ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古 洋裁作品をUPしています。 他に旅行記や闘病記なども。

「大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」に行って来ました

10月に入り、何かと時間を取れるようになったので、
気になる美術展に連続して行って来ました。

東京国立博物館で行われている
大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」に行って来ました。 

快慶と聞けば、行かない理由はありません。
快慶だけではなく、慶派の定慶・行快の作品があります。

今回は、平成館での展示ではありますが、
特別第3.4室のみ、片側(エスカレーター左側の展示室のみ)
だけの展示規模となっていました。

あれ・・・ちょっとこれは・・・と
あまり期待できないのかと思ったところ、
大変すばらしい内容の展覧会となっておりました。

寺院内では、別々に安置されているそうですが、
釈迦如来坐像とそれを取り囲む、釈迦の10人の弟子
「十大弟子立像」が、10体揃って初公開となりました。

中央に座しておられる、釈迦如来坐像は、
快慶の弟子、行快の作。
そのお顔は、切れ長の目が涼やかに、とても美しい顔立ちです。
仏像の顔が美しくて、見惚れることがありますが、
久々に「この美しさは別格」と思うほどのものでした。

しばらく、顔面直視で動けませんでした。
360度ぐるりと拝見することが可能。
しかもガラスケースなしなので、床に光背の影が落ち、
その影も幻想的なものになっています。
影を踏まないように移動すると、
十大弟子の像が、お釈迦様を見守るように
配置されています。

その中の「木犍連」像は、長老の神通第一
いざという時は、超能力が使える方だそうです。
この方の像がとにかく、すごみがあり、
今だに、修行中でそこに佇んでおられる・・・という
感じに見え、そのリアリティーのすごさと言ったら、
今存在しているようでした。

各それぞれの頭の形にも特徴があり、
それは頭蓋骨感がでており、生きているようでした。

次の展示室では、六観音が展示されていました。
六観音は、地獄をはじめ六道に堕ちた人々を救ってくれるそうです。
光背も、台座もほぼ初期の姿で見られるのだとか。

横一列にならんだ、菩薩様たちのお姿は圧巻であります。
その世界観に紛れ込んだようでした。
美しい光背は、10月28日まで、その後は光背を外して
背中も間近に見られるのだとか。

それは・・・
宝塚歌劇団の大階段を、トップスターが、
大羽を背負わずに、歩いてくるようなものじゃないですか!
迫力が違う、煌びやかさが違う!

仏像に煌びやかさを求めてはいけないのかもしれませんが、
この美しさをご覧ください。

DSC_0085
    聖観音菩薩立像

DSC_0071

DSC_0068

こちらの聖観音様だけ、
特別に写真撮影が可能でした。

この光背が外されたら・・・
ちょっと残念ですよね。

小規模ながら、素晴らしい展示の数々。
平日でしたが、あまり混みあうこともなく
ゆったりと観られた、久しぶりによい
展示を見ることが出来ました。

帰りに、東洋館にたちより、
ミュージアムシアター「江戸城の天守」を見てきました。
こちらもおすすめです。

『影の美しさもあり』

アウターブラウス

最近作った、ギャザーのスクエアワンピースと、
サイドギャザーワンピの生地が少しずつ残ったので、
アウターブラウスを作ることにしました。

DSCF4363

パーツが多い、型紙だったので、
端切れで作ることが出来ました。
配色はどうしようかと迷ったのですが、
オニキス色(黒)のほうが、残り少なかったので、
このような配色になりました。

1001

こんな感じで着たいかな?と思って。

DSCF4442

肩のヨークは、黒の方がよかったかな・・・
どうしようかな?と迷っていたのですが、
袖山とのつながりがいいかな?なんて思ったのですが、
実際出来上がってみると、この場合、黒じゃね?
(*´Д`) またセンスのなさがでてしまいました。

1002

燕尾服のようなカットがいいと思って、
パターンを買ったのですが、
お尻が出るんですね。

1003

これもまた、失敗したかな?のリボンです。
ここも黒だったかな・・・。
途中で、なんかあれ?と思っているのに、
なんか縫い進めてしまうんですよね。

トルソーが着ていると、ちょうどヒップラインの
ところに裾がくるのですが、自分がきると、
お尻が半分出てしまいます。
胴長なのね。やっぱり。

『端切れも捨てられない』

’18年 夏の日光旅行 9月10日(土)スピリチュアル散歩

日光最終日です。
さて、最後はどこに行きましょうか?となりまして、
日光東照宮の宝物館に行くことにしました。

DSCF4232

本日も、しっかり朝から食べました。
10時前にチェックアウトして、
徒歩で中禅寺温泉のバスターミナルに行きました。

荷物は送ってしまったので、身軽に移動です。

DSCF4240

日光駅行きのバスは、路線バスながら、
観光バス仕様だったので、一番前の席を陣取り、
いろは坂を楽しみました。

DSCF4249

表示板の平仮名を声を出しながらカーブを曲がり、
ギャハハと笑い、小学生の時の移動教室は日光でしたが、
それを思い出しました。
いやぁ、あの時のはしゃぎっぷりと変わらない気がします。
やばい、精神年齢12歳か?
いや、最近は5歳児が流行っているらしいが。

DSCF4255

1階は、上島珈琲店のカフェがありました。
2階が展示室ですが、一番のお目当てが、
陽明門をCGで精密に記録したバーチャルリアリティー映像です。
それと同様に、徳川家康の一生をアニメで上映とのことで、
合わせてみることにしました。

陽明門は、あっという間に終わってしまい、
もう少し、隅々まで紹介してくれればよかったのにと思いました。
そして、馬鹿にしていた徳川家康のアニメですが、
なんか、よかったです(笑)
たしか、30分ほどやるのですが、飽きずに見ることが出来ました。

展示室では、徳川家由来の物がたくさんあり、
狭いながらも、見ごたえがありました。

下のカフェにて、お茶をして、
お昼時になったら、行こうと思っていたお店を探しました。
勘違いして、二荒山神社の脇道についてしまい、
雰囲気がよかったのと、ガイドブックに、
日光山内でスピリチュアルさんぽ というページがあったので、
そのまま奥まで行くことにしました。
DSCF4259

あら、いい感じ。

DSCF4263

熊野古道を思い出すじゃないの!!
滝尾の路

DSCF4275

アップダウンを繰り返し、
肌寒いはずが、すっかり汗だくに。

DSCF4281

白糸の滝が見えました。
天狗沢にかかる名瀑。パワースポットから
湧き出る水らしいです。

DSCF4287

小さいながらも、雄々しい滝です。

DSCF4293

DSCF4309

滝尾神社

運試しの鳥居がありました。
小石を3つなげて穴に入った数で運を試したのだとか。
チャレンジタイム。
必死に小石を見つけて、投げてみました。
全く入りませんでした。

鳥居をくぐると、ゴロゴロと小石が(笑)

DSCF4297

森の中の荘厳な神社でした。

DSCF4301

とうとう雨が降り出しました。
そろそろ戻らないと、いけない時間です。
このままUターンすれば、神橋に行く道に続きますが、
このまま同じ道をたどって、二荒山神社に戻ることにしました。

お土産屋さんがたくさんありますからね。

途中、友人が「あぁーーーー!」と驚きの声。
友人の指(爪先)にヒルがウネウネと動いているではないですか!
「ぎゃぁーAAAAあぁー」と私が半狂乱になって、
傘の柄で、取り除こうとしました。
しかし、友達はもともと虫などが平気なひとなので、
「爪なのに、一生懸命血管さがしているよ」と観察ムード。

「いや、いや、いや」と一所懸命、剥ぎ取りました。
友人それでも冷静で、
「すごいね、爪が邪魔してダメだったんだ」と観察モード。

「あたしなら、卒倒してますよ。絶対半狂乱!!」と言って、
自分の足首を見ると、ヒルが、山ヒルが3匹も吸い付いている
ではありませんか。

「ぎゃぁー、取って、取って、取って」と半狂乱。

「下手に取ると、歯が残って酷いことになるんだってよ」

「歯が、残るって、歯が、歯が、いいから取って!!」と
半泣きしながら、友人に懇願。

友人ティッシュを出して、取ってくれました。
取った、ヒルが友人の手に移動して、ウネウネ。
友人、ギャーといいつつ笑っている。

取ったところから、血が流れ出ています。

そういえば、参道脇から出てきた男の人が、
足首のあたりを、タオルで必死に払っていて、
同行していた女性が、ゲラゲラ笑っていたっけ。

これか、これだったんだ。

足首から、小さく流血していて、
友人は最初鎖骨あたりを食われたらしく、
ブラウスに血が付いていた。

ここ数日、雨が降ったりやんだりんで、
湿っていたが、山に入ってい、山ヒルにやられたのは
初めてだった。
いやぁ、もうあんな思いはしたくない・・・。

飛ぶように、下山してきても、
足にまだいるような気がして、何度も見てしまった。

街中で、お土産を選びつつ、お昼を食べるところを探した。

DSCF4314

街中に居た、眠り猫です。

DSCF4316

金谷ホテル カテッジインレストランまで、歩いてしまい、
またここで、食事することにした。
ハンバーグ・シチューパングラタンを頼んだ。

ハンバーグと、シチューグラタンが、パンに入っているんだと
思ったら、全部入っていた(笑)
でも、ハンバーグが思ったより沢山詰まっていて、
お腹いっぱいに。

こちらのシェフが、テキパキ働いておられ、
かっこよかったなぁ。
シニア世代の女性と男性でした。

DSCF4324

お土産を買って、これで日光の旅行もおしまいです。
天気は晴れたり雨が降ったり、
天気が悪かったですが、今年も楽しかった。
来年は、も少し長く旅行ができるといいな。

友人よ、ヒル取ってくれてありがとう。
頼りになります。お世話になります。

『来年はどこに行こう』

JR東日本の大人の休日倶楽部のCMを
追いかけているような旅になっているなぁ、と思います。


'18年 夏の日光旅行 9月9日(日)中禅寺湖周辺②

イギリス大使館別荘を後にして、再度遊覧船に乗って戻りました。
立木観音から船の駅まで、5分乗船の160円でした。

DSCF4174

二年前に田沢湖で乗ったスワンボート
あまりにも面白かったので、
日本全国スワンボートの旅という、新しい任務が出来ました。

スワンボート部が発足しまして、今回は中禅寺湖スワンボートの旅を
決行いたしました。

今回はブラックスワンです。

DSCF4162

パタパタをペダルを漕いでおりましたところ、
隣を、免許なしで乗れるミニモーターボートが
通って行きました。
これは負けられないと、全速力で漕いだところ、
そこそこスピードがでまして、追いつきそうな勢いです。
俄然、ガシガシと漕ぎまくり、どのスワンボートよりも
沖に行くぞ!!とスワンボート沖まっしぐら。
そこへ、遊覧船が通りすぎまして、
波が押し寄せ、あわやスワンボート転覆か?
というくらい揺れてギャァーギャァー騒ぐ始末。

スワンボート。楽しいですよ。

そろそろ日が暮れてきました。
今日は17時30分からの夕食です。
早めに宿に戻って、お風呂です。

少し涼しかったので、温泉が体に染みわたり
いやぁー温かい。気持ちいい。

女性専用の露天風呂「白糸」は、洗い場が2つしかありませんので、
内風呂+露天風呂付の大浴場で用事を済ませ、
白糸では、温まるだけのほうがいいかもしれませんね。

ただ、早時間なら、白糸だけでも貸し切りの
気分が味わえるかもしれません。

雰囲気は白糸の露天風呂がとてもよいです。

またラウンジで、アイスキャンディーを二つ食べて、
「体が冷えた。体が冷えた」と言って部屋に戻りました。

DSCF4191

本日も可愛らしい器の数々。
DSCF4202

小さいもの倶楽部のようです。

DSCF4211

刺身も美味しかったな。

DSCF4218

なんか、肉団子に花が咲いていました。
昔のお母さんの水泳キャップのようです。

DSCF4219


DSCF4227

こう見えて、最後のデザートです。
なんか、おかずのような味がして、
「お味はいかがでしたか?」と聞かれ、スルーしました。
二人とも、感想言わないでにこやかに笑って済ませました。
美味しいですが、これは、おかずの味です(笑)

『次回はどこのスワンボート?』

'18年 夏の日光旅行 9月9日(日)中禅寺湖周辺

本日は、中禅寺湖周辺を巡ろうかと思っています。

DSCF3995

お部屋からは中禅寺湖を眺めることができます。

DSCF4017

お部屋の鍵には、ミニチュアの太鼓が付いています。
鍵が昔っぽくって、可愛い。

DSCF4004

朝ごはんは、和食でした。
これにお鍋が付いていました。朝ごはんは好きな時間に
行くことができましたので、よかったです。

ゆっくり支度をして、中禅寺湖の遊覧船に行きました。
DSCF4022

各停留所のようなところで乗降りできるので、
便利でした。最初に着いたところから、
竜頭の滝に近かかったようで、バスで行くことばかり
考えていましたが、船でもいけるのか!と驚き。

DSCF4048

中禅寺湖にポツンとある小島。
上野島(こうずけしま)というそうです。
本当に小さくて、プカプカと浮いて移動しているように見えます。

DSCF4057

船から見えた、英国大使館別荘記念公園が見えてきました。
立木観音の船着き場で降りて、徒歩で20分くらい歩いて、
最初にイタリア大使館別荘記念公園に行きました。

外壁を補修工事しているようで、外観を見ることが
出来ませんでしたが、中は見学することが出来ました。

DSCF4064

1997年まで、歴代の大使が別荘として使っていたそうです。

DSCF4065

天井などの細工も凝っていて、見ていて飽きません。
DSCF4074

DSCF4079

夜はちょっと怖いかな。
DSCF4088

こちらは、侍従が使っていた別棟の壁です。
籠のような編み方で、味わい深いです。
テレビで、昔のフィルムを流していました。
地元の住民と、外国人大使などが、
お祭りを楽しむ様子でした。
地域に溶け込んだ、外国の方々の様子をみて、
何故か、うれしくなりました。
喫茶もありますが、飲み物しかなかったようなので、
イギリス大使館のほうに歩いていくことにしました。

DSCF4096

イギリス大使館別荘の下にある桟橋。
素敵な風景でした。

DSCF4104

もう、紅葉が始まっていました。

DSCF4108

モダンな感じの開放的な建物です。
中禅寺湖を眺められるように、フルオープンになっています。

DSCF4109

こちらのカフェにて、お茶をすることにしました。

DSCF4116

季節のカボチャのパンケーキです。
溶けた生クリームがかかっていますが、
見た目ほど甘すぎず、重たくもなく、
とても美味しパンケーキでした。

DSCF4121

茶器もとても素敵なブルーです。
ちなみにコーヒーはありません。

あまりにも美味しかったので、単品でスコーンを頼みました。

DSCF4130

クロテッドクリームとキャロットジャムがついていました。
ここは、ブルーベリーでしょう?と思っていましたが、
このキャロットジャムが美味しかったこと。

DSCF4133

快晴ではなかったのですが、通る風は、すっかり秋風。
低く垂れこめた雲、遊覧船が通るのを見ながら、
ゆっくりとお茶を楽しみました。

DSCF4136

可愛らしい雰囲気のカフェですが、
座席数はそんなに多くありません。

DSCF4137

お茶をした後に、室内も散策。

DSCF4147

一階のテラス席に腰を掛け、この風景を堪能しました。

『ひと時でも、家主の気分』
プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ