ったら、
それはさすがに、いつも通りの決まり文句に、いつも通りのミサ。

「ARCADIA」の曲の時には、さすがに涙が流れた。
最後のフレーズ
銀河鉄道は走り出す 愛しい人は乗れたか・・・

これにはやられた。

数か月前、近しい人を事故で亡くしたのだ。
行ってきますと、家を出て、それきりだった。
あの日もそうだったはずだ。
行ってきますと普通に家をでて、それきり家族がバラバラになった人達。
その不条理さが、初めて、いや、今更ながらに分かった気がした。

そんな時に、この歌で、
大勢の人が、銀河鉄道に乗って行ったかと思うと、
不意に涙が流れた。あの人も乗れただろうかと。



「普段残酷な勝負の場として使われるところ。今回なぜ国技館なのか? 
この場所から今まで、いったい何人の若者が、血と汗を流し、
夢破れ去っていったことであろう。この場所には沢山の悔恨がくすぶっている。
それを感じ、現実と向き合い、自らを戒めるために、宿命的にわれわれはここにたどり着いた、とも言える」
(記事より抜粋)

と、閣下が言った。

サプライズで、閣下とNOKKOさんのコラボで
「Raspberry Dream」を唄った。聖飢魔IIのバックバンドで。
いやぁー。迫力がありました。
まさにレベッカのNOKKOでした。閣下のシャウトにも負けない歌声。
底力とはこのこと。ほんといいものを見せてもらいました。

短い時間だったが、泣き笑い、吠えた。
ありがとう。

踏ん張るから、みんなも踏ん張れ!

『また会あいましょう』

奈良旅行 三日目

本日は、オープンしたての「東大寺ミュージアム」へ行くことにしました。

近鉄奈良駅から、東大寺まで歩きましたが
風がすっかり冬になっており、寒いこと寒いこと。

正倉院展の賑わいが落ち着いたようですが、やはり奈良公園。
そこそこの人でがあり、うんざり。

東大寺南大門のすぐ横に、ミュージアムがございました。
P1060073
P1060074

三月堂が改修工事をしているために、
本尊の不空羂索観音菩薩立像と日光・月光両菩薩 立像が
こちらに移動されており、ガラス越しですが、お会いすることができました。
光り輝く、光背がなかったので「あれ?こんな感じでしたっけ?」と思うほど
ちんまり とされておりました。
光背って大事ですね。

音声ガイドは俳優の國村隼さんでした。
NHKの「大仏開眼」で聖武天皇を演じられたご縁からでしょうか。
大好きな俳優さんでしたので、迷わずレンタルしました。

音声ガイドは『必ず借りる派』な私。
こちらの音声ガイド機には、液晶画面が付いておりました。
さすが最新機器。

興福寺の国宝館リニューアルといい、こちらのミュージアムオープンといい
いいぞ仏教界!どんどん参拝者の目を楽しましてくれ!
それだけ、仏像が身近になってきたんでしょうかね。

だから・・・秘仏公開時は、LEDで照らしてくれよ!
ショーアップも大切だ。

さて、かなりの時間を費やして観ておりましたので、
お昼を食べて帰るような時間になりました。
東大寺近くの『夢風ひろば』に行きまして、
昨日の西大寺駅のカフェと同じ『幡・INOUE』で、お昼を食しました。
こちらは鉄道ではなく、森ビュー的な感じでしたが、
外は観光バスの停留場になっておりますので、
ちょっと外観が悪いですね(笑)

DSCF1610

鶏肉のから揚げとサラダの乗っけ丼です。
(勝手に命名)
DSCF1611
DSCF1613
あんまりにも居心地がいいので、
デザートまで食べてしましいました。

カフェの隣は、雑貨屋コーナーなので、
そちらで飴を購入。
昨日も、散々鹿サブレなど菓子類を買ったのに。
きな粉飴が美味しくて、紅茶ミルクの飴は
もっと買ってくれば良かったな。

楽しい時間はあっという間に過ぎて、
帰りの新幹線で「帰りたくない・・・」とブツブツ。

春ごろにまた行きたいなぁーと友人に打診しておきました。
奈良は第二の故郷ですな。

『また帰省します』
プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ