ひねもすミシン

人生日々ぶつかり稽古 洋裁作品をUPしています。 他に旅行記や闘病記なども。

スクエアヘムMFNSワンピ 作りました

メニードロップスさんのスクエアヘムワンピを作ってみました。

DSCF3401

正面から見ると、なんの変哲もない形の
ノースリーブワンピースですが、

DSCF3405

脇にマチが入っており、脇下にはタックが入っています。

DSCF3408

マチの両サイドを縫い残し、スリットが入るデザインです。
歩くと、この四角切れているところが、
ヒラヒラとするデザインになっています。

DSCF3409

こんな感じで、四方にスリットが入ります。

DSCF3413

身長が155㎝の私では、くるぶし丈になってしまい、
あまりにも長いので、丈は出来上がり線で切り、
1.5㎝で三つ折りにしました。

着た感じでは、裾にずいぶんボリュームが出てしまい
身長の低い私では、アンバランスに見えてしまうのでは?
と心配しましたが、母曰く、身長が高く見えるそうです。

襟ぐりが、かなり狭いので、
脱ぎ着が、ちょっと大変です。
脇のくりは、いい感じなので、このおかげで
なんとか、脱ぎ着ができる感じですね。

私の頭がデカいのか。
脱ぐときに、襟ぐりが、鼻のあたりをかする感じ。

薄手のリネンですが、色的には透けて見えませんが、
日の光により、足のシルエットが出てしまうので、
下に、ペチパンツ代わりに、リネンで作った
ホソテコをはこうかと思っています。

ノースリーブワンピースの下に、
ノースリーブのカットソーを着て、
ノースリーブだけでは歩けませんが、
(世間様のご迷惑になるので)
普通のTシャツやら、カットソーなどを着て、
ノースリーブワンピースを着ると、
似合わなくなってきました。

ブラウスというか、シャツ系の
体にピッタリと沿わない感じを下に着ると
いい感じに見えます。

お年頃ですわね・・・と思います。

紫外線を浴びると、日光湿疹が出来てしまうので、
夏でも、ほぼ七分袖を愛用しておりますが、
久しぶりに、曇り空にフレンチスリーブを着て、
出かけたところ、パウダールームの鏡に映った、
肘のあたりの肉がシワになって垂れ下がっている光景目にしました。

ひ、肘も老化するのね・・・。

『似合うように着るためには』


ポーラ美術館アネックス 野口哲哉 展

友人と旅行の打ち合わせをした後、
銀座にある、ポーラ美術館アネックへ、
野口哲哉さんの展覧会を見に行きました。

00091256

以前、ぶらぶら美術館で、
野口さんの練馬美術館での展示会の回をみて、
期間中に行きたいと思っていたのですが、
日程が合わず行けずじまい。
今度はいつやる?いつやる?と待っていたら、
いつの間にやら、4年もの歳月が流れていたようです。

このポスターを見た時には、飛び上がるほど喜びました。
そして、勝手な想像で、子供だと思っていたら、

1532247765289 (1)

むっちゃ、おっさんでした(笑)
しかも、口紅でハートマークを書いていて、ラブリー。

~中世より愛をこめて~という題が付いている今回の展覧会。

1532329361568 (1)

レンブラント風の肖像画や、フェルメール風の描写の絵があったり、
宗教画風や、イコン風なものまである。
小さい額縁には、汚しがあり、
薄暗い室内で適度な照明を当てられていると、
本当にその時代の物のような気がするので、
見ていて、ふふふっと思わず笑みがこぼれてしまう。

また、ご本人が書いている、解説を読むのも楽しい。

甲冑のつくりは、その当時の技法そのものだと聞いた。
しかし着せられている、人形たちは、うつむき加減で目がうつろだったり、
猫背でうなだれていたり、挙句の果ては、台に座って頭を抱えている
武士もいる。そりゃそうだろ、頭を抱えたくなるときも
あったろうさ。と、思わず共感したくなる、この妙な気持ち。

小さい展示スペースで、入場料は無料。
しかも、カメラOKのようでした。

日曜日の午後に行った割には、空いていましたが、
これから口コミで、どんどん混みだすのでは?と思います。

9月2日まで展示しているそうなので、会期中、
二度、三度と、足を運びたいと思います。

『思わず話しかけたくなる』

300円で買ってきました。

久しぶりに大江戸骨董市に出かけてきました。
骨董ではないのですが、昭和レトロなものを買ってきました。

DSCF3359

300円の茶碗です。
最近300円が続き、生活レベルがわかってしまう。

ちょっと小さめなのですが、地の色と淡い梅の色が
何とも可愛らしくて。
木箱の中で埃まみれになっていましたが、
「あなたはきっと、磨けば美人になれる」なんてな感じで
救い上げ、300円の値札も見逃さず、買ってきました。

DSCF3365

ほら、洗ったら、こんなに可愛い。
母曰く「そんなんで、ご飯の量が足りるの?」
そうなんです、ととさん が亡くなってから、
ととさん のご飯茶碗を使っていたので、
自然とご飯の量が多くなってしまい、
体重が右肩上がりでして。

機会があれば、小さめな茶碗に変えたいなぁーと思っていたのですが。
なかなかいい茶碗に巡り合わなくて。

しばらくは寂しくて、ととさん の茶碗を使っていましたが、
もうそろそろいいかな?

DSCF3357

ちなみに、母は、昭和レトロなタイルを購入していました。
1枚100円だそうで。
お風呂場用だったのかな?お台所用だったのかな?
10枚以上集めて、なにやら楽しそうにしています。

『今日は送り盆。お見送りに行って来ます』

ハンドメイドで、300円で出来ました。

紳士物のお店で売っていた、シャツの端切れの山から、
ワンピースを作ってみました。

DSCF3312

一束300円で買ってきた、生地の山。
mionさんのパターンから、廃盤になってしまった、
スタンドカラーのチュニックを作りました。

DSCF3338

今回は、大幅に丈を伸ばしてワンピース丈にしました。
生地は、黒糸と白糸の細かいストライプ。
よくある、紳士物のシャツ生地です。

DSCF3341

パターンの特徴は、
胸元の切り替えが、緩やかな台形になっており、
後身頃の切り替え線とは、位置が違くなっており、
とてもおしゃれな感じになっています。

DSCF3343

下にサルエルパンツをはくので、
サイドにスリットを入れました。

紫外線が強かったり、長時間外に居ると、
日光湿が出来てしまう体質なので、
夏場でも七分丈を愛用しているのです。

見た目に暑そうですが、いや、正直暑いですが、
クーラーの効いた室内でも、カーディガンを
着なくてもいいので、案外楽です。

また、首回りも、日光湿でやられてしまうので、
あえて、スタンドカラーを選んでみました。

ただ・・・
思ったより、前空きが短く、アームホールも小さいので
脱ぐのが、ちょっと大変なんですよね。
胸はないが、胸板は厚い体系なので。
前空きを短冊風にして長くし、ボタンホールを付けてみようか?
と思っているのですが、パターンをアレンジできるのか?

また、挑戦したいパターンになりました。

ちなみに、ワンピースの下にサルエルパンツをはくと、
スカート部分が股に巻き込まれず快適だと、
最近知りました。最近はもっぱらこのスタイルになりました。

レギンスや、細身のパンツだと、巻き込まれて
ストレスになっていたんですよね。

『300円の洋服出来ました』

新木場 CASICA

新木場にある、雑貨屋さんとカフェなどの複合施設
「CASICA(カシカ)」さんに行って来ました。

1531380070019

新木場といえば、倉庫街のイメージなんですが、
雑貨屋さんとカフェの複合施設が出来たと聞いて、
今日は早く出かけて、昼前に新木場についたので、
お昼を食べるために寄ってみました。

倉庫をリノベーションした店内。
入口からして、趣があり、期待大。
入口すぐにカフェスペースがあり、
ランチは、ご飯とお汁物に、好きなお惣菜を3点選ぶことができる
形式でした。無印のカフェと同じ形式ですね。

1531380114181

生のジンジャーエールをつけてもらって1500円。
店内のテーブルは、ビンテージ家具。

経年劣化の木のぬくもりがあり、
種類がマチマチな、テーブルと椅子たち。

古カフェ系で、どのテーブルも愛嬌がある、
素敵な家具たち。

今度はあのテーブルで食べたいなぁと、
楽しみになるほど。

1531379969189

表のテラス席も、素敵な感じ。
近くのオフィスで働いている方たちが、
大挙して押し寄せ、みんなでワイワイ食べていました。

1531380040030

店内の雑貨屋さんも、
ビンテージ家具が所狭しと並んでおり、
見ていて楽しかったです。

新しいお店を開く人が、店内の内装にかかせない
什器として買うのに適した感じの、お宝の山。

籠も豊富にあり、飴色の古びた感じが
とてもよさげです。

こんな家具に囲まれたお部屋に住めたら、
本当に幸せだろうなと、妄想してしまいます。

天井からは、昭和初期にあった
ガラスの照明器具が多数吊られていて、
眺めているだけで楽しかった。

家具を愛でながら、お茶をするのも素敵だな。

お昼に来ていた、女性陣のファッションも、
ナチュラル系で素敵でした。

『或るところには或る』

プロフィール

しろみ

記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ