ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古 洋裁作品をUPしています。 他に旅行記や闘病記なども。

スタンドカラーVネックワンピース mionさんから

mionさんから、スタンドカラーVネックワンピースを作ってみました。


DSCF3261

前後の裾が、段違いになっており、
155センチの私が着ると、後ろ見ごろの裾は
ふくらはぎの中間より若干下になり、かなり長い感じに見えます。
ローブコートなどと一緒に羽織っても、裾は出なかったので、
ワンピース丈と同じですね。
前身ごろは、ひざ下になりますので、全体的に見ても
ズルズルした印象はありません。

DSCF3265

前身ごろのVネックのところは、タックを片側に折りたたむように
縫いつけ、フンワリと立体的になるので、いい感じです。

DSCF3269

後ろ見ごろのヨーク下は、タックとギャザーの
2種類から選べました。
ギャザーは見幅増量の型紙が付いていました。
かなりの分量になると思ったので、
布地の分量を考え、今回は後ろタックのすっきりタイプにしました。

DSCF3270

ドロップショルダーで肩が落ちるので、
かなり身幅が余ってしまい、脇にかなりのタプタプ感があります。
なので、これでギャザー分を増やしたら、
どれだけタプタプになってしまうのかと・・・
後ろ身頃の裾が、前側に巻き込むようになったりしないのかな?
身長が低い私には、多分ダメなような気がする・・・・。
身幅を少し削ってギャザーバージョンを作るか、
検討したいと思っていたのですが、
出来上がったものを着てみたら、
あまり似合わないことが判明。

やはり、身長がある人が着ると似合うんだろうな。
と、言い訳。
ただ、着こなせてないだけなのに。すみません。

今回使用した生地は、千鳥柄の、メンズ用のシャツ生地でした。
某ファミリーセールの、紳士服売り場を徘徊していたところ、
一着分、300円で売っていました。
ほかにも色々あって、女性が着ても大丈夫そうな、
チェック柄を買ってきました。そちらは母にシャツを作ってあげました。

紳士服のスーツ物を売っていた店だったので、物はよかったです。
また、行ったら買ってこよう。

『着こなしもセンス』


ポルカドロップスさんのあおりトート

ポルカドロップスさんのあおりトートを作りました。

生地は、ハリーツイードの端切れと帆布で作りました。

DSCF3203

もう、春になろうかというのに、
冬物の生地でごめんなさい・・・なのですが、
義理姉にプレゼントしようかと思います。

DSCF3206

今回で、2個目なのですが、
出来るたびに、縫いの技術を上回る完成度(に見える)がすごい。
前日に布を裁って、一日で完成しました。
気軽に縫ってプレゼントできるので、
重宝するパターンです。


DSCF3214

中は、グレンチェックの生地で、
これまた端切れです。

端切れ消費ができるので、小さなバックやポーチはいいですね。
そういえば、日本ヴォーグ社から出ている
「すぐれものポーチ」という、洋裁本。
なかなかよい物が出ていたので、買ってみました。

ボチボチ作っていけたらと思います。

『喜んでくれるかな』



三年物のチュニックドレス

心地いい服わたしのスタイルから、またもやチュニックドレスを作りました。
これで4着目です。どれだけ好きなんだろうか。

と、いうより新しく型紙を写すのが面倒くさいということもある。
今回はチェックのネル生地を使用。
買ってから3年くらい寝かしてしまった生地だ。
1メートルで400円くらいの安い生地ですが、
まぁまぁいい感じに縫えました。


DSCF3184

せっかくのチェックなので、
前ヨークをバイアスで取って、斜めに配置。

DSCF3195

前たては普通に裁ったので、
本体と柄が合うように、柄合わせに苦労しました。

DSCF3193

DSCF3197

後ろヨークも、前と同様バイアスで裁ってみました。

フリーサイズなので、かなり大きいので、
地厚なネル生地だと着た時にどうなるかと思いましたが、
普通にワンピースになりました。

とりあえず安かったので買ってしまい、
何を作るでもなく、待たせてしまってごめんね。
と布に一言。とりあえず、まだ寒い日が続きそうなので、
せめて1回は着て出かけてあげたいかな・・・と思います。

『布滅ぼし』

家においでよ

年も明けたので、ととさん のお墓参りに行って来ました。
帰りに、東京駅で降りてブラブラと駅構内を探検して、
最終的に大江戸骨董市にたどり着いてしまいました。

母が骨董市が大好きなので、これまたブラブラと歩いていると、
ガチンっと目が合ってしまったのです。

DSCF3107

招き猫です。
可愛いぃ・・・。
どこを見ているか分からないところが、またいいのです。

白い猫の額に1000円の値札。

一匹だけ買うと、もう一匹が可哀そうでしょ。
でもね、二匹で2000円は、連れて帰れないの・・・

へっ?とご店主。

だから、二匹で2000円では、連れて帰れないのね。
どっちも可愛いし・・・

あぁ、1500円でいいよ。

マジで?買う、買う、買う。

ということで、わが家へおいでと連れて帰ってきました。

古いものじゃないよ?とご店主。

うん、いいの、いいの。

DSCF3108

昨日、無印良品の500円クーポンを使わずして失効してしまって、
静かに落ち込んでいたら、今日、500円得してしまった。
やはり金は天下の回り物であります。

多分ね、捨て猫を拾った感覚に似ていますね。
この子らがじっと見つめてきたんです。
どこ見ているか分からない目をしているけど。

『よろしくね』

縫い収めて縫い始め パタレのワンショルダーバック

今年も明けてしまいました。

12月31日まで働いて、すでに明日から出勤するという・・・。
仕事納めも始めもないようななか、着々と縫い進めた
パタレさんのワンショルダーバック。
1月1日に完成しました。

DSCF3088

1年以上寝かせてしまった、モザイク柄の迷彩生地です。
数年前に兄に作った ワンショルダーバックが
古くなったようなので、新作を作ってあげました。

DSCF3093

型紙を反転させて作っておりますので、
説明書の間違えそうなところは、事前に赤丸や書き込み
マーキングなどしていたので、あまり間違えずに縫うことができました。

DSCF3094

モザイク柄の迷彩生地
本体は11号帆布のグレー
ポケットの中は、アウトドア用の防水生地 グリーン
本体の裏中布は、アウトドア用の防水生地 グレー

を使っております。

DSCF3098

前胴を反転させて作っておりますので、
中のファスナーポケットも反転させています。
そして、ペンをさせる内ポケットですが、
2本もペンは要らないと思ったので、
1つだけにしました。
その分、内ポケットが大きくなったので、入れやすいかと。

内背胴のポケットの深さは、内ポケットの底辺あたりで
縫ってしまい、浅くしています。

前のバックを兄のお友達が、一万円くらいで売ってそうな
クオリティーと褒めていただきましたそうで。
パターンがすごいのであって、縫いは酷いですよ。
どんでん返ししてなかったら、中はフランケンな縫い目がたくさんです。

とりあえず、今年も間に合ってよかった。

今年もどんどん縫いますよ。

『やってよかった』



プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ