ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古

2010年03月

抗がん剤が再開になりました

腸閉塞や腹膜形成手術などが続き、中断していたアービタックスが
再開されることになりました。

昨日、腹部と胸部のCT画像を撮り、
診断の結果、著しく大きくなっていることは無いが、
蓄積されたアービタックスの効果が切れる頃なので、
抗がん剤を再開させた方がいいのでは?
ということでした。

ととさんの判断に任せており、口出しはしませんでしたが、

「投与中は効果があったことは確かなので、
大きくなるかもと不安があるのは嫌なので
また再開してください」という事を主治医に言いました。

アービタックスは毎週点滴投与がサイクルですが、
ととさんの場合は、

2週連続投与
2週間休む
のサイクルを3カ月続けて、3カ月休む

ということになりました。
とりあえず再開1回目は、大事を取って1泊入院となりました。

本日午前中は天気が良かったので、
久しぶりに散歩に行きました。

久しぶりの飛行機飛ばしです。

P1030197
         幸せの黄色飛行機

P1030201
     どうすれば飛ぶか研究中です

帰りに桜並木を見て、帰りました。
しばらくはまた忙しくなりますが、おいおいやっていきましょうね。

P1030203
      3部咲きってところですね
P1030205

 P1030209


「俺、毎日楽しいよ」と言ってくれた、ととさん。
心配かけまいとして言ってくれたとしても、
やっぱりうれしいです。

もう、大きな旅行に行けなくても、もう外で食事することができなくても、
日々の生活に幸せがあり、それを感じてくれるなら
それはそれで、よかったです。
 
P1030215
  ととさんと山に登りました(うそ、公園です)

P1030216
ととさんに声をかけると「うきゃっ」と猿に・・・
身体柔らかいね。。。。
 
『春です。スタートです』

第一回旅行会議

夏休みが年中行事の軸になっているのは
私だけではないはず。
ましてや夏休みの旅行のために、汗水たらして働いてるのも
私だけではないはず。
ただ今年の私は無職で夏休みの計画たてているという
なんとも「休み」という概念が崩れている状態なのだが。

会議室に選ばれたのは
銀座にある
「Cafe’Ohana」
家にいるような感じのいい雰囲気の小さなカフェです。
土曜日ということもあり、既に満席。
しばし次の場所を決めている間に席があき、運よく窓際に座ることが
出来ました。

100327_1435~02
     抹茶カフェオレ

早速旅行会議と思いきや、久しぶりだったので、
たわいもない話で2時間近く・・・。
お腹も減ってきたので、カレー類を頼みながら
本題に入りました。

今年もまた、7月の中旬頃に決定。
海外か国内か。
一時は馬鹿が着くほど海外贔屓だったが、
最近は国内旅行が楽しくて仕方がない。
迷わず今年も国内旅行になりました。

早速場所を変えて、JTBへ移動。
パンフレットでも見ようかということに。

カフェの窓から見えた路地を歩きたくて、
友達に頼んでちょっとルート変更。
だって、ビル裏フェチなんですもん。

100327_1642~01
  この感じたまらんです。

ビルの裏側や、側面の配管とかを見ると萌えるんです(笑)
配管フェチか?
銀座周辺はビルの建て替えが多くなっていて、
普段見ることが出来ない、ビルの側面を見ることが出来て、
その表とは想像もつかない汚れた感じの側面がむき出しなり
配管が這っている姿に萌える。
なんで工場萌えするタイプでもあるな。

その路地の途中で
「ボールペンと鉛筆の店 五十音」という
小さい店を発見。
中に入ると、所狭しとペンとアンティークペンなどが
売られていました。
しばし友人と「おぉ、おぅー」と声発し、友人がお買いもの。
楽しい空間でした。

路地を左折し、有楽町のJTBへ。
パンフレットやガイドブックを見ながら、しばしルート相談まで。
気分が段々盛り上がってきたところで、
またもや「茶でもしましょうか」と日比谷へ移動。

これまたネットで見つけておいた 
「ブレッツカフェ クレープリー銀座店」
行きました。
興奮冷めやらぬ、旅行話で盛り上がり、
小一時間前にカレーを食べたにも関わらず、またもや食事。
シードルとガレットとデザートクレープを食べていました。

今回の旅行では、装備を整える必要があり、
なんなら一緒に買いに行こうという計画なり、
第二回旅行会議の日程を決めて帰りました。

さて、今年の旅行先は・・・
またブログに早々と書くと、旅行に行けなくなるという
私のジンクスがありますので、また旅行記などをUPするまでは
秘密なのさぁー。

『食べるのも、また楽し』

お待たせしました

母親から依頼されて、大まかなスケッチを描いてから早1年・・・
仕事が忙しくて、全然進めることが出来ず、
やっと時間が出来て、完成することができた。
まぁ、出来はともかく。

母親が持っているバックを少しアレンジ。
ここが気に入っているが、ここはダメ。
ここは少し大きく、ここは小さく。
などと、色々注文をつけるもんだから、途中で「どぅえぇーー!!」と
なったが、なんとか完成した。
選んだ生地は、オーストリッチ風の合皮。
この生地がえらく縫いにくい。
失敗したが、投げ出すわけにはいかず、
両面テープが全く効かず、ホチキスなどで仮止めして縫った。

まぁ、気に入らないところ満載で、
売り物ならばB級品以下の出来なのだが、
まあ、投げ出さずに終えただけでも、よしとしよう。

P1030190
携帯入れと上と中間にチャックがあるポケット

P1030192
立体的に

P1030194
うしろもポケットを付けました。

P1030195
中のファスナーのポケットと裏地
まぁ、地味ですな。

『とりあえず完成』

薔薇とサムライを観て来ました

赤坂ACTシアターに劇団☆新感線の「薔薇とサムライ」を観に行きました。

P1030188

一時は全然チケットを入手できずにいた新感線ですが、
最近ようやく続けて取ることが出来ています。
前回観に行った「五右衛門ロック」の続編と思いましたが、
前作の五右衛門とは全く関係ないとか。
まぁ、キャラが良かったから今回もってことでしょうか。

今回は天海祐希さんが客演です。
日本出身の五右衛門が、なぜかヨーロッパの女海賊の
用心棒をしておりました。
その船長が天海さんです。
その扮装は、まさにジャック・スパロウそのもの。
さすが、この手の衣装が似合うとは。惚れ惚れします。
そして凄みのあるセリフ。しびれます。

そんな海賊だらけの場面で、五右衛門が着流しで登場。
違和感ありありなのですが、これまたカッコいい。
不思議な新感線のパラレルワールドです。

今回の舞台装置も斬新で、背景がすべてCG映像。
瞬時に背景を変え、海、室内、群衆等、場面転換が早いので
それだけで見飽きる暇がありません。
また、海賊船なども、船首と船尾だけが舞台上に置かれ、
それを出演者たちが巧みに左右に移動させて、背景がそれと相まって動き、
本当に船が自由自在に動いているように見え、とても面白かった。

宝塚時代からのファンも沢山来られていたようで、
ちゃんとその辺のサービスも忘れておらず・・・
というより、もろパロってるでしょ、あれ、って場面もたくさん。

五右衛門と組んで海賊をしていた彼女が、王家の血筋とわかり、
今は亡き国王に代わって、国を牛耳っている大宰相に対抗せんがため、
そして国の将来を暗示、仕方なくその玉座に座った。
しかし諸外国との国交を保つために、自ら軍を率いて海賊討伐を
することになった・・・。

その軍を率いた時に着た軍服は、まさにオスカルそのもの。
いや、まんまオスカルじゃん!
天海さんはオスカルを演じてないそうですが、
ファンとしてはたまらんコスプレ(すみません)ではないでしょうか。
そしてまた違和感が全くない!素晴らしい。

他の共演者も良かったです。
山本太郎くんは、結構歌が上手い。
また、侍と外人のハーフという設定だが、本当にハーフに見える。

神田沙也加ちゃんは、もぅぅ・・・やっぱり聖子さんの血筋だわ。
聖子さんがチラチラと垣間見えるもの。
いいポジションを見つけたわね。お父様の演技力とお母様の歌唱力。
ほんといいとこどりだわ。
ちょっとアイドル系を演じてたようですが、なかなか。

浦井 健治さんは、カッコいいんだが悪いんだか。
シンデレラストーリーにも出てましたよね。
三枚目も、あの時に比べれば随分上手くなったというか
自分を捨ててる(笑)
相変わらず、歌唱力もよいし。。。

古田さんと天海さんが最後に、ラメラメの金と銀の衣装で
出てきて踊るのですが、これがまたカッコいい。
やはり舞台役者はテレビではなく、舞台で映えてほしい。

今回も五右衛門ロックというだけあって、生バンが入って
ガンガン鳴らしていて、血が騒ぎました。
果てしなくカッコよくて、果てしなくくだらなくて、果てしなく面白い
劇団☆新感線。
これからも頑張って役者魂を見せてもらいたい。

そうそう、松崎様が演奏されていた。
最後のあいさつで見た松崎様は、相変わらず松崎様してました。
後半年もしたら、また会えますね。
拳を磨いてまってます

P1030189

『桜咲いたか赤坂サカス』

ホットサンドメーカー

我が家の朝食はパン食です。
長年、朝食は自分で用意というのが習慣になっており、
トーストしたパンにバターやジャムを塗って終わり
というのが定番でした。

ととさんは、腸を病んだ割には、相変わらずの野菜嫌い。
なんとか野菜や果物をバランスよく食べてもらい、
腸内環境を改善して、すこしでも楽になってもらいたいと
思っているのですが・・・。

朝昼晩で、どうにか分割して一日の野菜量を
取ってもらいたいと考え、朝食のメニューを見直すことにしました。
朝から野菜やスープなどを効率よく取るには・・・。

パンに挟めばいいじゃん!
で、どうやって?と思っていたところ、
ホットサンドを思い出しました。

ホットサンドメーカーって売っている?
昔見たことあるんだけど。
家電製品売り場に行ったところ、あるはあるは。
こんなにホットサンドメーカーがあるとは思いませんでした。
今は、プレートを変えるだけで、ワッフルや鯛焼きが焼けるのです。
お値段も手頃だったので、買ってきました。

シュアー マルチホットサンドメーカー SMS-802
シュアー マルチホットサンドメーカー SMS-802
販売元:石崎電機
発売日:2009-01-10
クチコミを見る
ピザ風や卵を挟んだり、蜂蜜で煮たリンゴにシナモンシュガーを
かけてみたり・・・。

P1030183
リンゴとシナモンシュガー・ピザソースにウィンナーと野菜

P1030156
卵にハムキュウリを入れて

鳥の照り焼きをスライスしたり、
スクランブルエッグを入れたりもします。
大胆に目玉焼きを入れることも。

すぐにレパートリーがなくなるかと思いましたが、
結構色々工夫できるもんですね。
ホットサンドにインスタントのスープ、ヨーグルト(果物を切って)を
添えて、食卓に出します。

ホットサンドのおかげで結構たべてくれるようになりました。

『朝食万歳』

プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ