ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古

2008年08月

本人が置いていかれて

客先にスカウトされて、雇用条件についての面談を繰り返し、
納得したら面接するよ。
って話になっていたのに、気が付いたら役員面接を受けており、
満場一致で即決、その場で採用を告げられました。

「あのさ。4回も面接受けさせておいてさ。その場で即決ってなにさ」と
まるでそのために、わざわざ集まって採用するのか
もう一度会議するのが面倒だから
今決めちゃいましょう的な雰囲気は何?と目を丸くしていると、
さらに、あれよあれよ人が入れ替わり、総務の方が現れて、

『社員証の写真を撮ります』だの
『必要書類に記入して次回入社日にお持ちください』だの・・・。

なんてせっかちな人々なのだろう。

限りなくサービス業に近い食品業社の会社なのだが、
人あしらいも、新鮮さが命なのだろうか。
ごめんよ、腐っている人間で。

「あぁ、そうか。ここに就職するのか。
ここでいいのかよ。流されてんな、あたし。
必然なのか、ここが?」などと、訳がわからなく
長い廊下をふらふらと歩きながら外にでて、
非現実的世界より帰還したような気持ちになった。

完全週休2日が4週6休になり、あたし体力的に平気だろうか。
6日連続勤務なんて出来るんだろうか。

まぁ、慣れだな。慣れ。慣れは都になるんだよ。
後は、退職日を指折り数えるだけだな。

『とりあえず、半月はとことん遊ぶ!』

ゼローダの投与量がきまりました

父親の体調を見て、減量したゼローダですが、
ここ数ヶ月の様子から、1回4錠を朝晩で(計8錠)2週間続け、
2週間休むということになりました。

通常であれば、ゼローダは3週間服用、1週間休みという
サイクルでするそうだが、
父親の場合は2週間服用、1週間休みになった。

5錠まで増やし、手足症候群の副作用が強くなったので減量し。
出来れば4錠は何とか飲んで・・・といわれていたが、
増やす代わりに、休みを多くして調節したようだ。

1週間程度の休みでは、回復する前に飲みだすので、
2週間休めるなら、薬が増えても(私的には)あまり心配にはならなかった。

酷くなった手足症候群の状態だが、
足の平の皮は、全て硬くなりベロベロと剥けだし、
全て剥けたら、きれいな足になった。
父親は元々水虫系(乾燥した?)の足だったが、
それもキレイに剥けた感じ。
黒い斑点のようなものは出たが、それも気になるほどではない。

手の平は、皮が剥けるようなことはないが、
「ささくれ」が頻繁に出来て、痛いという。
常に「ささくれ」が出来、ハサミで切っている。
また、指の付け根の皮膚が、ブヨブヨとした感じになった。
火傷をした後に皮膚の下に水がたまるような、
軽い感じではあるが、破けそうで怖いという。

手足の痺れは酷くなる一方で、最近の気温の変化に
敏感に反応するようだ。
ズボンのボタンや、シャツのボタンが外せないと
呼ばれることも度々ある。

しかし今日も元気にしております。

『暑いので散歩は控えめ』


あとすこし

久しぶりの日記になってしまいました。
あまりにも色々ありすぎて、書く時間もなければ、気力もありませんでした。

普通に仕事をしていたら、ある日突然来るはずもない方が来社され、
衝撃的な言葉を聞かされました。

「ここ閉めます」

自分が働いてる場所が閉鎖になるのは、人生2度目です。
ある時は、あるんですね。
ここを閉鎖して、本社(地方)の近くに新会社を設立するのだとか。

設立日も決まっていなければ、閉鎖日も決まっていない。
そんな不透明さを嫌って、相方さんは早々に辞めて行かれ、
今2人分の仕事を1人でやっています。
お弁当食べながら仕事して、残業の日々です。
正直辛いですが、これを乗り切ったら
何処でも働いていけるような気がしています。
とういうか、そう言い聞かせて頑張っています。

今までは経営者の顔が直接見えないような
状況で働いていました。
採用してくれるのは、人事課でしたから。
なので、退職せざるおえない状況になっても
「仕方がない」と思って納得していましたが、
今回ばかりは、小さな会社でしたので、
経営者から直接リストラを申し入れられた時は

「こんな人のために、自分の生活を崩されるのか」と思いました。

雇う側と、雇われる側。
あたり前なのですが「人に左右される」という状況に
今更ながらに驚きました。

たかが、こんな人のために、私の生活を・・・と。

あたりまえっちゃ、あたりまえ。
と笑われそうですが。

仕事をするのは、生活のためで、
会社のためだとか、好きなことを仕事にするとか、
そいうったことは、まったくありません。

生活のリズムにあった時間帯でそこそこ給料がもらえて
生活できれば、全然問題ありません。

ありがたい事に客先の方から
就職しませんか?という申し出を受けられました。
今度はファミリー経営じゃないので、少しは安心しています。

先日面談に言ったとき、
今の会社での基本給と有給休暇とその他お手当てなどの質問をされたとき、

「有給休暇は給料明細に記載されないので、
あるのかどうかもわかりません。夏季休暇もありません。
交通費以外のお手当ては、まったくありません。
残業代はでますが、あくまでも時給換算したものです」と
お話ししたら、驚かれていました。

さてさて、退職日だけは決めてきましたが、
この先何があるのか、まだ何も分かりません。
とりあえず、やれることをやるだけ。

まだまだ暑い日が続きますが、私の頭もパンクしないように
気をつけなければ。

そして赤塚先生の葬儀の様子を見ていて
『私の人生。これでいいのだ』と呟いてみたら、
笑いがこみ上げてきた。

これでいいのだ。

なんて素晴らしい言葉なんだろ。

『まっ、いっか』



プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ