ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古

2006年11月

半分終わりました

「もぉー12月かぁー。今年は何にもしなかったなぁー」と父親。
そんなことは無いだろうが!!

抗がん剤治療も半分終わりました。
ここ最近の父親は

・疲れやすい
・指先に色素沈着が見られる
・背中がかゆくなる
・腕が筋肉痛になった

という症状が見られた。

指先の色素沈着は広がり、
だんだん黒いシミが、手のひらや甲に移っている。
丁度バナナにシュガースポットが出来るようにだ。
一番大きくて、薬のカプセル大くらいのものがある。
真っ黒ではなく、ただ顔のシミのような色合いだ。

背中がかゆいのは、乾燥してきたからであろうか。
最近はかゆくて寝られないと言うことが多くなった。

昨日は、両腕が筋肉痛のように痛いと言い出した。
仕事柄、よく腕を使っていたので、以前も同じようなことを
言っていたが、仕事をしていない今、突然痛くなるのは
副作用だと思う。
実際、筋肉痛という副作用もあるのだ。

父親の腕と掌を揉み解していたのだが、
父親の掌は肉厚で、すぐに指が痛くなってしまう。
それを見ていた母親が

「お父さん、硬いスポンジあったでしょ。あれ、ニギニギしなさいよ」
と言ってくれた。
100円ショップで売っていた、握力をつけるものだ。

「あぁ、どこ行ったっけ。
 100万の札束もってこい。年中ニギニギしてやるから」と
ニヤニヤしながら言った。

「あら、そう」とつれない母の返事。

仕方ないので笑ってやった。

『気を使う娘』




ディズニーランドで買い付け

99b79a23.jpg


22日(水)に代休を頂き、ディズニーランドに行ってきました。
かれこれ片手ほどの年月行ってませんでしたが、いやぁー楽しかった。

お目当ては、ナイトメアバージョンのホーンテッドマンション。
すっかりナイトメアの装飾になっており、
友人とぎゃーぎゃーと喜びながら楽しみました。
向かいのお土産コーナーにて、ジャック仕様のアイテムを
買いあさり、その後は落ち着いて
その他のアトラクションをこなして行きました。

FPを利用したり、スタンバイでならんだり。
その間パレードを見ることも、ショーを見ることも無く
ひたすらアトラクションに徹しました。

夜のパレードでさえ、見ることもなく
ひたすら北斎にて、食べまくり喋り捲り。
店を出た頃には夢の後に散る人々。
しばらくすると花火が上がりだし、それも尻目に
開いていたアトラクションへ・・・。

アトラクションとお土産(菓子缶)を物色するだけの
買い付けツアーとなりました。

私の行った場所は確か夢の国だったのですが、
行った本人が、まったく夢に興味がなく・・・笑顔

2d67b7c5.jpg


『翌日は体力の現実にて、ひたすら寝る・・・』

もうちょっとね

1回目の抗がん剤治療が終わったばかりの頃、
父親の指先が少し黒みがかっていた。

抗がん剤を服用中にはなかったが、1クール目を飲み終わって
1週間たってくらいから、

指先:爪の生え際から第一関節くらいまでが、黒みがかっていた。

副作用のひとつで、色素沈着にあたるそうだ。
2クール目の現在も日に日に少し色が濃くなっている。
(といっても、知らない人が見たら、気が付かないと思うくらいの色だけど)
また、多少疲れやすくなっているようだ。
たまに食欲がないと言って、食べたがらないので、
少量ずつ食べてもらおうと思い、お皿に取り分けると
「もうちょっとね・・・」と言っておかわりを要求する。
思わず、顔を見合わせてゲラゲラと笑ってしまうのである。
食欲は十分にあるようだ。

最近テレビを見ていると、
ガンの話題が出てくるドラマやドキュメンタリー、情報番組などに気を取られる。
情報番組では、平気で「この段階で見つかれば助かる。5年生存率100%」と紹介し、
ガンになってからの情報等は少ない。
ドキュメンタリーもガンに打ち勝つのではなく、
こんなに壮絶な人生を歩みましたと紹介し、亡くなられた方を偲んで涙する番組ばかり。
ドラマでは、ガン=死なのである。


『ガン=人生(生活)を見つめ直す』

トイレの怪

父親の努力のあとである・・・

cf5ec313.jpg


父親は直腸癌だったために、直腸を全摘しており
その影響で便を貯めるところがなく、後遺症として頻便で悩まされている。
人工肛門閉鎖術をした後は、一日何回出たのかと報告するため
正の字で回数を記録していた。

退院後もしばらく続けていたが、
今は上記の写真の用に、その日何時に出たかを
何故かトイレットペーパーの芯に書き記している。
見えるだろうか、一番上の12:40とは、夜中の0:40のことである。
この行を見ただけでも大変さが分かるが、この日はまだいい方である。

この時間の記録で、自分のペースが分かってきたようである。
タイミングを知る上でともて参考になったようだ。

涙ぐましい努力である・・・
と思う前に、芯一杯に書かれた数字を見て

「怖っ!耳なし芳一・・・」と思ったバカ娘であった。

『芯一杯の数字』

2回目の抗がん剤治療開始

今日から2回目の抗がん剤治療が始まりました。

外来に行って、前回同様

?吐き気止め
?カンプト
?生理食塩水

の点滴の抗がん剤から開始。

血液検査の結果は

抗がん剤服用時    2週間お休み後
白血球:4740μl  →    6990μl

と数値が上がっていました。

また服用する薬の「TS?1:ティーエスワン(25)」が
「TS?1:ティーエスワン(20)」に変わり、
前回より軽いものになりました。
吐き気止めの錠剤は今回はなかったようです。

TS?1を3週間服用し、また2週間休んで次の外来です。
そのときの検査結果によって、このまましばらく続けるか、
または、今回で終了になるか決まるようです。

前回同様、抗がん剤の点滴が終わってからの吐き気もなく、
お腹がすいたとラーメンを食べて帰ってきたそうです。
その後、また頻便になり、苦労して帰ってきたようですが・・・。

今回は少し軽いものに変わったので、
脱毛は止るかもしれないと先生に言われたようですが
果たしてどうなることやら。
3週間、気を引き締めて頑張りたいと思います。

そうそう、人工肛門閉鎖術の後の傷口ですが、
キレイに平らになりました。
最初のうちは、お腹にポッコリと小山が出来たような、
耳をペタンと畳んだような傷口でしたが、
いつしか平らになり、傷口の線だけが残りました。

『頑張りましょう』






プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ