ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古

'17年倉敷・香川・徳島旅行 9月12日 奥祖谷観光

本日は祖谷渓の観光です。

あいにくの雨模様。結構土砂降りです。

 

朝ごはんを食べて、タクシー観光スタートです。

昨日送ってくれたドライバーさんでした。

まずは、足慣らしに、近くの吊り橋に連れて行ってくれました。

タクシーを降りると雨が止んでおりました。

 DSCF4403

 

谷間の美しい朝靄が幻想的で、空気も澄んでいてすがすがしいです。

DSCF4409
(雲が産まれています)
 

落合集落が見えてきました。展望台が用意されていて

村が一望できます。おとぎ話に出てくるような

そんな村です。ジグザグになった道も見え、

かやぶき屋根も見えます。宿泊施設もあるそうです。

DSCF4429
 
 

そして、村人より案山子人口が多い「名頃」という案山子の里で有名な

場所を訪れました。

DSCF4415
 
 

道々に案山子がおります。

「あのガレージで背を向けて座っているのも、案山子ですよ」
と運転手さんに言われましたが、

「えぇ、まさか」と思っていましたが、本当にそのようです。

微動だにしません。

DSCF4437
 
 

案山子工房があるというので、そちらも言ってみました。

すると、寝ているお婆さんの姿が。

DSCF4449

 

「うるさくしてすみません」と近づくと、案山子さんでした。

身体の芯が新聞紙で、顔や手などは綿で出来ているそうで、

顔の表情もよくできていました。

DSCF4457
 

 次に向かったのは本日のメイン観光。

二重かずら橋です。

こちらのかずら橋は、男橋、女橋と二つ並んでかけられており、

通行料を払えば、何度でも渡ることが出来ます。

 

(昨日見た、かずら橋は、通行料を払ったら1度だけ渡れるそうです。)


DSCF4460
  

奥祖谷は、それほど人が来ないみたいで、

時間を待たず、すぐに渡ることが出来ました。

DSCF4468

 

ワイヤーが見えるものの、ほとんど蔓で出来ています。

そして、足場の隙間が大きいこと。

踏み外したら、太ももまで落ちてしまいそうです。

いや、私は足が太いから大丈夫か?

DSCF4479
 

 

ゆらゆら揺られながら、渡りお互いに写真を取り合いましたが、

スマホなどは、落としてしまいそうで、怖いです。

 
DSCF4489
 

男橋を渡り、次に女橋も挑戦。

男橋に比べ、高さも長さも小さかったです。

そして、野猿にも挑戦。

DSCF4501

 

こちらは二人で乗れるものだったので、

一緒に乗りました。

川辺に降りたり、橋を渡ったり。

一時間ほど時間を作ってもらったので、十分楽しみました。

 

お昼になったので、温泉街の方まで下山してきて、

お蕎麦を食べました。祖谷は「うどん」ではなく、お蕎麦が売りだそうです。

DSCF4569

 

昨日の夜も食べた、でこまわし という郷土料理。

でこ とは人形のことだそうで、頭が丸く蕎麦団子になっており、

胴体は、硬めの豆腐、裾はこんにゃくで、甘めの味噌で焼いてあります。

本当に美味しかった。

DSCF4573
 

 

次に向かったのは渓谷に立つ、小便小僧さんに会いに行きました。

むかし、このあたりの子供たちが、度胸試しにやっていたことを

模しているそうです。

DSCF4591

 

足元の岩は、天然の岩で、当時のままだとか。

本当に道路っぱたにあります。ガードレールの向こう側。

DSCF4599

DSCF4600
(雨が鼻水のように・・・風邪ひかないでね)
 

 次に向かったのは、川下り。

なんとか雨が持ってくれていましたが、このあたりから

降りが強くなってきました。

それでも、船には屋根が付いているので、観光できます。

いささか短い船旅でしたが、楽しむことができました。

今まで乗った、川下りで一番短かったのではないでしょうか。

DSCF4623
 

 6時間コースで、帰りの電車時間に合わせていただき、

祖谷観光が終わりました。

DSCF4637
(子泣き爺の里だそうです) 

 

十分多能出来ました。ありがとうございました。

運転手さんもとても気さくな方で、本当に良かったです。

 

特急にのり、鳴門へ移動しました。

本日の宿はルネッサンスリゾートナルト。

 

夕食はフレンチにしました。

ビールを飲んで、スパークリングの日本酒を飲みました。

DSCF4660
 
DSCF4666

DSCF4682
 

楽しく食べ、飲み・・・友人が二重に見えてきました。

二重かずら橋ならぬ、二重の友人。

「酔っぱらうと、本当に物が二重に見えるのね」と笑いながら、

お部屋に戻るなり、気を失うように眠りました。

 

明日は、大塚美術館と渦潮観光です。

『足元がゆらゆら』 

'17年倉敷・香川・徳島旅行 9月11日 金毘羅山観光

本日の観光は、金毘羅参りです。

 

そろそろ自力では登れなくなってくるのでは?という

体力年齢を感じるお年頃。

最近の旅行の選び方は、今のうちに行っておかないと・・・が最優先。

 

お宿から参道まで、プラプラ歩きながら、

参道のお土産屋さんも開店準備を始めるような時間帯から登りました。

DSCF4153
 
 

本当に階段だらけの参道です。

まずは、本宮までの785段を頑張らなければ。

途中、途中で、看板に励まされながら、また手を抜くことも教えられながら、
DSCF4157

 

終わる、終わる詐欺のように、

「ここ?着いたの?」と思うような、立派な楼門や大門、極めつけが、

本宮と見まがう「旭社」なる場所。

勘違いして、ここで引き返す人が居そうなほど、立派です。

 

が、ひたすら登ったのではなく、途中「表書院」により、休憩。

というか、円山応挙の障壁画があるというので、

是非!寄り道をと、見学することにした。

いや、半分は休憩か。

 

虎之間は格別にすごかった。猫ぎみの虎たちが(笑)

愛嬌よく描かれていて、よく見ると豹まで紛れている。

各部屋をゆっくり見させていただき、ここに未公開の伊藤若冲の間も

あると知りました。係りの人が図録を見せながら説明してくれましたが、

まぁ、それはそれは壁や天井すべてが植物図鑑のような感じでした。

機会があれば、是非見てみたいと思いました。

 

いよいよ最後の頑張りどころとなりました。

DSCF4196
 

やっと本宮に着きました。

DSCF4211
(なんか旭社の方が立派なような・・・)

しかしながら、まだまだ頑張れそうです。

ここまで来て、奥社に行かずしてなるものか。

入れるところは入っておけ、登れるところは、登っておけが心情な私たち。

迷いなく、奥社へ向かって!!

DSCF4217
 

 

奥社は、ほぼ山道となります。

途中、本当にこっちでよいのか?と思うような

登山道ですが、ちゃんと階段も整備されており、

心が挫けそうな時の、慰めてくれる看板もなく、

ひたすら登り、あぁ、もう駄目かもと思ったところにようやく奥社!!

DSCF4225

(折り返しても、まだ階段)

DSCF4237

ねぎらいのお言葉も地味。
奥社はパワースポット。はいはい。
計1368段頑張ったんだからって、はいはい。

DSCF4226

 
 

まぁ、達成感だけでホクホク顔。

崖のカラス天狗と天狗の石造を拝みつつ、下山いたしました。

つくづく、地元の方々はこれを頻繁に登っているのかと思うと

頭が下がる思いで・・・と友人に話すと、

「案外地元の人は麓から、ありがたや、ありがたやと拝んで

終わりだとおもうよ」とのお言葉。妙に納得。

 

そろそろお腹が空いてきました。

下山途中に、何故か資生堂パーラーを発見。

何故資生堂?

美味しそうなランチプレートがあったので、レストランに行くことに。

 

ちょっと汗臭くて、場違いなくらい高級チックでしたが、

優雅にランチを頂きました。

DSCF4253

 

DSCF4261

東京に居ても、資生堂パーラー入ったことが無いんだけどね。

次に訪れたのは、金丸座。

歌舞伎の芝居小屋で、今は毎年ここで歌舞伎を上演するようになったとか。

公演をしていないときは、見学できると聞いたので、行ってみると、

予想に反して、とてもよい場所でした。

DSCF4268
 
 

せいぜい、客席から場内を覗くだけだろうと思っていたところ、

なんと、花道を歩いて舞台上にも上がれるではありませんか。

感激どころではなく、大興奮です。

DSCF4270
 

素晴らしい芝居小屋です。ガイドの方の説明も楽しく、

なんと奈落まで見学することができて、

人力のすっぽんや、回り舞台の装置まで見ることが出来ます。

DSCF4285
 

 

観客の歓声や、鳴り物が聞こえてきそうな場所。

多くの役者さんが演じたこの舞台に上がれるだなんて。

勘三郎さんも、ここを歩いたのよね。と思うと涙が出てきます。

建築物を見せていただけるだけではなく、体験させてくれるこのような場所は

本当に貴重だと思います。

 

興奮冷めやらぬ、この場所を後にしましたが、

実はここで電車に乗り遅れておりまして。

次の電車で祖谷渓の大歩危駅を目指します。

 

本日のお宿は、天空の露天風呂がある、ホテルかずら橋。

大歩危駅について、バスを利用するはずでしたが、

タクシーが待っていたので、タクシーで行くことに。

2800円くらいでしたでしょうか。

ちょうど、明日は時間を考慮して、タクシー観光にしようかと

思っていたので、ちょうどいいやと、タクシー観光のご相談を

させていただきながら、ホテルへ向かいました。

 

それにしても、信号が無い・・・。

 

宿について、早速ケーブルカーに乗って、天空露天風呂へ。

洗い場が2つしかなかったので、内風呂に入って、

あったまるだけにした方がよさそうでした。

それにしても、気持ちのよい露天風呂でした。

 

ケーブルカーは自分で操作するので、大変楽しかったです。

食事は、囲炉裏端で。郷土料理を堪能。

DSCF4349

 

夜に、かずら橋のライトアップツアーがあるというので、参加。

DSCF4394

 

ボンネットバスに揺られながら、かずら橋へ。

ライトアップというより、肝試しのようなツアーでした。
 
DSCF4369
(緑のライトアップって、妖怪が待っていそうです) 

 

明日は雨降りのようですが、奥祖谷まで行きます。

二重かずら橋に挑戦です。

『舞台上で見得を切る』 

'17年倉敷・香川・徳島旅行 9月10日 直島観光

2日目は現代アートの宝庫、瀬戸内の島々から、直島観光を選んだ。

本当ならば、豊島も行きたかったのだが、
日帰りで、しかも2島掛け持ちは、
交通の便からも無理でした。

 

初日に、岡山の宇野港から、どちらか一方の島を見てから

四国初上陸としてもよかったのだが、

今回のテーマは「橋」瀬戸大橋を渡るには、
やはり昨日のルートが最善。

 

JRホテルクレメント高松の朝食。

ホテルにパン屋さんがあり、パンがとても美味しかったです。

s-DSCF3954
 (
パンが美味しいホテルが好き)

 

チェックアウトをし、そのまま荷物を預けて、

ホテル裏にある港へ。直島まで高速船で25分ほど。

事前予約はないので、30分ほど前に乗船券を購入。
小さな船でしたが、
思ったよりも揺れず、
船酔いもなく、あっという間に直島へ到着。


s-DSCF3972
 (デッキの席を確保、海風が気持ちよいが、排気ガスがちょっと・・・)

 

ここでの移動は、バスかレンタサイクル。

日曜日ということもあって、町営バスの臨時便が増発。

地中美術館への玄関口、つつじ荘のバス停まで移動。

つつじ荘のバス停では、ベネッセのシャトルバスが待機しており、

そのまま乗り換えて、地中美術館へ行くことが出来ました。

s-DSCF4015
 

 

チケットセンターから、美術館へのアプローチ。

 

モネの睡蓮の池を模しているようで、

ジベルニーのモネの家と同じような植物が沢山

道端に咲いておりました。

まるで、モネの絵に入ったような感覚です。

s-DSCF3994
 
 

地中美術館は安藤忠雄さんが設計。

安藤さんの設計した建物が好きなので、

是非、地中美術館に行きたいと思っていました。

コンクリートむき出しの、光と影の対比が美しい、

そして傾斜による部屋割りなどがとても美しかったです。

作品の部屋に入る前に、必ず待機させられます。

人数によっては数十分待ちの時も。

 

最初に入った「タイム/タイムレス/ノー・タイム」という作品で圧倒されました。

教会にでも入ったかのような荘厳さ。

むき出しのコンクリートの壁。階段状になった室内。

金箔を貼られた木製の四角い彫刻。

そして、階段の途中に巨大な花崗岩の球体が置いてあり、

天窓からの降り注ぐ光に照らされています。

その天窓が、黒い球体に映り込み、青空が切り取られたように見えました。

 

人数を制限して見せてくれるので、ゆったりとした気持ちで、

この光と影の空間を楽しみました。

見え方が、外光に左右されるのであろうこの作品。

日がな一日、見ていたいと思う作品でした。

 

次の部屋は、クロード・モネの作品。

睡蓮シリーズです。

こちらの部屋も、外光が取り入れられています。

床一面にキューブ型の大理石(?)が敷き詰められています。

そのキューブが面取りされており、なんとも可愛らしく、

靴を脱いでの鑑賞ですが、スリッパを脱いで感触を楽しみ、

石のヌメッとした感触は気持ちがいい。

 

薄暗いホールから、展示された部屋へ移動すると、

なおさら外光のやさしい光が、モネの作品を包み込み、

室内なのに、外で観ているような風と光を感じ、

身体がざわざわと感じます。

 

出る際に床に1つだけ色違いの石を発見しました。

そこが、また可愛い。

 

ジェームズ・タレの作品。

こちらも不思議な体験をしました。

作品を体感するという感じでしょうか。

作品の中に入れるようになっていますが、それがまたとても

不思議な感じで、どこまで進んでいいのかわからず

空間というか、無を感じる場所でした。

 

あれは、予備知識なしで行った方が本当に面白いですね。

多分2回目では、あの間隔、感情はわかないでしょうね。

 

3名のアーティストのみの展示でしたが、

とても好きな場所となりました。

 

カフェにて、食事をし、最初に訪れた球体の部屋へ再度行き、

次の李禹煥美術館へ移動しました。

s-DSCF4022
 

途中下車をしても、案外シャトルバスには順調に乗ることが出来ました。

こちらの建物も、安藤さん設計の美術館。

こちらの美術館も空間がとても素敵で、

入口の鉄製の自動ドアには驚きました。

 

石を題材とした作品群が素敵でした。

石の意志というか、石の記憶をプロジェクターに映し出した

映像作品がとても素敵でした。

ミュージアムショップで売っているものが

案外素敵で(失礼)今になってなんで買わなかったのかと

後悔しております。いやぁー、残念。

 

その後、ベネッセハウスに移動して、

ホテルと併設のこちらの美術館内を楽しみ、

シャトルバスでつつじ荘へ戻りました。

しかし、ここからのバスの接続が悪く、

港へ戻る町営バスの臨時便はなく、

30分以上待ちました。

 

そこで、時間が無くなり、港へ直接戻り、

周辺を見て、高速船を待ちました。

 

たまたま入った路地に、直島銭湯があり、

外観だけ楽しみ、港の赤カボチャや、新しくできた作品を見て回りました。

s-DSCF4054
(直島銭湯 ポップすぎる・・・)

s-DSCF4081
(フェリーもカボチャ柄)

s-DSCF4096
(空のパッチワークが素敵)

s-DSCF4098

空間や建物を楽しむ美術鑑賞。とてもよい経験になりました。

 

高速船で戻り、荷物を受取り、琴平へ移動。

本日のお宿「華の湯紅梅亭」

s-DSCF4106

s-DSCF4108


 

和様式のお部屋で、素敵なお部屋でした。

夕食も、多からず少なからず。残さず食べられ、ご飯は釜戸で炊いたご飯で

とても美味しかったです。

s-DSCF4126
(石焼ステーキ)

s-DSCF4133
(初めての釜たまうどん。卵かけごはんのようでした)

明日は、金毘羅さん観光です。

階段、大丈夫かしら?

『光と影の芸術』 

’17年倉敷・香川・徳島旅行 9月9日 倉敷

今年の夏休みのテーマは「橋」

 

徳島の祖谷渓谷の「かずら橋」を渡るのがメインで計画したこの旅行。

最初は岡山からスタート。

s-DSCF3867

 

岡山と言えば倉敷美観地区。そしてフルーツ天国の岡山。

倉敷につくなり、直行したお店が「くらしき桃子」のフルーツパフェ。

お店の前には、すでに行列が出来ておりましたが、開店直後なので、

まだまだ少ないほうかと。

 

先に会計を済ませて、二階のカフェスペースへ。

桃の丸ごとパフェを注文しました。

可愛い。桃がゴロット丸ごと器に盛られています。

なかにもたくさんの桃。新鮮でとても甘くておいしかったです。

s-DSCF3838
 

 

街並みを見ながら、雑貨屋さん巡り。
 

デニムを売りにしている洋服屋さん。とってもおしゃれな感じで

かといって、観光客向きな感じではなく、

物作りにとても誇りを持っているような感じの店が多かったです。

 

友人も私も、早速洋服を買ってしまう始末。

作り手側のお話を聞き、こだわりを聞いて、さらに気に入り・・・。

ここ数年は、なんかそんなお買い物の仕方になってきました。
 

 お腹もすいて来たので、イタリアンのお店へ。

「林源十郎商店 倉敷生活デザインマーケット」内にある、

石窯ピザにひかれて「CONO foresta」へ。

s-DSCF3850
(テラス席も素敵なお店でした)
 

こちらもお昼待ちの方が多くいましたが、名前を書いて、待っているあいだ、

表にある、雑貨屋さんや洋服屋さんを見て歩きました。

s-DSCF3852
(ランチの後、すぐに戻ってワンピースを買ってしまいました) 

 

ピザがモチモチのカリカリでおしくて、

パスタは太めの四角い形で、一見うどんのよう。

とても美味しかったぁー。

s-DSCF3856
(今見ても、ヨダレがでそう)
 
DSCF5025
 (四角いパスタ。触感も面白かった)

 

ふらふらと歩きながら、店を見て歩き、

さらに別腹警報発令で、次のフルーツパーラーへ。

s-DSCF3888
 
 

パーラー果物小町

フルーツパンケーキを頼みましたが、一皿分しかできないと言うので、

お腹もそこそこだし、ミックスジュースとパンケーキを頼みました。

 

いやいや、そこそこボリュームのある、

二人で分けても食べごたえのあるパンケーキでした。

シャインマスカットの美味しかったこと。

 
s-DSCF3892
(イチジクが入ったミックスジュースも美味しかったよ)
 

少々食べ過ぎて「げふぅー」となったところで、

このまま移動して、高松へ向かいました。

 

あっという間の倉敷美観地区。

案の定大原美術館へは行けませんでしたが、

目的がフルーツ天国でしたので、まぁ、いいか。

 

マリンライナーにのって、最初の橋「瀬戸大橋」へ。

海が見えた!橋を渡ってる!!と思ったのもつかの間、

あっという間に渡り終えてしまいました。

なんとあっけない。というか、近すぎ四国。

 

人生、四国初上陸はあっという間に終わってしまいました。

 

高松駅について、本日のお宿、JRホテルクレメント高松へ。

駅直結ではないのね。港側へすこし歩きます。

 

明日は直島観光へ行くので、移動が楽なこのホテルを予約した。

部屋に入ると、オーシャンビューで、
眼下に明日乗るフェリー乗り場がすぐに見えた。

明日も晴れるといいな。

 

本日の感想としまして、倉敷ですが、

おしゃれなお店が多かったです。完成された空間に、

いささか入りにくい感じを受けたお店や、入りやすいが、

手に取って眺めるだけで終わってしまうお店。

どうやら、作り手の顔が見えるようなお店が好きなんだなぁと思う今日この頃。

『モノづくりが好き』
 

バルーンパンツ

mionさんのバルーンパンツを作りました。

相変わらず写真が悪くて、いいものに見えないのが、
パターンの作者さんには申し訳ないのですが。

s-DSCF3814


s-DSCF3816

 お腹まわりは、2本のタックのおかげで、
ウエストゴムでも、もたつかないで大変良かったです。
サルエルパンツの形なのですが、
極端に股下が下がっていないので、初めてでも抵抗が無かったです。
スカートをはいているような感覚で、
ズボンなのに、とても楽でした。
本日は猛暑日でしたが、裾下から風が通り抜け
とても快適でした。

パンツ丈は、足首が見えるくらいのシルエットがよいかと・・・と
書いてありましたので、背の低い私は、3センチほど丈をつめました。
テーパードだったので、裾から3センチつめたのではなく、
股下を3分の2ずつ区切り、
1.5センチずつ分けてパターンを修正。

ウエストも4センチ幅のゴムベルトを使用できるように
太くしたのですが、布地の厚みがでてしまい、
上手く入らず、結局指示書どうおり、3センチのゴムベルトを使用しました。

ほんとうに、不思議な形で一見、太って見えるのですが、
それ以上に可愛さが出ます。すごいです。
まさに癖になるパンツですね。

写真には撮っておりませんが「FLWのソーイングとスタイル」の
パターン本のサルエルパンツ。
あれはすごいです。本当にシルエットが綺麗で、おすすめします。
パンツの縫い方もとても面白くて、
ゴムベルトの太さが4センチもあり、この太いベルト幅が
とてもよかったので、今回のパンツにも取り入れたほどです。

まぁ・・・腕がへっぽこだったので、実際はゴムベルトが入らないという
顛末だったのですが。

しっかし、買った「中川のモンペ」やら、作ったズボンやら、
最近はウエストゴムの物ばかりだわ(笑)

今回使用した生地は、ポランカのリネンさんの
リネンデニムでした。

布の厚みがあり、いかにも「麻です」という感じの
言葉は悪いですが「麻袋」という感じを受けました。
しかし、ジーンズと見まごうばかりの、布地で、
履いていてとても快適でした。
チクチク感はまるでありません。
この生地で、FLWさんのサルエルパンツを作ろうかと思っています。

『ピエロみたい』
 
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ